kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2021年03月30日

ファルージャ戦の娯楽素材化に反対の意思を示す請願文・署名のご案内 #イラク戦争 #ファルージャ

以下は、署名サイトchange.orgにアップされている下記の請願文の日本語化である。英語では請願文を読めないという方に、内容を把握するためのガイドとしてご参照いただければと思う。
Below is a Japanese translation of the following petition on the website change.org.

STOP HIGHWIRE GAMES AND VICTURA FROM NORMALIZING THE MASS MURDER OF IRAQIS
https://www.change.org/p/united-nations-stop-victura-and-highwire-games-from-normalizing-the-mass-murder-of-iraqis


【前置き Preface】
訳者(わたし)の解説みたいなものは本文の下につけておくが、その前に、ここで問題視されている2004年のファルージャ戦についてご存じない方もおられると思うので、訳者がかかわった過去の仕事へのリンクをはっておく。ファルージャ戦についてよく知らないという方には、それらをご参照いただきたく思う。
I am a co-translator of a book on the first battle in Fallujah in April 2004, made of on-the-ground reports by English-speaking journalists and humanitarian workers.

ファルージャ 2004年4月 - ラフール マハジャン, 賢, 益岡, よしこ, いけだ
ファルージャ 2004年4月 - ラフール マハジャン, 賢, 益岡, よしこ, いけだ

2004年のファルージャ戦は、上掲書で扱った4月と、同年11月から12月の二次にわたって行われたが、後者については当時、英語圏の報道等を見ながらほぼリアルタイムでブログで日本語で書いていた
Six months after the book was published, the US forces launched the second battle in (or they might have used "of" or even "for" instead of "in") the city, during which I along with my co-translator kept translating English news and analysis articles and posted them online.

では、以下本文。請願文のオリジナル(英文)と私の訳文(日本語文)を交互に示す「対訳」の形式をとるので、内容に関する疑問点などは原文をご参照の上、原文の著者さんにお問い合わせいただきたく思う。訳文の不備の指摘は私まで。
Enough of this preface thing. Below is the translation.


【本文 Main text】
※本訳文は、出典URLさえ明記していただければ、コピー&ペーストしてメーリングリストなどで頒布していただいてもかまいません。他ブログ等での転載も、出典URLさえ明記していただければかまいません。翻訳者クレジットを入れていただける場合には「@nofrills」もしくは「いけだよしこ」をお使いいただくようお願いします(前者の方が簡便です)。誤変換や誤訳があった場合、追記事項が出た場合はこのURLで修正していくので、出典URLは必ず記載してください。
My translation below is free for you to use. Make sure you include a link to this webpage as a source URL because correction could be made.

STOP HIGHWIRE GAMES AND VICTURA FROM NORMALIZING THE MASS MURDER OF IRAQIS
Highwire Games社およびVictura社が、イラク人の大量殺害を特段問題のないものにしてしまうことを、阻止せよ
https://www.change.org/p/united-nations-stop-victura-and-highwire-games-from-normalizing-the-mass-murder-of-iraqis

発信者: Hala Alsalman 宛先: Gabe Newell(CEO of Valve)、5人の別の宛先

Victura and Highwire Games just announced the 2021 release a horrific video game called Six Days in Fallujah that promotes the mass murder of Iraqis by American invaders. To add insult to injury, a demo of the game was circulated on the the 18th anniversary of the Iraq War, an illegal invasion and occupation by US forces and their allies. This was an international war crime that included the mass murder of hundreds of thousands of Iraqis and the displacement even more. Bombing, shooting, and humiliating the Iraqi people is being normalized in this sick video game, which will also inevitably condition gamers into thinking RACISM IS OK.

Victura社およびHighwire Games社が、2021年に、『Six Days in Falujah(ファルージャでの6日間)』と題するビデオゲームをリリースするという告知を出しました。このおぞましいゲームは、米国の侵略者たちによるイラク人の大量殺害を喧伝するものです。さらにひどいことに、このゲームのデモは、イラク戦争が始まってから18年となる日に公開されました。イラク戦争は、米軍とその同盟者たちによる違法な侵略・占領でした。国際的戦争犯罪で、そこでは何十万というイラク人の大量殺害が行われ、殺害された人々を上回る数のイラク人が家を追われました。爆撃も銃撃も、イラク人に対し屈辱的行為を加えることも、今回リリースされるこのひどいゲームでは、別に特異なことではないというように描かれており、それは必ずや、ゲームをプレイする人々に「レイシズムには特に問題などない」というメッセージを伝えることになるでしょう。

An excerpt from an article on the demo of the game:

ゲームのデモには、次のような一節があります:

"The video focuses on the squad tactics you’ll use to break into people’s homes and “clear” them of “enemies.” It highlights how layouts will constantly change to capture the feeling of not knowing what you’ll find every time you step into a new room. The gameplay ends with the player busting into a room where a family of four hides in the corner hoping to not get murdered. The video then cuts to real-life documentary footage as a resident of Fallujah explains that their dad refused to leave the city during the assault."

