kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年07月25日

英国、ロシアに改憲を密かに求める(付:19日ハンサードのメモ)



AFPさん日本語版の上記記事の見出し:
「元スパイ毒殺事件『憲法変えて容疑者引き渡しを』、英要請にロシア側激怒」

元ロシア情報機関員アレクサンドル・リトビネンコ(Alexander Litvinenko)氏殺害事件で、英当局による容疑者引き渡し要請を拒否しているロシアは23日、英国側が身柄引き渡しのためにロシア憲法の変更を薦めたとして「思いあがっている」と非難した。……

英国側からの書簡では、引き渡しを可能にできるよう「ロシア憲法の変更を求める内容やさらに不適切な内容があった」とZvyagintsev氏は述べ、「英国は法の原則を気にしていないようだ。ここに表されている内容は、(英国の)極度の野望と傲慢さだ」と激しく批判した。

※太字は引用者による。

この報道、BBCだとこんなふうになってます。

UK is attacked in Litvinenko row
Last Updated: Monday, 23 July 2007, 10:25 GMT 11:25 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/6911612.stm
A senior Russian official has attacked the UK's decision to expel four Russian diplomats as "groundless, inappropriate, unjustified".

The Russian prosecutor general's office said the UK's decision over the expulsions was politically motivated.

...

Prosecutor Alexander Zvyagintsev said the refusal (to extradite Andrei Lugovoi) was "on the basis of law".

ロシア検察が英国によるロシア人外交官4人の追放決定について、政治的動機によるものだと述べ、「根拠がなく、過大で、正当性がない」と攻撃した。Alexander Zvyagintsev検事は、ルゴボイの引渡しの拒否は「法に則ったものである」と述べた。

さらに・・・

Mr Zvyagintsev also said in a press conference that the Russians had "grounds to doubt the objectivity of the British justice system".

"There is no evidence in the materials provided by Britain that there was an objective investigation of the Litvinenko case by Scotland Yard," he added.

Russian prosecutors would open a case against Lugovoi if there was evidence to support such an investigation, he said.

Mr Zvyagintsev said he had not ruled out the involvement of "persons from Litvinenko's closest London circle".

Zvyagintsev検事は、また、記者会見で、ロシア側には「英国の司法制度の客観性を疑う根拠がある」、「英国が提示した資料類のなかには、スコットランドヤードによるリトビネンコ事件の客観的捜査が行なわれているとの証拠は認められない」と述べた。また、客観的捜査がなされているとの証拠があれば、ロシア検察がルゴボイを起訴する、とも述べた。同検事は「ロンドンでの親しい仲間内の誰か」の犯行であるとの可能性も除外していないと述べた。

BBCの記事で、Zvyagintsev検事の話として出ているのはこれで全部です。

AFPさん記事にある、「英国側からの書簡に、ロシア憲法の変更を求める内容やさらに不適切な内容があった」ということは書かれていません。

BBC、終わったな。。。イタル・タスなどロシアのメディアの書いていることをBBCが書いていないのはいつものことなのですが、AFPですからね。しかも同じ記者会見を報じる記事でこれは不自然。

さらにBBCには、ロシア側の行動は法に基づいたものだとの検事のコメントの後に、
Under the European Convention on Extradition 1957, Russia has the right to refuse the extradition of a citizen, and its constitution expressly forbids it.

1957年の欧州犯罪人引渡条約のもと、ロシアは市民の身柄引き渡しを拒否する権利を有する。またロシア憲法は自国民の引渡しをはっきりと禁止している。

とあり、「法」の話はしているわけで、そこで「英国側が書簡でロシアに改憲を(それとなく)求めた」という発言が検事の口から出たという事実がオミットされているのは、いかがなものかと。

ただし可能性としては、ロシアの検事がデタラメを言っているのでBBCが無視している、ということもありえなくはないです。この2件のテクストを見る限りは。

しかし私はその可能性は除外している。ロシアの検事はデタラメを言っているわけではない。その根拠は、19日のミリバンド外務大臣のスピーチとそのあとの質疑応答。

まずミリバンドのスピーチから:
http://www.publications.parliament.uk/pa/cm200607/cmhansrd/cm070716/debtext/70716-0004.htm
※このハンサードは数ページ続いています。
The deputy prosecutor general's letter says that the Russian constitution currently bars extradition. The Russian authorities have given no indication of a willingness to work with us to address this question. The situation is not unique. For example, other countries have recently amended their constitutions to give effect to the European arrest warrant. Indeed, Russia wants the EU and the UK to open their borders to free movement of people, goods and services as part of an intensification of relations. This needs to be matched by an equal Russian commitment to cross-border judicial co-operation.

