kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年01月30日

1972年1月30日、デリー。そして1971年8月、ベルファスト

毎年のことだが1月30日である。

今からちょうど35年前の1月30日、北アイルランドのデリー(ロンドンデリー)では、非武装のデモ隊が英軍(1st Battalion of the Parachute Regiment)の発砲を受け、13人が死亡という事件が発生した(後にさらに1人が、おそらくこのときの負傷が原因で死亡)。Bloody Sunday(血の日曜日)事件である。
http://en.wikipedia.org/wiki/Bloody_Sunday_%281972%29
http://cain.ulst.ac.uk/events/bsunday/bs.htm


――以上、ちょうど1年前に書いたものの丸写しだ。
http://nofrills.seesaa.net/article/32437581.html

bloodysundaycommemoration.png今年で、事件から36年になる。デリーでは今年も、ブラッディー・サンデー週間の行事が行なわれている。今年のテーマは「真実と嘘 Truth and Lies」で、ポスターは、4人の人物の顔をひとつに構成したものだ。サイトに書かれているように、左上の女性はローズマリー・ネルソン(和平合意後の1999年にロイヤリストに爆殺された弁護士)、左下は1972年1月30日にデリーで射殺されたジェラルド・ドナヒー、右下が1971年にバリーマーフィーで「インターンメント(一斉拘留)」のときに英軍に殺されたジョーン・コネリー、そして右上が、2000年にイスラエル警察に殺されたアシル・アスレー。4人ともが「政治的暴力」で殺された。

イベントは、かなり政治色の濃いパネルディスカッションもあり、ケン・ローチの映画 "Hidden Agenda" (日本では有料チャンネルで放映されているだけ。北アイルランドで英国政府機関がどう動いたかについての映画)の上映もあり、世界の紛争地で主に女性たちが想いを込めて作ったキルトの展覧会があり、先日まで警察オンブズマンをつとめていたNuala O'Loanのレクチャーがあり、もちろん30日の午後4時には、事件現場のロスヴィル・ストリートでの黙祷がある。土曜日には重量級のレクチャーやディスカッションが続き、日曜日には1972年1月30日の公民権運動のラリーの再現が行なわれる。記念週間の締めくくりは、Bishop Edward Daly (発砲があったときに負傷者を運び出した神父さん、今は司教), Fr Aidan Troy (ベルファスト、アードイン地区の神父、元プロテスタントのテロリストで政治家だったデイヴィッド・アーヴァインの葬儀にも参列している)と、Fr Gerry Reynolds(この人についてはこことか参照)によるパネルディスカッションだ。

土曜日(2月2日)のプログラムから、後日何か報道などあればチェックしたいもの:
10.30am - 3.00pm. Workshop, A Truth Commission for Ireland?

The Pat Finucane Centre, Relatives For Justice, Justice for The Forgotten, Ardoyne Commemoration Project, An Fhirinne and Firinne, who represent victims' families across Ireland have come together to call for an independent truth commission that deals with the human rights abuses associated with the conflict in each jurisdiction. At the conference on 2 February, an outline model for a truth commission that the groups have developed will be discussed. There will be an open debate where families will get the opportunity to express their ideas, ask questions and raise concerns about a truth commission. All the views expressed will help us to further design and develop our own families driven model for seeking the truth.

Venue: Performance Area, Pilots Row, Rossville Street

The Pat Finucane Centre 
http://serve.com/pfc
=1989年に自宅で食事中、乱入してきたガンマンによって子供たちの目の前で射殺された弁護士、パット・フィヌケンの名を冠し、紛争の真相究明を推進している団体。

Relatives For Justice 
http://www.relativesforjustice.com/
=いまだに実行犯が判明していないような政治的暴力事件について活動をしている団体。

Justice for The Forgotten 
http://www.dublinmonaghanbombings.org/
=1974年、アイルランド共和国で起きたロイヤリストの爆弾テロ事件(ダブリン・モナハン事件)の真相究明のために活動をしている団体。

Ardoyne Commemoration Project 
http://cain.ulst.ac.uk/issues/victims/ardoyne/ardoyne02a.htm
=ベルファストのアードイン地区の「紛争」の実相を記録するなどしてきた団体。リンク先の本は、「物語」として整形しない「記録」の力を見せ付ける。

