kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年12月12日

2007年、Foot in Mouth Awardは……

お待たせしました! 毎年恒例、「わけわからん大賞」こと、Plain Engish CampaignのFoot in Mouth Awardの発表です。

冴えない栄えある今年の受賞者は……ドラムロール……スティーブ・マクラーレン前イングランド代表監督です。おめでとうございますー!

The former England manager scoops the "Foot in Mouth" award today from the Plain English Campaign for his musings on Wayne Rooney.

"He is inexperienced, but he's experienced in terms of what he's been through," he said, to the bafflement of those who judged the awards.

http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/12/11/nspeak111.xml

あははは、Classic!!  ウェイン・ルーニーについて、「彼は経験が足りていない。しかし、彼が経験してきたことという点では彼には経験がある」。何を言っているのかよくわかりませんので、誤訳しているかしていないかもわかりません!

Plain English Campaign (PEC) のリリースによると、ブッシュ大統領やジェレミー・カイルをおさえての受賞だそうです。おめでとうございます! マクラーレン前監督におかれましては、今年はアウェイでのクロアチア戦での「ネヴィル兄からの不用意なバックパス→イレギュラーバウンド→ロビンソン orz →ゴーーール」をはじめとする数々の悲劇(その最大のものがEuro予選敗退)もおありになったことで、当ブログから個人的に「いかんともしがたいで賞」を差し上げたいと思います。おめでと(以下略)

なお、惜しくも第二位となったジョージ・ウォーカー・ブッシュ大統領には、角に頭をぶつけるためのお豆腐でも差し上げたいと思います。
George W. Bush came second for "All I can tell you is that when the governor calls, I answer his phone."
http://uk.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idUKL117878120071211


続いて、今年のPECの「読んでも意味がわかりません」賞は:
Golden Bull awards (given for the year's 'best' examples of gobbledygook)
- Virgin Trains for a letter about problems booking online
- UKTV for a press release
- BAA for a sign at Gatwick Airport
- Fastway Couriers for terms and conditions
- Nestle for a 'Project News Report'
- Translink (NI Railways) for a sign at Coleraine railway station
- Warwickshire Children, Young People and Families Division for meeting minutes
http://www.plainenglish.co.uk/bull07.htm

どれもこれも、何を言っているのか、あるいはなぜこういう英文になっているのか、よくわかりません。

短いものから順にご紹介いたしましょう。

BAA for a sign at Gatwick Airport

'Passenger shoe repatriation area only'

ガトウィック空港の表示だそうです。「乗客の靴の送還」と言われても、何をするエリアなのかよくわかりません。モンティ・パイソンじみています。

Nestle for a 'Project News Report'

'"Green Sauces" are an important product group for Buitoni Pesto Basilico. Their quality and flavour profile are enhanced by the basil used in production. However, Buitoni faced sensory profile reproducibility problems due to heterogeneous raw material, challenging the production of uniform quality.'

文を読めば、ブイトーニのバジル・ペースト、「グリーン・ソース」の話だということは完璧にわかります。バジルが決め手の製品だということもわかります。しかし、「素材にばらつきがあるため、製品の質を一定に保つのは一苦労です」ということを言うのに、なぜこうなるのかはわかりません。(ちょっと真面目な話、可能性としては別の言語からの翻訳かもしれない。)

UKTV for a press release

'With a brief to establish Dave as the home of witty banter and as a refuge from the everyday, the award-winning Red Bee's innovative and original creative juxtaposes traditional weekend retreat imagery with contemporary talent from the channel's key content in a humorous and irreverent way to represent the channel's key brand values.'

そういえばDaveというチャンネル(若い男性のハートをわしづかみにするコメディ専門チャンネル)が立ち上がったという話はこのブログでもちょっと書いたと記憶しているのですが(えっと、そうそう、これだ、これだ)、プレスリリースは、一文が長くって、読むのがたるくって、全然おもしろそうでもwittyそうでもないっつーの。Zzzzzz...

Translink (NI Railways) for a sign at Coleraine railway station

'Every Autumn a combination of leaves on the line, atmospheric conditions and prevailing damp conditions lead to a low adhesion between the rail head and the wheel which causes services to be delayed or even cancelled. NI Railways are committed to minimising service delays, where we can, by implementing a comprehensive low adhesion action programme.'

