kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年09月29日

ビルマ情勢を伝えるニュースのURLをいろいろ

以下、ビルマ(ミャンマー)の件、主に、現在日本での報道をすぐには見ることのできない方向けに、ざっと。あと、英語メディアでの記事やニュース映像(BBC、アルジャジーラ)も。

その前に、長井さんが撃ち殺された日の犠牲者と思われる若い男性のご遺体の写真が、Ko htike blogにアップされています。合掌。

写真を見るに、首か後頭部を撃たれているのだと思います。日本のマンガのような絵のプリントされたTシャツを着て、ボトムは現地の男性の巻きスカートのような衣類(<名称を知らない)です。この若い男性が長井さんと同じく27日の犠牲者のひとりであるとしたら、「9人死亡」と報じられている中の2人がわかった、ということになりますが、残る7人については、顔も名前もわかりません。

では日本語の記事。まず、Yahoo! トピックス:
長井健司さん射殺事件関連:
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/kenji_nagai/
ビルマ情勢:
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/myanmar/

それから、goo.ne.jp(28日の記事一覧)で見た記事:

東京新聞の現地通信員を連行 ミャンマー当局
2007年9月28日(金)13:27
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/K2007092801780.html
 ……東京新聞外報部によると、通信員はミャンマー人の男性。28日未明、ヤンゴンの自宅から連行されたという。通信員は、同新聞のバンコク支局長である日本人記者らの取材を補助するのが主な業務だった。

 今月24日からは現地入りしたバンコク支局長とともに取材にあたっていた。支局長は、「反政府デモを取材した」として軍事政権によって26日に国外へ退去させられた。


28日の東京新聞の紙面@私のflickrにアップしたもの。
Newspaper 28 September 2007 (1) Newspaper 28 September 2007 (2)
Newspaper 28 September 2007 (3)
※それぞれ画像をクリックすると私のflickrのページに飛びます。飛んだ先でall sizesのボタンをクリックするともっと大きな画像が出てきます。

The Timesの記事:
September 28, 2007
Video shows Japanese journalist Kenji Nagai 'being shot deliberately'
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/asia/article2550369.ece
28日のフジテレビのお昼のニュースと思われるクリップが紹介されています。

The Daily Telegraph記事:
Video shows Japanese man shot in Burma
By Richard Holt
Last Updated: 5:26pm BST 28/09/2007
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/09/28/wburma528.xml
The Timesが紹介しているのと同じクリップを紹介しています。

The Guardian記事:
Japan demands answers over journalist death
Mark Tran and agencies
Friday September 28, 2007
http://www.guardian.co.uk/burma/story/0,,2179492,00.html
上で紹介されているの(フジテレビのニュース)とは違う角度からの「その瞬間」の映像。

ガーディアンのサイトに掲示されている映像を使った日本のニュース。日テレの金曜日の夕方のニュースかな。
http://www.youtube.com/watch?v=yh6CjmxudZM
前半で金曜日の時点での最新情報まとめ、後半で長井さんのこれまでの仕事の紹介など。最後にビルマの国営放送の大本営発表。

ガーディアンのブログでの金曜日まとめ(在外ビルマ/ミャンマー人のニュースサイトなどを含め、リンク多数):
http://blogs.guardian.co.uk/news/2007/09/burma_protests_friday.html

まとめではSF Gate blogも(英語メディアとドイツ語メディアの記事へのリンク):
Myanmar crisis: Risks and responsibilities for China
http://www.sfgate.com/cgi-bin/blogs/sfgate/detail?blogid=15archive/&entry_id=20697

で、ガーディアンやタイムズで伝えられているのは、日本国政府はこういうことがあってもビルマ軍事政権への援助をやめない、ということで(日本では「政府は慎重姿勢」という感じで報じられているかな)、これは「外交」の話だから言葉の裏を読まなければならないとしても、この事実から推論されることは、殺されたのが日本人じゃなければ日本国政府はそもそも動きもしなかったかもしれない、ということだ。問題は「ジャーナリストが殺された」とか「日本人が殺された」といったことにあるのではなく、非武装のデモ隊への発砲という行為そのものにあり、殺されたのが誰だろうと全力で抗議すべきであるのに、本当にどうかしていると私は思う。うちら日本人はビルマ軍事政権の最大のサポーターの中国がどうのこうのと言う前に(←昨晩のTBSのクソみたいなニュース)、うちの国の政府がどうのこうのと言わなければならない。日本だって軍事政権のサポーターなのだから。対政府援助の凍結など、日本国政府にできることはいろいろある。

あと、28日(金曜日)のテレビのニュースの画面の写真。(画像クリックで私のflickrに飛びます。)

Mr Kenji Nagai, the Japanese journalist who was shot dead in Rangoon
※descriptionのところに英文でごちゃごちゃとメモしてあります。私のflickr友達に長井さんについて説明することを目的として。

Mr Nagai in Baghdad (1)
※ニュースで流していた長井さんの過去のレポートから。空爆で破壊された家屋の瓦礫のなかにあった靴。子どものものと大人のもの。

Mr Kenji Nagai in Iraq
※ニュースで流していた長井さんの過去のレポートから。サダムの銅像の引き倒しのレポートとか、なぜか車内できゅうりを食べるのとか、大変な状態なのに人々が歓迎のコーヒーを出してくれたことに感激しているレポートとか。