An Fhirinne and Firinne
=サイト等不明。

これらの各団体は、政府のイニシアティヴで(だったと記憶している)活動をスタートさせた The Consultative Group on the Past に対し、「北アイルランドでは南アフリカのような『対決型』をとるべきではない」と助言した、という記事がしばらく前に出ていた。

ああ、これだ。
Victims warn against 'confrontational' Troubles truth commission
14/01/2008 - 14:34:07
http://www.breakingnews.ie/ireland/mheyeymhidmh/

で、ブラディ・サンデーのコメモレーションという機会に参集する「紛争の被害者たち」が、ナショナリスト/カトリック側だけである、という点は、「紛争は終わりました、めでたしめでたし」ではないということを、何よりも雄弁に示していると思う。

それから、土曜日のプログラムでもうひとつ:
3.30pm - 5.00pm Public Testimony Event,
Ballymurphy August 1971 - How Bloody Sunday January 1972 could have been avoided

On 9th August 1971 internment without trial was introduced. Over the following three days 11 innocent civilians, including a Catholic priest and a mother of 8, were murdered by the Parachute Regiment in the Ballymurphy area of West Belfast.

In a pattern to be faithfully repeated the following January in Derry, those killed were immediately branded gun men and gun women by the British army - a story published faithfully by the media of the day.

Unlike in Derry there were no cameras in Ballymurphy over the 9th, 10th and 11th of August, the world's media was focussed on the arrests and political reactions. These killings went without significant note or outrage.

The families of those killed were censored and ignored, they were vilified by the authorities of the time, with no investigation or recourse through the courts. 46 children were left without a parent with only lies and silence talking the place of truth and accountability.

At this event these terrible days will be recounted by eyewitnesses, and those murdered will be remembered truthfully and accurately by their families. The event will also clearly demonstrate the links between the actions and personnel of the Parachute Regiment in August in Ballymurphy and in Derry on Bloody Sunday the following January.

The families will make the case that had the killings of their loved ones been properly addressed in 1971, 14 innocent lives could have been spared the following January.

This event is organised by Relatives for Justice in co-operation with the Pat Finucane Centre.

Venue: Main Hall, Pilots Row, Rossville Street

1971年8月9日に「インターンメント」が開始され、数千人(おそらくは7000人くらい)のカトリックが身柄を拘束されたときに、9日から11日までの3日間で11人が射殺された。今年のコメモレーション・ウィークのポスターに顔写真のあるジョーン・コネリーはそのひとりで、IRAとはまったく無関係の50歳の女性で、8人の子の母親だったという。
http://cain.ulst.ac.uk/sutton/chron/1971.html

というか、この年の8月は本当にひどい。サットンの犠牲者一覧のページ(上記URL)から:
09 August 1971:
Sarah Worthington (50) Protestant
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot in her home, Velsheda Park, Ardoyne, Belfast.
プロテスタントの50歳の女性(武装組織とは無関係)が、アードイン地区の自宅で、英軍に射殺された。

Leo McGuigan (16) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot while walking along Estoril Park, Ardoyne, Belfast.
カトリックの16歳の男性(武装組織とは無関係)が、アードイン地区を歩いていて、英軍に射殺された。

Patrick McAdorey (24) Catholic
Status: Irish Republican Army (IRA), Killed by: British Army (BA)
Shot during gun battle, Alliance Avenue, Ardoyne, Belfast.
カトリックの24歳の男性(武装組織IRAメンバー)が、アードイン地区での銃撃戦で、英軍に射殺された。

John Beattie (17) Protestant
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot, from British Army (BA) observation post in Clonard Monastery, while driving van along Ashmore Street, Shankill, Belfast.
プロテスタントの17歳の男性(武装組織とは無関係)が、シャンキル地区を車で移動中に、英軍の監視ポストから撃たれて殺された。

Francis Quinn (20) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot during gun battle, Springfield Park, Ballymurphy, Belfast, by BA snipers from the nearby New Barnsley British Army (BA) base, while going to the aid of a wounded man.
カトリックの20歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのバリーマーフィー地区で、けが人を助けに行こうとしたときに、近接する英軍基地から狙撃手によって撃たれ、殺された。

