「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年11月30日

ウィリアム・ブレイク、生誕250年

11月28日は、ウィリアム・ブレイクの生誕250年の日だった。今年は没後180年でもある。
William Blake (November 28, 1757 - August 12, 1827)
http://en.wikipedia.org/wiki/William_blake

250年とか180年と言われてブレイクの絵を改めて見ると、胸の奥底がぞわぞわする。
http://www.wga.hu/frames-e.html?/html/b/blake/
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Sconfitta_%28William_Blake%29.jpg
http://www.reproarte.com/picture/William_Blake/Urizen/735.html
http://www.blakearchive.org/blake/indexworks.htm

私が印刷物ではなく現物でブレイクの絵画を見たのは、ロンドンのテイトの半地下でだった。広く知られているとおり、テイトにはブレイク・ギャラリーがあったのだが、たまたまギャラリーが改装中であったため、一時的に、物置みたいな小部屋の壁にぎっしりとブレイクの画が展示されていた。私はそこがブレイクの展示室になっているとは知らずに入り、しばらく釘付けになった。

そのテイトは、来年6月1日まで、生誕250年記念のブレイク展をしている。常設展示扱い(入場無料)。一般には初公開となる個人蔵の作品が出ているとのこと。
http://www.tate.org.uk/britain/exhibitions/blake/default.shtm
This display includes Blake works from the excellent permanent collection but a highlight is the private loans of recently discovered works which have never before been exhibited.


また、英メディアでは「ウィリアム・ブレイク生誕250年」の記事をそれぞれ出している。地味で静かなものであるが。

BBC:
An everyman's mystic
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/7114628.stm
# たんなる「読み物」。(Magazineだし。)

ガーディアン:
Blakean visions in south London
In honour of British poetry's greatest visionary, I have been looking for angels in green and pleasant Peckham Rye
http://blogs.guardian.co.uk/books/2007/11/blakean_visions_in_south_londo.html
# ニヤリニヤリ。

テレグラフ:
View from the lab: Science's debt to William Blake
Prof Steve Jones on the debt software pirates and biochemists owe to William Blake's genius
http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml?earth/2007/11/27/scilab127.xml

タイムズ:
Blake power
It's time to make a fuss of the great William Blake, says Richard Morrison
http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/whats_on/article2908811.ece

そして再びガーディアン。

The original political vision: sex, art and transformation
Terry Eagleton ←きたーー。
Wednesday November 28, 2007
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/story/0,,2218250,00.html
http://books.guardian.co.uk/poetry/features/0,,2218251,00.html
※URL2つ挙げましたが、どちらでも中身は同じです。

テリー・イーグルトンで、テーマがブレイク、ということを知って読むと、1行目だけでお茶7杯はいける。(笑)
One reason Gordon Brown gave for not holding an election was to have time to roll out his vision.

いきなり「ゴードン・ブラウン」や「選挙」って何よと思って文の最後まで読み進めて、最後の1語でひゃひゃひゃ、となるわけだ。あとはひたすら、イーグルトン先生に楽しい思索の旅に連れ出してもらえばよい。

BBCの「ウィリアム・ブレイクといえばJerusalemの詩を書いた人ですよ」的な薄っぺらい人物紹介記事(まあ、Magazineだからこんなものでしょうが)では、ウィリアム・ブレイクの「政治性」についてものすごく軽く見ているけれども、イーグルトン先生はそこを掘り下げる。

Blake's politics were not just a matter of wishful thinking, as so many radical schemes are today. Across the Atlantic one great anti-colonial revolution had held out the promise of liberty, and to the poet's delight another had broken out in the streets of Paris. Together they promised to bring an end to the rule of state and church - "the Beast and the Whore", as Blake knew them. Most of our own writers, however, seem to know little of politics beyond the value of individual liberties.

In this, they are faithful to the libertarian lineage of John Milton; but Milton knew rather more about politics than freedom of expression. In his greatest poem, he mourned the paradise that radical Puritans had hoped to witness on earth. As mythologer-in-chief of the English 17th-century revolution, he urged the cutting off of the king's head, and was lucky to escape with his own. It is hard to imagine Craig Raine or Ian McEwan posing a threat to the state.

In his own mighty epic - Milton - Blake turned back to his great Protestant forebear from a Britain now scarred by industrial capitalism. He raided Milton's work to foster his own visions of liberation, passing on the revolutionary torch to WB Yeats. This self-appointed mythmaker to the Irish war of independence was inspired by Blake's notion of the poet as prophet and public activist.

唐突にすごく素朴な感想なのだが、何で3パラグラフの間にこれだけたくさんのことが書けるのだろう。ジョン・ミルトン、ウィリアム・ブレイク、ウィリアム・バトラー・イエイツ。(そして私はこの3人の誰についても、体系的知識はない。そのことがあまりに残念だ。)

以下、あえて「ウィリアム・ブレイク」から離れるようにして抜粋してみる。(そうでもしないと、話があっちに行きこっちに行きで頭の中が大変。(^^;) )
Politics today is largely a question of management and administration. ... Political states keep power by convincing us of our limitations.

They do so, too, by persuading us to be "moderate"; ...

