kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年09月15日

ついにハメネイ師が

イランをめぐっては、もうここ2年か3年くらいはじりじりした状況が続いてきているが、金曜日、ハメネイ師が非常に強い言葉で米国ブッシュ政権を非難したそうだ。BBC報道。

Iranian supreme leader slams Bush
By Jon Leyne
BBC News, Tehran
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/6995000.stm
Speaking at Friday prayers, Ayatollah Ali Khamenei said he was sure President Bush would be tried in an international court for what had happened in Iraq.

It was a particularly tough message, accusing the US of invading Iraq partly to undermine Iran's Islamic system.

It follows Mr Bush's speech to the US on Thursday in which he criticised Iran's ambitions in the Middle East.


「緊張が高まっている」というのは例えば最近の英国とロシアの間でも顕著なのだが、英ロ関係は「両国の経済関係」という点で、「まあ本気で戦争はしないだろう」という安心感が持てるから「外交ゲーム」的に見ていてもいいのかもしれないが(しかしロシア国内事情はちょっとそういうわけにもいかないようだが)、イランと米国というのは外交関係もないのだし(国交断絶したまま)、どっちも政権がファンダメンタリズムのファナティズムを有しているので、とてもじゃないが「外交ゲーム」として見ていることはできない。

Ayatollah Khamenei said the US had been defeated in its plan for the Middle East, and he went on to talk of the complete defeat of the United States in its plan to weaken Iran.

He said he was convinced President Bush would be tried in an international court for what he had done in Iraq - and even likened him to Hitler and Saddam Hussein.

"Americans will have to answer for why they don't end occupation of Iraq and why waves of terrorism and insurgency have overwhelmed the country," he said.

まあ、さすがにアハマディネジャド大統領のように「ホロコーストは言うほどのものではなかったんじゃないの」とかいうことで変な方面に響くような挑発はしていないのだが、それでも無茶苦茶攻撃的な言辞だ。米国内(および米国の同盟国内)の反ブッシュの言葉で最も攻撃的なものとしてはこういうのはよくあるが、あらかじめ敵対している国家からこういうのが出るのは、「意味」が違う。

BBC記事には、ハメネイ師のこの言葉は、ハメネイ師がアハマディネジャド大統領を100パーセント支持したことをはっきりと示すものだとの説明がある。

ううう。誰か止めてくれ。
タグ:イラン 米国

※この記事は

2007年09月15日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 08:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ううう。誰か止めてくれ。

 よし! 私に任せろ!
(ざんっ!)

戦車「キュラキュラキュラキュラ〜」

 …ノシイカになってしまいました.
Posted by 消印所沢 at 2007年09月15日 21:04
>所沢さん
それはいやん。(笑)

いやほんと、戦車等の出番がないことを祈っている次第です。第一、ロシアがああですし(英外務省の無謀な要請のとおり、ほんとに「改憲」して「国民の絶大な支持を得た民主的な終身大統領」ということにしかねない勢いを感じるのですが)、「暴発」の範囲は予測不能に近いと思うんですけど……。

米国とイランが動きを見せたところで、そろそろ英国から何か発言があるのではと思っているのですが、まだですね。
Posted by nofrills at 2007年09月15日 21:38
 どーもー,ノシイカでーす.

 で,少し真面目にレスすると,ハメネイが「あっち」のほうに行ってしまったのは,アメリカから名指しされたからかも.

 1ヶ月以上前ですが,名指しされているんですよね.

-------------------------------------

 イラク攻撃,ヒズボラ戦闘員が関与 「イランが糸」米が非難
7月3日8時0分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070703-00000005-san-int

 【カイロ=村上大介】イラク駐留米軍のバーグナー報道官(准将)は2日,バグダッドで記者会見し,イラン革命防衛隊がイラクのイスラム教シーア派武装組織を支援しているばかりでなく,レバノンの親イラン・シーア派組織ヒズボラ(神の党)を使って,具体的な米軍への攻撃計画の糸を引いていると非難した.