Hugh Mullan (38) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Catholic Priest. Shot during gun battle, Springfield Park, Ballymurphy, Belfast, by BA snipers from the nearby New Barnsley British Army (BA) base, while going to the aid of a wounded man.
38歳のカトリックの司祭(もちろん、武装組織とは無関係)が、ベルファストのバリーマーフィー地区で、けが人を助けに行こうとしたときに、近接する英軍基地から狙撃手によって撃たれ、殺された。(※紛争で殺された司祭さんはこの方が最初。しかも重傷を負って死にそうな人に最後のお祈りの儀式をするために近づいて、射殺された。)

Francis McGuinness (17) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot during street disturbances, Finaghy Road North, Belfast.
カトリックの17歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのFinaghy Road Northで、騒乱になった際に英軍によって射殺された。

Desmond Healey (14) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot during street disturbances, Lenadoon Avenue, Belfast.
カトリックの14歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのLenadoon Avenueで、騒乱になった際に英軍によって射殺された。

Joan Connolly (50) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot as she stood opposite New Barnsley British Army (BA) base, Springfield Road, Belfast.
カトリックの50歳の女性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのSpringfield Roadで、英軍基地の向かい側に立っていて射殺された。

Daniel Teggart (44) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot as he stood opposite New Barnsley British Army (BA) base, Springfield Road, Belfast.
カトリックの44歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのSpringfield Roadで、英軍基地の向かい側に立っていて射殺された。

Noel Phillips (20) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot as he stood opposite New Barnsley British Army (BA) base, Springfield Road, Belfast.
カトリックの20歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのSpringfield Roadで、英軍基地の向かい側に立っていて射殺された。

Joseph Murphy (41) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot as he stood opposite New Barnsley British Army (BA) base, Springfield Road, Belfast. He died on 22 August 1971.
カトリックの41歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのSpringfield Roadで、英軍基地の向かい側に立っていて撃たれた。22日に死亡。

Winston Donnell (22) Protestant
Status: Ulster Defence Regiment (UDR), Killed by: Irish Republican Army (IRA)
Shot while at British Army (BA) Vehicle Check Point (VCP), near Clady, County Tyrone.
22歳の英軍兵士(UDRだから北アイルランド人)が、ティローンの軍の検問所で、IRAによって射殺された。

10 August 1971:
Norman Watson (53) Protestant
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot while driving along Irish Street, Armagh.
プロテスタントの53歳の男性(武装組織とは無関係)が、アーマーのIrish Streetを車で走行中に、英軍によって射殺された。

Paul Challoner (23) nfNI
Status: British Army (BA), Killed by: Irish Republican Army (IRA)
Shot while on British Army (BA) foot patrol, Bligh's Lane, Creggan, Derry.
23歳の英軍兵士が、デリーのクレガンでパトロール中に、IRAによって射殺された。

Edward Doherty (28) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot while walking along Whiterock Road, Ballymurphy, Belfast.
カトリックの28歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのバリーマーフィーを歩いていて、英軍によって射殺された。

11 August 1971:
John Laverty (20) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot while walking along path by St Aidan's Primary School, Ballymurphy, Belfast.
カトリックの20歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのバリーマーフィーを歩いていて、英軍によって射殺された。

William Stronge (46) Protestant
Status: Civilian (Civ), Killed by: not known (nk)
Shot while moving furniture from sister's home, Ballyclare Street, Belfast.
プロテスタントの46歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのバリークレア・ストリートで妹の家から家具を運び出しているときに、何者かによって射殺された。

Seamus Simpson (21) Catholic
Status: Irish Republican Army (IRA), Killed by: British Army (BA)
Shot while throwing bomb at British Army (BA) foot patrol, Rossnareen Avenue, Andersonstown, Belfast.
カトリックの21歳の男性(武装組織IRAのメンバー)が、ベルファストのアンダーソンタウンで、パトロール中の英軍に爆弾を投げ、英軍によって射殺された。

William McKavanagh (21) Catholic
Status: Civilian (Civ), Killed by: British Army (BA)
Shot while attempting to rob burnt out shop, McAuley Street, Markets, Belfast.
カトリックの21歳の男性(武装組織とは無関係)が、ベルファストのマーケッツ地区で、火災にあった店から品物を盗もうとして、英軍によって射殺された。