つまり、ロシアは憲法で引渡しは禁止されているというが、欧州の逮捕状に効力を持たせるために憲法を改定した国が実際にある。しかもロシアはEUとUKとの間で人や商品やサービスの行き来を自由化したがっているのだから、司法の面での協力についてもロシアは本気で取り組むべきだ、と。

この外相の考えをまとめると、「うちらと仲良くやっていきたいなら、その憲法じゃちょっと」ということになります。で、書簡などでこれがロシア側に伝えられていないとは考えられない。

以下はややオタク向け。

ミリバンドのあと、すぐに質問に立ったのが保守党のMr. William Hagueで、この人はシャドウ・キャビネットで外務。それと元保守党党首。つまり英国政治の重鎮。
http://en.wikipedia.org/wiki/William_Hague

で、この件については保守党も労働党もなく全員賛成の立場で、ヘイグの質問はミリバンドへのツッコミではなく、より細かな点を確認するようなもの。例えば:
I should be grateful if the Secretary of State would clarify the following points. Both Russia and the UK are parties to the 1957 European convention on extradition, and signed a memorandum of understanding on co-operation in the legal field in February last year, which included an undertaking to

co-operate in the sphere of extradition and in other issues of mutual legal assistance.


Can he explain what force those agreements have, if any, and have the Government referred to them in seeking Mr Lugovoy's extradition?

つまり、昨年2月(事件の9ヶ月前)に、英ロで署名したメモランダムにおいて、「相互の法的支援について身柄引き渡しその他で協力する」という取り決めがあったが、これの効力はいかがか。

それから、「政治」の点で:
In its approach to international co-operation, should Russia not be mindful of the fact that it has need of the friendship and support of Britain and the EU in its aspirations to join the World Trade Organisation, its pursuit of investment in Russian oil and gas fields and its desire to purchase foreign assets? In the long term, we -- like the Government -- hope to see Russia maintain its status as a key international partner for the UK and we hope for improved relations, as the Foreign Secretary said, so that we can work together on the pressing issues of nuclear proliferation, middle east peace, Kosovo and Iran. Is it not clear, however, that such improved relations are going to require a more positive and co-operative approach than we have seen from Moscow in recent weeks? However much we may hope for them, an appalling crime of this nature and gravity cannot simply be overlooked.

つまり、ロシアはWTOに加盟したいのなら英国とEUの友好および支援が必要なはずだ、etc etc。中東和平、核拡散、コソヴォ、イランといった問題に対処するにもロシアの協力は欠かせないものであり、そういった関係のために今のモスクワの態度はどーよ、etc etc。

※引用文中、ダッシュだけ、読みづらいので英国式(前後スペースなしで短いの:日本語キーボードではハイフンで代用)ではなく、やや米国式(前後スペースありでちょっと長いの:ハイフン2つ)で代用。

ミリバンドの回答は、メモランダムについては「法的拘束力のあるものではない」。ロシアとの関係についての部分では:
The right hon. Gentleman rightly concluded that Russia and the United Kingdom have strong shared interests and that it is strongly in Russia's interest to have a positive and co-operative relationship with the UK. That is our desire. Russia has every right to be a full and respected partner of the international community, but with that right goes responsibilities. Today is about asserting that those responsibilities as well as those rights should be exercised properly.

・・・誉め殺し?

ヘイグのあと、労働党、保守党、LibDemと幾人もの議員の質問が続きますが、あと特に見ておくべきはSir Malcolm Rifkindの質問かなあ。保守党。メイジャー政権で外相。外相の前は国防相。
http://en.wikipedia.org/wiki/Malcolm_Rifkind
Sir Malcolm Rifkind (Kensington and Chelsea) (Con): ... The Russian Government have said that their constitution prevents them from extraditing Lugovoy, but they have offered a trial in Russia in a Russian court. The right hon. Gentleman might like to consider calling that bluff, but not in the way that the Russians are proposing. He has said correctly that having a trial in a third country would equally come up against the current Russian constitution, but that problem would not arise if a British court were permitted to hold a trial in Russia under British law. We have the precedent of the Lockerbie case in The Hague, where exactly those principles were applied. If the right hon. Gentleman and the Russian Government were interested in finding a way forward, that option should at least be considered.

