kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年09月13日

スコットランドがまたお祭り騒ぎですか。

今から11ヶ月前、政治系ニュースを読みにいった先のスコットランドの新聞のサイトで「お祭り騒ぎ」の真っ最中ということがあったのだが、今回はBBCのRSSで 'historic' win を知らされましたよ、と。

France 0-1 Scotland
Last Updated: Wednesday, 12 September 2007, 20:53 GMT 21:53 UK
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/internationals/6986781.stm
Scotland secured an incredible Euro 2008 double over France courtesy of a James McFadden strike in Paris.

ダブルかよ! むろん私の頭は即座に「フランス、大丈夫なのか」と反応するわけだが、とりあえず落ち着いて、順位表を確認しよう。

http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/internationals/tables/default.stm
European Championship Qualifying: Group B Table
12 September 2007 22:19

1 Scotland ... 21pts
2 Italy ... 20pts
3 France .. 19pts
4 Ukraine ... 13pts
5 Lithuania ... 10pts
6 Georgia ... 7pts
7 Faroe Islands ... 0pts

ぎゃーーーー。(以下無言。)

というわけで、スコットランドの新聞のサイトを見てみましょうかね。

まずは、最近読んでる時間を取ってなくていい記事をがんがん見逃しているであろうThe Herald (http://www.theherald.co.uk/)。
euro08sco02.png

いい感じでタータンアーミーさんたちが「お祭り」ってますな。トップニュースは深刻な話(口蹄疫がまた出た)だけど。

読む気にならないけど、記事:
http://www.theherald.co.uk/sport/headlines/display.var.1684837.0.0.php
http://www.theherald.co.uk/sport/headlines/display.var.1684866.0.0.php

次。スコットランドといえばScotsman (http://news.scotsman.com/)。トップニュースは戦争(スコットランドのthe 52 Infantry Brigadeがアフガンに送られるようだ)。
euro08sco01.png

同、記事:
http://news.scotsman.com/index.cfm?id=1463032007
コメントの7番、最高だ。
Proud and drunk ;)

9番、ははは。。。高笑いしすぎだ。
This is silly! I won't get my head around this result for days. Reading the reports in the online French papers is hillarious. They're just as shocked as we are.

Felicitations!!!

ちょっとウィッティな人@66番
No surprise . Whisky is stronger than red wine ;-)


次。タブロイドでThe Daily Record(http://www.dailyrecord.co.uk/)。当然、トップニュースはEuro予選。しかしなんだよ、FA FA BOOMって。(元)うちのVa Va Boomが何か?

うーん、タータンアーミーさんにおかれましてはこのたびは、と素直にお祝いしたいという気持ちを、何か別の気持ちが圧倒しそうなのでここらへんで終わり。

全体的には、昨年の「あのフランスを撃破」のときほどの「ありえないことが!うれしい!という大騒ぎ」ではないような気がします。そのうちに、イングランドみたいに、「負けたらものすごい勢いで反省会」というふうになってくかもしれんね。

ちなみに、12日の段階で、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の4ネイション/FAのうちスコットランド以外の3つは:

England:グループEの2位(首位クロアチアと3ポイント差、3位ロシアと2ポイント差)
※先日の試合はルーニーら主力が次々と怪我でリタイヤという中で相手はイスラエル(けっこう強い)、暗雲を吹き飛ばすような3−0の快勝。その勢いがあったのか、12日もロシア相手に3−0でした

Northern Ireland:グループFの3位(スウェーデン、スペインが19ポイントでNIは16ポイント……厳しいなあ。今回Euro出場を決めてくれたらまさに「新時代」な感じになるかもと思っていたのだが。)

Wales:グループDの5位。同グループにアイルランド共和国もいるが3位で、このグループはドイツとチェコの2強。(アイルランドがんばれ。)
タグ:Football Scotland

※この記事は

2007年09月13日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