「このゲームが焦点を当てているのは、人の家に押し入り、そこから《敵》を《一掃する》ために使うスクワッド・タクティクス(隊としての戦略)です。次の部屋へと足を踏み入れるたびに何と遭遇するかわからないという感覚を再現するため、レイアウトが常に変化することになります。ゲームの最後では、プレイヤーは部屋に押し入りますが、その隅には4人家族が殺されませんようにと身を隠しています。そこで映像は実際の記録映像に切り替わります。ファルージャの住民が、私の父はあの攻撃の間、街を去ることを拒んでいましたと語っています【*訳注あり】

We, the undersigned, want:

この請願書に署名する私たちは、次のことを求めます:

- The cancellation of the release of Six Days in Fallujah.

- 『Six Days in Fallujah』のリリースを中止すること。

- Video game developers and publishers to start taking responsibility and carefully consider the toxic Iraq-related games that they may be working on.

- ゲーム開発者およびパブリッシャーが、無責任な態度をやめること。イラクに関連する有害なゲームに、仕事として携わっているかもしれませんが、それについて慎重に考えること。

- An end to the commodification and trivialization of Iraqi death in mainstream media because the Iraq War was a crime against humanity, not inspiration for entertainment.

- 主流メディアにおいて、イラク人の死を、普通のこと、重みのないことと扱うのを終わりにすること。イラク戦争は人道に対する罪だったのであり、エンターテイメントの素材ではありません。


PLEASE SIGN AND FORWARD TO EVERYONE YOU KNOW.

どうかご署名をお願いします。そしてお知り合いの方全員にこの請願書のことを知らせてください。

TOGETHER WE CAN STOP THIS MADNESS. War is not normal. Video games that dehumanize brown people for profit ARE NOT OK. American game developers have been creating sick games like this since the first Gulf War in Iraq in the 90s, normalizing the killing of Iraqis for the next round. THIS HAS TO STOP.

力を合わせれば、このとんでもない沙汰は阻止できます。戦争は、常態ではありません。肌の色が茶色い人々(訳注: アラブ人、南アジア人)を非人間化して利益を得るビデオゲームは、問題のないものではありません。米国のゲーム開発者たちは、1990年代の第一次湾岸戦争のころから、この手の発想のおかしなゲームをつくり続けており、それは事態が展開して次のラウンドに入ったときに、イラク人を殺すことを、何も問題のないことにしてしまったのです。もういい加減に、こんなことは終わらせなければなりません。

Read more here:

本件について、さらに詳しくは、下記の各記事をご参照ください。

https://kotaku.com/you-don-t-have-to-run-the-exclusive-reveal-for-the-war-1846543966

https://www.pajiba.com/miscellaneous/six-days-in-fallujah-is-reprehensible.php

https://me.ign.com/en/pc/182972/news/six-days-in-fallujah-exclusive-gameplay-showcases-procedural-architecture

https://me.ign.com/en/pc/182864/feature/six-days-in-fallujah-is-harmful-say-arab-games-community-and-veterans

https://me.ign.com/en/pc/182971/news/a-serious-conversation-with-the-developers-of-six-days-in-fallujah

https://www.vice.com/en/article/4x33ed/the-original-iraq-war-game


訳注:
「父は街を去ることを拒んだ」も何も、あのとき、いわゆる「戦闘年齢」の男性は街から退避することすら許されなかったのではないですか。女性と子供と老人がバグダードなどの親戚を頼って退避していき、一家の父親や、大まかに変声期後の男子たちは、武装勢力と関係なくたって街を去ることを許されなかった。そういう包囲戦を、米軍がやったんじゃないですか。それを、あたかも主体的な判断であるかのように「去ることを拒んだ」と語るのは、おかしなナラティヴです。


本文はここまでです。
EOF, basically.

【署名のやり方 How to take part】
Change.orgは日本語圏でのオンライン署名でもすでに広く使われているし、サイト自体は日本語化されているので説明は不要かと思います。環境によっては読み込みが激遅いのでご注意ください。プライバシー関連のプラグインを入れている私の環境ではタイムアウトしちゃってまともに見られないので、普段使わないブラウザを立ち上げて署名しました。なお、Torブラウザで見ようとするとうまくいかないどころか、リロードしたらDDoS扱いされますたw そういうサイトなので、気を使う人は使うと思います。

【あとがき、というか related tweets】
請願文著者のハラ・アルサルマンさんのツイート:


ジャーナリストの志葉玲さん:


私の連ツイ:



「風化させてはならない」っつって「考えるきっかけになりました」と言われるコンテンツを作るという《大きな物語》は、広く信じられていますよね。それ自体がリアルに生きている人間たちにとって侮辱的なものだということを、なぜ考えないのか。

Victura社のツイートのひとつ:
https://twitter.com/VicturaGG/status/1368924485676527623
(クリックして読んでください。私はこれをここにエンベッドはしない)
これ読んで連想したのは、ネオナチ系音楽レーベルが、自分たちのところで音源をリリースしたバンドのメンバーが、イスラム教徒をぶっ殺すと息巻いて、物を知らなさ過ぎたためにシク教の礼拝施設を襲撃して大勢を殺害し自分も死ぬというめちゃくちゃすぎる事件を起こした後に出したプレスリリース。つまり「言い訳」ですけどね。音楽レーベルの方は素人の文面だったけど、こっちは弁護士ついてそうな感じ。ファルージャ戦のゲーム化は一度ポシャっている企画だから、それでも出そうというパブリッシャーはいろいろ考えて手を講じているだろうし。

それからこれ:

※この記事は

2021年03月30日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 19:00 | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