 同報道官は,今年1月にイラクのシーア派聖地カルバラで起きた政府建物への攻撃を例に挙げ,「イラン革命防衛隊が具体的に計画に関与していた」と指摘.さらに,3月に南部バスラで拘束されたヒズボラのメンバー,アリー・ダグドゥーク容疑者(レバノン人)がイランの要請を受けてイラク国内での複数の攻撃やイラン国内でのシーア派武装組織の訓練に関与していたと主張した.

 同報道官によると,ダグドゥーク容疑者は昨年5月,ヒズボラ指導者から革命防衛隊司令官に会うよう指示を受け,イラン入り.テヘラン郊外にある3カ所の訓練基地で革命防衛隊とともに,イラクのシーア派反米強硬派指導者サドル師の民兵マフディー軍から離脱した「過激勢力」の訓練に当たったという.

 米軍は,革命防衛隊の狙いが,イラク南部にレバノンのヒズボラと同様な組織を作り上げることにあるとみている.

 米国はこれまで,イランがイラク武装組織に資金や武器供与の支援を与えていると非難してきたが,イラク国内での攻撃やテロにイラン革命防衛隊やヒズボラが直接関与したと具体的に主張したのは初めて.同報道官は,イランの最高指導者ハメネイ師が直属の革命防衛隊のこうした活動を知らなかったはずがないとも指摘した.

-------------------------------------

 わざわざ敵を増やさなくても…
Posted by 消印所沢 at 2007年09月16日 18:57
ノシイカに「所沢」の消印が。。。と想像してお茶吹きました。(笑)

んなことはどうでもいいんですが、7月の報道のご教示をありがとうございます。そうか、確かに、「イランの最高指導者ハメネイ師が直属の革命防衛隊のこうした活動を知らなかったはずがない」と米軍報道官が「指摘」したことは、大きなキーになっているかもしれませんね。

7月末にはさらにテンションの高い話が。イラクをはさんで米国とイランが約30年ぶりに正式なチャンネルで話をしたときに、駐イラク米国大使が「イランはイラク国内の武装勢力を支援している」と述べ、イランは「いいかげんなことを」と反応。
http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/07/25/wiran125.xml

この1ヵ月半くらいあと(8月半ば)に、アメリカが、イランの革命防衛隊をa state within a stateと位置づけ、「テロ組織」に認定するという話が出ています。とにかく不穏すぎる。(T T)

余談ですが、ご教示いただいた記事から:
> ヒズボラのメンバー,アリー・ダグドゥーク容疑者(レバノン人)……(は)サドル師の民兵マフディー軍から離脱した「過激勢力」の訓練に当たった
(以上、イラク駐留米軍のバーグナー報道官の発言)

ムクタダ・サドルはマフディー軍の分派(「過激勢力」の離脱)を食い留めようとしているのかなという報道が、今月15日のBBCにありました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/6996942.stm

ムクタダ・サドルは、お父さんがイラクで反政府(反サダム・フセイン政権)の活動をしてきて1999年にナジャフで何者かに暗殺されたという人で(兄2人もそのときに暗殺されている)、シスタニ師(イラン生まれ)ら大物のシーア派指導者とは良好な関係ではないし、スンニ派の人々に対する暴力を行使しているシーア派武装勢力(バドル旅団など)とは一線を画すとの態度を鮮明に示していますが……アラビア語が読めない私に確認したいところを確認できるわけでもなく、ほんとによくわからないのですが。

それと、2006年には米軍は「イランからIEDの作り方を教わったマフディー軍がわれわれにとっての脅威」と言っていたなあというのも思い出します。
検索結果:
http://abcnews.go.com/International/IraqCoverage/story?id=2688501

# いずれにせよ話がややこしくて、正直、ついていけない……。

4月のガーディアン報道:
http://www.guardian.co.uk/iran/story/0,,2158142,00.html
この時点では、カルバラでサドル派民兵とバドル旅団が衝突、というのが公式発表だったのですが、これもまた私にはよくわかりませんでした。
Posted by nofrills at 2007年09月16日 21:53

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