これが、CAINデータベースの「年月別出来事一覧」のページだと、こんな具合に圧縮される。
http://cain.ulst.ac.uk/othelem/chron/ch71.htm#Aug
Monday 9 August 1971
Internment
In a series of raids across Northern Ireland, 342 people were arrested and taken to makeshift camps as Internment was re-introduced in Northern Ireland. There was an immediate upsurge of violence and 17 people were killed during the next 48 hours. Of these 10 were Catholic civilians who were shot dead by the British Army (BA). Hugh Mullan (38) was the first Catholic priest to be killed in the conflict when he was shot dead by the British Army as he was giving the last rites to a wounded man. Winston Donnell (22) became the first Ulster Defence Regiment (UDR) solider to die in 'the Troubles' when he was shot by the Irish Republican Army (IRA) near Clady, County Tyrone.


資料の引用がずいぶん長くなったが、話を元に戻し、今年のブラッディ・サンデー週間のプログラムで光が当てられるのは、1971年8月9日から11日にかけてのこのひどい状況だ。

一般の住宅街で外出禁止令を出し、武装して乗り込んでいった英軍は、11人の一般市民を撃ち殺しておきながら、「武装した男女」に攻撃されたので反撃したのだ、と説明した。これは、1972年1月30日のデリーでもそっくりそのまま繰り返された。(デリーでのことは、後に「英軍の言い分は事実に反する」と判明している。)

デリーとは異なり、バリーマーフィーには取材陣も来ておらず、メディアはインターンメントで人々(というか、当時なら「テロリスト」だろうな、扱いとしては)が身柄を拘束されたことと、政界の反応を集中的に取り上げただけで、11人が殺されたことはほとんど素通りされた。殺された人たちのことばは検閲されるか無視されるかで、調査や法的な手段はまったく取られることはなかった。これによって親を亡くした子供は46人にのぼった。(46人といえば、私が義務教育を受けていたころの1クラスの人数とだいたい同じである。)

もしもバリーマーフィーでの11人殺害がまともに調査されていたら、ブラッディ・サンデーはなかったのではないか――今年のプログラムではそういった点から検討がなされるようだ。また、バリーマーフィーでの英軍の行動とデリーでのそれとの類似点についても。

このプログラムのオーガナイザーはRelatives for Justiceで、Pat Finucane Centreも協力する。

それから、ポスターにはパレスチナでの犠牲者の写真もあるのだが、パレスチナについては、土曜日に下記の朗読劇が予定されている。
7.30 - 9.30pm Drama, Sole Purpose Productions presents
Clouds on a Mountain Road by Orna Akad

A rehearsed reading in English, directed by Dave Duggan and performed by Patricia Byrne and Carmel McCafferty.

Two Palestinian women, a famous poet and a younger militant, meet to face the challenge of the Israeli Occupation. Is it to be bombs or poems? The play was first performed in The Al-Midan theatre in Haifa, also at The Acco Festival of Alternative Theatre and the Morocco Festival of Arabic Theatre.


なお、Bloody Sundayについてのウィキペディア英語版の記事は昨年よりかなり情報量が増えている。
http://en.wikipedia.org/wiki/Bloody_Sunday_%281972%29

更新履歴のページを見ると、北アイルランド紛争関連の記事では珍しいことではないのだがひどいヴァンダリズム(記事の破壊行為)や、用語をめぐる編集合戦のような状態が発生しつつも、着実に充実してきている。2007年1月30日の版と、2008年1月30日の版を見比べてみると、どこがどう変わっているのかが一目瞭然だ。

今後も改版は重ねられていき、記述は変わるだろうが、現時点で印象に残る変更点(太字は引用者による):
At a certain point, reports of an IRA sniper operating in the area were given to the Army command centre.
→ At a certain point, reports of an IRA sniper operating in the area were allegedly given to the Army command centre.

The aggression against the British troops escalated, and eventually the order was given to mobilise the troops in an arrest operation, chasing the tail of the main group of marchers to the edge of the field by Free Derry Corner.
Continuing violence by and against British troops escalated, and eventually the order was given to mobilise the troops in an arrest operation, chasing the tail of the main group of marchers to the edge of the field by Free Derry Corner.


※この記事は

2008年01月30日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