無駄に長い。無駄にconditionsが多い。無駄に科学的。要するに「秋になると霜が下りて落葉が線路に付着してしまうので電車のダイヤが乱れます。ご迷惑をおかけします。鋭意対処しております」という話なのだが、学者が一般人にわかりやすく説明しているというコンテクストならまだしも、駅の案内板でこれはない。さらに最後、"a comprehensive low adhesion action programme" (包括的低温付着行動計画)は、いくら北アイルランドでもそりゃねーだろってな「行動計画」で、最高です。(行動計画なら、線路にひっつく落ち葉より、UDAの武器などのほうが緊急度が高いよね。)

Fastway Couriers for terms and conditions

'The Carrier shall not be liable for injury or damage to or destruction or loss of the Goods or any other property arising out of or incidental to or in connection with or occurring during the provision of the Services or for the mis-delivery or nondelivery of the Goods and whether or not caused or contributed to by the default (including negligence) of the Carrier or any agent, servant or officer of the Carrier or any other person entitled to the benefit of these conditions.'

これはひどい(笑)。"or" が14個。しかもterms and conditionsでこれかよ。さらにいえば内容もかなりひどいような気が。これをちゃんと読んで、この会社に荷物を預けたいと思える人がいるのかどうか。。。


Virgin Trains for a letter about problems booking online

'Moving forwards, we as Virgin Trains are looking to take ownership of the flow in question to apply our pricing structure, thus resulting in this journey search appearing in the new category-matrix format. The pricing of this particular flow is an issue going back to 1996 and it is not something that we can change until 2008 at the earliest. I hope this makes the situation clear.'

まず、これが「オンラインでの切符の予約に問題が生じているときの鉄道会社からのレター」であるというのが前提。その前提で読み始めれば、最初の2語で「ぶっ*す」と思う人が90パーセントを超えると思う(主観)。それでも我慢して読み進めれば、不正資金疑惑でつっこまれたときの政治家とか、イラク戦争をめぐる法解釈でつっこまれた外務大臣(ジャック・ストロー)とかを思わせる、「いや、だから何の話をしているんですか」というイライラ度120パーセントの答弁。最後の "I hope this makes the situation clear" (以上、ご質問のお答えになりましたでしょうか)でイライラ度200パーセント超。いくらVirginとはいえ、あまりにNew Labour時代のイギリスらしい文例である。「第三の道(笑)」って感じ。

Warwickshire Children, Young People and Families Division for meeting minutes

'Geoff flagged up that changes will be made to the ways in which the partnerships are assessed this year. The APA will assess all partnership arrangements affecting children, young people and families. In the past the APA was not as important as the JAR but this will be reversed. The JAR is no longer being scored: the scores for the CPA will be the APA score so the score we are given as a result of the APA this year will count to the JAR next year so we need to ensure the best possible APA.

This year’s APA will focus on a review of our CYPP. All current forms of assessment will disappear in 2009 when the CAA (Comprehensive Area Assessment) will be introduced.'

アルファベット・スープ(笑)。読む気になりません。これがミーティングの議事録? その場にいた人たちはこれで話を理解できていたのか。それはそれですごいことだと思います。

と、UDAだのUVFだのUFFだのIRAだのRUCだの……を難なく読めるようになるまでにけっこう時間をかけた私は素直に感心。

で、PECの他の賞ですが、"Best national newspaper" が the Sun ってさぁ……あれはPlain Englishとは言わんのではないだろうか。百歩譲ってあれをPlain Engishであるとして……
Bold, brash and colourful, The Sun is renowned for telling it like it is. The paper's way with a headline is legendary, and our judges felt it was time to honour its hard-hitting, frank and plain-speaking journalism. It can be difficult to deliver political news without resorting to jargon but the Sun's writers are skilled atfiling copy which informs rather than condescends.

http://www.plainenglish.co.uk/mediaawards.htm

Define "journalism" before talking about PE!!! 何の検証もしない、ただの作文の言いっ放しをjournalismとは言わない。
→参照:2007年05月02日、実証:The Sunやらデイリー・メイルやらを信用してはいけない理由。(笑)

PECの他の賞:
Inside Write Awards お役所の文書でわかりやすいもの:
http://www.plainenglish.co.uk/insidewrite.htm

Plain English Awards プレイン・イングリッシュ大賞:
http://www.plainenglish.co.uk/peaward.htm

※この記事は

2007年12月12日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 09:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>> アウェイでのクロアチア戦での「ネヴィル兄からの不用意なバックパス

イングランドにしては珍しく 3DFで臨んだ試合でしたね。結果は大失敗。Mike Bassettの映画を見てるような気がしました。
Posted by Kay at 2007年12月13日 03:52

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