そーなのよ、ロッカビーでの件があったから(そのリビアは先日死刑宣告を下し、その後無期懲役に減刑したブルガリア人医療団を、今日国に帰している)、主権国家に対して個別に「憲法を変えろ」とか言わなくても道はあるじゃん、と思ってた。

これに対するミリバンドの答えが:
I think he will find that the option he proposes -- ingenious though it is -- is not open to us, as it does not fall within the sort of creative work that we have been seeking with the Government of Russia. He will also recognise that, as I said in my statement, a proposal to conduct a trial in Russia could open our Government to legal challenge from our own citizens. Under whomever's auspices the trial is carried out, that point carries a large degree of force.

・・・??? 本気で意味がわからないです。(わかる方、もしここをお読みでしたらコメントをお願いします。)

それから、
Mark Pritchard (The Wrekin) (Con): The death of Alexander Litvinenko was tragic and sinister in equal measure, and his killers deserve to be brought to justice, but does the Foreign Secretary believe that anything he has said today will cause the Russians to amend their constitution and extradite those accused of Litvinenko's murder? If he does not believe there will be any change, why did he make his statement?

David Miliband: Obviously I believe that today's statement will help to advance the three aims that I set out in it, otherwise I would not have made it. I am sorry that the hon. Gentleman could not follow that clearly.

I think it important not just to send a signal, which we have done, but to take practical, concrete measures, which we have also done. Those measures are designed to make a particular point to particular people, and I believe that they will do so. They will also lead to further international engagement, which we will undertake in a serious way. However, as a number of Members have pointed out today, there is a wider relationship which needs to be founded on a clear basis of mutual respect. That applies in each case, and also in relation to the broader picture. Today's announcement was designed to advance that relationship, and I believe it is our best hope of doing so.

ははは、外交はキツネとタヌキの化かしあいですって? ということは、メディアがいろいろ煽るのは無視しちゃったほうがいいということだ。でもメディアに煽らせるのもまたキツネとタヌキなのだけれども。

あと、個人的にメモっておかないと困るもの。
Mark Durkan (Foyle) (SDLP): I join others in welcoming my right hon. Friend's statement. We all hope it will have the effects that he has said are intended to flow from it. I welcome the robust terms in which he said that the heinous crime of murder must be pursued, and that that pursuit could not be set aside for any other ulterior political consideration, but how does he hope to respond to the Russian authorities when they allege hypocrisy on the part of the United Kingdom Government, and in the light of the United Kingdom Government's attitude to the murder of Pat Finucane and others?

David Miliband: Tempting as it is to wander into the terrain offered by the hon. Gentleman, the temptation is not great enough for me to do so. I am sorry that he has not been able to view this case, and the rights and wrongs of it, in and of themselves. He indicated support for the Government's position in this instance, and I am grateful for that. I believe that we had no option but to do what we have done, and I hope we can proceed on that basis.

マーク・ダーカンのツッコミはよくやった(すごいイヤミな口調がステキだし)。てか外務大臣はポエムの暗唱をしとらんで、答えんかい。「英国の司法制度は完璧です」というそのふざけた言説を、パット・フィヌケン事件について言ってみやがれ。ブラディ・サンデーについて言ってみやがれ。Shoot to Killについて言ってみやがれ。(ダーカンのこれに切り返しもできないミリバンドで大丈夫なんだろうか? ダーカンなんて普通の左翼じゃん。頭はいい人だけど、ミリタントじゃないじゃん。ロシアやイランはもっと手ごわいよ。)

フィヌケン事件で答えられないのなら、cash-for-honours疑獄の「誰も起訴できず」で答えてもいいのにね。(イヤミ)

ダーカンのあとは保守党のエヴァンズ。
Mr. Nigel Evans (Ribble Valley) (Con): Like many other Members here, I sit on the Council of Europe with Russian members of the Duma. They understand the rule of law, and it is therefore disappointing that the Russian Government do not understand the rule of law that the Foreign Secretary has presented to them. I fully support his announcement, although it is sad that it had to be made.

Last week I was telephoned by a Russian journalist about this issue. I said that we were heading towards a crisis over procedures that were not being followed by Russia. He said he believed that there was a tit for tat: that the Russians had called for the extradition of people from this country and we had refused, and that they failed to see the distinction involved in this particular case. Will the Foreign Secretary comment on that?