省略した部分には、大まかに、ブレイクには「限界 limitation」が不在であったことが説明されて/語られていて、「今の政治」についての記述が重ねられ、さらにはフロイトまで出てくる。読んでいる私は実際にはお茶を飲んでいるだけなのだが、脳内では何層にも重ねられたミルフィーユを食ってる。

そしてこの文章は、テリー・イーグルトンによる、ゴードン・ブラウンに対するものすごい複雑で重厚な当てこすりだったりする。

クライマックスは:
The energy captured in Blake's watercolours and engravings is his riposte to mechanistic thought. In a land of dark Satanic mills, the exuberant uselessness of art was a scandal to hard-headed pragmatists. Art set its face against abstraction and calculation: "To generalise is to be an Idiot," Blake writes. And again: "The whole business of Man is the arts, and all things in common." The middle-class Anglicans who sing his great hymn Jerusalem are unwittingly celebrating a communist future.

せんせー、大技すぎてついていけません。(笑)

しかしこれはつまり、Jerusalemの詩を、「プロムスの最後の愛国心炸裂のお歌」とか、「イングランド・サポさんが歌っているお歌」とかいったのとは離れた読み方をしましょうということだ。現状、悲しいことに、私には字義通りにしか読めないのだが。

http://www.online-literature.com/blake/
Jerusalem

And did those feet in ancient time
Walk upon England's mountains green?
And was the holy Lamb of God
On England's pleasant pastures seen?

And did the Countenance Divine
Shine forth upon our clouded hills?
And was Jerusalem builded here
Among these dark satanic mills?

Bring me my bow of burning gold!
Bring me my arrows of desire!
Bring me my spear! O clouds, unfold!
Bring me my chariot of fire!

I will not cease from mental fight,
Nor shall my sword sleep in my hand,
Till we have built Jerusalem
In England's green and pleasant land.




ウィリアム・ブレイクは18世紀のロンドンに生まれたが、彼の家族はイングランド国教会ではなく、非主流派のプロテスタントだった(en.wikipediaによると、ヤン・フスのMoravian Churchだったと考えられているそうだ)。彼は組織化され(すぎ)た既存の教会を激しく攻撃することばを多く残しているが、一方で信仰は本当に深い人で、いわば「純粋な」信仰を求め続けたと言える。しかしながら、彼は「ピューリタニズム (Puritanism: 純粋主義、とでもいうか)」とは相容れない考え方をしていた。つまり、情熱や欲望を抑制すべきとするのは、真の信仰とは反対のものである、と考えていた。(ちょっと親鸞みたいだと思うのだが。)

Jerusalemにあるthese dark satanic millsは、そういった教会のことを指していると考えられる。

そしてイーグルトンはこの文章で、dark Satanic millsというブレイクの詩の一節を、In a land of dark Satanic mills, the exuberant uselessness of art was a scandal to hard-headed pragmatists. という文で使っている。



テリー・イーグルトンは、ウィリアム・ブレイクの1世代前に属するアイルランド人の政治家、エドマンド・バークについても書いている。
http://www.redpepper.org.uk/article388.html

バークの時代はアイルランドは「英国の一部」だったし、彼は英国の下院議員だったから「英国の政治家」として扱われるが、バックグラウンドとしてはバークは「アイルランド人」だ。そして、彼は英国による支配の暴力的な面を知っていて、また、その暴力性に「抵抗」するアイルランド人たちの暴力性も知っていて、暴力は破壊しかもたらさないということを知っていて、それゆえにフランス革命のような「急進主義」を忌避した。



ブレイクについての過去記事:
ウィリアム・ブレイクのメモ帳がオンラインで公開@2007年01月12日
http://nofrills.seesaa.net/article/31285568.html

あと、
http://www.blakearchive.org/blake/indexworks.htm
は要Javaで重いのだけれども、ブレイクの本が画像で閲覧できる。これを自分で書いて、自分で描いて、自分で刷って、自分で売り歩いていたのだから、ウィリアム・ブレイクという人はすごい。

もうひとつ、ブレイクについての記事:
William Blake: a visionary for our time
Christopher Rowland
http://www.opendemocracy.net/article/arts_culture/literature/william_blake_visionary

クリストファー・ローランドはオクスフォード大学の教授。とても読みやすい、「はじめてのブレイク」という感じの文章だ。

William Blake was a visionary (but not a dreamer), aware of the realities and complexities of experience, particularly the poverty and oppression of the urban world where he spent most of his life. He had an amazing insight into contemporary economics, politics and culture, and was able to discern the effects of the authoritarianism of church and state as well as what he considered the arid philosophy of a rationalist view of the world which left little scope for the imagination. His critique was carried out by means of the language of the Bible, his own specially created mythology and the extraordinary juxtaposition of text and image in his illuminated books, by means of which he intended (as he put it) to "rouze the Faculties to act".

He abhorred the way in which Christians looked up to a God enthroned in heaven, a view which offered a model for a hierarchical human politics, which subordinated the majority to a (supposedly) superior elite. He also criticised the dominant philosophy of his day which believed that a narrow view of sense experience could help us to understand everything that there was to be known, including God. Blake's own visionary experiences showed him that rationalism ignored important dimensions of human life which would enable people to hope, to look for change, and to rely on more than that which their senses told them.

William Blake died in 1827, before the reform of parliament that began with the first great act of 1832, and he was never involved in politics or the direct protest or campaigning of his day. Yet what he wrote, and the ways in which he produced it, are testimony to an impressive intellectual achievement whose effects match anything produced by more openly political writers. His work has enabled ordinary people to recognise the mental and as well as the economic chains which bind them. He sought to affirm the importance of every member of society in the struggle for community and human betterment.


イエイツとブレイクについては:
http://www.yeatsvision.com/Blake.html
http://www.csun.edu/~hbund552/yeats1.htm
タグ:art William Blake

※この記事は

2007年11月30日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