Mr Nagai in Baghdad (2)
※コメント欄でインドのジャーナリストと会話しています。

Smiling Afghan boys (from Nagai-san's report)
※2001年の長井さんのレポートから、アフガニスタンの子どもたち。わらわらとカメラに寄ってきて、なんか大変なことになっていたレポートでした。

あと、NUJ(英・アイルランド・ジャーナリスト連盟)のプレスリリース。何か、北アイルランドでシン・フェインの人たちやジャーナリストに銃弾が送られるということが続いているというので見てみたら、「ビルマにおけるジャーナリストたちへの攻撃を非難する」という声明が出ていました。

NUJ condemns attacks on journalists in Burma
http://www.nuj.org.uk/inner.php?docid=1857

で、この声明では次のように、「ドイツ人フォトグラファーも銃撃の犠牲になったと伝えられている」とあるのですが、その点についてはGoogle Newsで見ることのできる英語メディアの記事では現状確認が取れません。
The condemnation follows the confirmation that Kenji Nagai was one of 8 people killed during demonstrations in the capital Rangoon. The IFJ is concerned for the safety of another journalist, a German photographer who is reportedly also a victim of a shooting by security forces.


また、軍事政権がラングーン(ヤンゴン)に拠点のあるメディアに対し、民主化要求デモをはっきりと非難せよと命令しているとの報告があるそうです。先週の日曜日に、軍事政権のメディア部門トップが、人々が民主化要求デモに興味を持たないように、ということでそういう命令をしたとのこと。
The IFJ is also concerned by reports that the Burmese military junta ordered Rangoon-based journals and newspapers to publish a declaration denouncing the protests. According to the Burma Media Association, the Burmese junta's director of the Press Scrutiny and Registration Division, Major Tint Swe, instructed all Burmese print media at a meeting last Sunday to publish a declaration stating they were not interested in the ongoing protest.

そのあと抗議行動が激しくなって、軍事政権は夜間外出禁止令を出し、武力鎮圧に動いた。そして、27日の午後1時ごろ(現地時間)長井さんら9人が殺されたあと(英語のブログなどでは、撲殺された人もいるとのレポートもあるのですが、それが27日のことなのかそのあとのことなのか、判然としません)、28日午後4時にはビルマ国内のインターネット接続ができなくなった。

東京新聞29日:
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007092902052447.html
※引用文中、太字は引用者による。
携帯標的 ネット遮断 ミャンマー
2007年9月29日 朝刊

 【バンコク=平田浩二】混乱が続くミャンマーで二十八日、インターネットが遮断された。当局は「海底ケーブルが損傷した」と説明しているが、反政府デモに無差別発砲するなど軍事政権の暴走ぶりを伝える報道から国民を遠ざけてデモの沈静化を図るとともに、国外への映像や写真の流出を阻止する狙いがあるとみられる。

 ……

 軍事政権は厳しい報道統制を行っており、地元紙などは今回の反政府デモをわずかに報じるだけ。ヤンゴンでは数紙の日刊紙がある。国営紙「ミャンマーの新しい灯」はもちろん、一般紙も大半が軍政幹部関係者の経営か、編集に深く関与している。軍政の厳しい監視下に置かれており、八月中旬の燃料費値上げに端を発した反政府デモにもほとんど触れなかった。

 国営紙は今月六日に中部パコクで起きた僧侶の抗議デモで警官隊が威嚇発砲したときなど数回、記事を掲載したが、「僧侶が警官に暴力を振るったための措置」と、当局の行為を正当化する内容だった。軍政側の宣伝に使われるのを拒否した週刊紙が発行停止に追い込まれているという。

 国営放送は「外国メディアは金銭目当ての国民から虚偽の情報を集めてゆがんだ報道をしている」と批判。外国人記者の入国に神経をとがらせており、治安部隊と市民の衝突現場の近くにあるホテルでは部屋を巡回し外国人宿泊者の身元を厳しくチェックしている。

 今年三月に新首都ネピドーを初めて外国人メディアに公開した際、軍政はテレビ局が取材した映像を検閲、貧しい暮らしぶりを撮影した場面などの削除を命じた。




アルジャジーラの28日のレポート(29日正午の時点で「13 時間前」になっているので、アップされたのは日本時間で28日11時ごろ)で、デモ隊の人々が次々に英語で話しかけている(このレポートをしている人はひょっとしたら「東〜東南アジア系」の風貌ではないのかも。Brit英語ですが)。しかしアルジャジーラはすごいなぁ。。。記事でブログの紹介もしていたけれども、あの情勢下でこの映像は、さすがオフィスが爆撃されたり、米国の偉い人が「あそこは標的でしょ」と考えていたりといった経験を有する放送局は違うな、という気がしてならない。

On the ground in Yangon - 28 Sep 07
http://www.youtube.com/watch?v=xH_ZqfTOrxk


BBCの28日のレポート。在ラングーン英国大使もskirmishが続いているがはっきりしたことはわからない、とコメント。
http://www.youtube.com/watch?v=4DASGVCbtTo



すみませんが、コメントは1つ前の記事にお願いします。flickrでもコメントとdescriptionが分散していてすでにいっぱいいっぱいなので。。。
http://nofrills.seesaa.net/article/57687295.html

※この記事は

2007年09月29日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 13:36 | TrackBack(1) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

ビルマ支援関連サイト('07/10/03更新)
Excerpt: 【オンライン行動】 10/4 フリービルマ:インターナショナル・ブロガーズ・デ
Weblog: プレカリアートのなく頃に
Tracked: 2007-10-04 11:40





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