David Miliband: There is no doubt that there has been a serious attempt to muddy the waters, but I am afraid the parallel that people have sought to draw does not apply. The protection afforded to citizens here under the European convention on human rights becomes relevant because of people's concerns about the situation in Russia, not because of their concerns about the situation here. This case is also about the situation in Russia, and about the Russian authorities' determination to co-operate with the United Kingdom Government to bring to book someone who is alleged to have committed a very serious crime.

While I hope the hon. Gentleman will phone his Russian friend back and explain to him that it is in the gift of the Russian authorities to ensure that in all cases there are proper procedures and proper protections, any citizen of this country who is accused of a serious crime in another country can be extradited as long as that does not violate his or her rights, and that is the basis on which we proceed.

エヴァンズの質問で太字にした部分は、おそらく、アフメド・ザカーエフについてです。前の記事のコメント欄に書いたのですが(以下コピー)、ハンサードには名前は出てきていませんが、この質問に対するミリバンド大臣の答えに欧州人権法が出てくることからも、具体的にはアフメド・ザカーエフのことと思われます。また、ロシアが英国に対して敵対的な言動を表立ってするようになったのは、英国によるザカーエフの政治難民認定(2003年11月)の後のことだと私は記憶しています。
http://www.bbc.co.uk/radio4/today/reports/archive/international/zakayev.shtml

ザカーエフはチェチェン独立派の一員として戦闘や交渉を行なってきた人で、2000年に出国し、以降はチェチェン独立政府の代表として西欧で活動してきましたが、ロシア政府は「モスクワ劇場占拠事件の計画を知っていた疑い」や「独立戦争でロシア軍兵士を殺害した疑い」で逮捕状を出しました。しかしロシアは死刑制度が存続しており、欧州人権法では死刑制度が存続している国への身柄の引渡しは禁止されている。ロシアとしてはこの時点ですでに「法」の問題ではなく、チェチェン独立という「政治」の問題だと考えていたのかもしれませんが(「政治的に独立派をサポートしているから、法を都合のよいように利用している」など)。

ザカーエフとは別に、ボリス・ベレゾフスキー(お金をめぐる犯罪、「革命」発言)の件もあります。

※なんか、チェチェン戦争についてロシア政府を支持している人みたいに見えるかもしれませんが、私はそうではありません。むしろ逆で、特に2005年のアスラン・マスハードフの殺害は不法な暗殺だと考えていますし、「民主的」選挙で傀儡を大統領とさせたなし崩し的な「和平」はいわば恫喝によるものと考えています。

※この記事は

2007年07月25日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 00:09 | Comment(5) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。「法の支配」については、私もよく分かっていないのに偉そうなことを書いてしまってすみませんでした。やめておけばよかったと後悔していましたが、offensiveな内容だとは受け取られなかったようなので一安心です。

(引用)「本気で意味がわからないです」(/引用)のミリバンド発言の太字部分については、私も正直、よく分かりません。「説明能力が低い!」とミリバンドを罵りたいくらいです(笑)。分からない、と宣言したうえで、私の解釈を書かせていただきます。

この発言で私が大事だと思ったのはむしろ太字ではない部分で、「英国が裁判を開こうが、どこの国/機関が主催しようが、ロシア国内で裁判を開くということ自体が法的に問題だ」ということだと解釈しました。第三国で裁判を開いたロッカビーの件とは違う、という指摘だと思います。

それを踏まえて太字部分を無理やり解釈すると、「Rifkind案はロシアから提示もされていないし、違法の疑いが強いので英国からも求めていない」というような意味なのではないかと思います。自信はありませんが、何かの参考になれば、と思い書き込ませていただきました。

この記事の他の部分に関してはまだ目を通せていませんが、いずれ読ませていただきます。私の詳しく知らない内容が多く、本当に勉強になります。
Posted by タツヤ at 2007年07月26日 00:24
なんと、hansardが見事にエンターテインメントに(笑)

上のmiliband発言の意味不明部分、ストレートに解釈するなら、statement冒頭の誉め殺し前後に言及されている、ロシアと英・EU間に経済的・政治的協力関係の構築・強化、というのが"creative work"の直接の中身で、ただその前提として、ロシアがEU基準に則した法制度の適正化(憲法改正)を行うというとこまでを"work"が指示する範囲に突っ込んでるんじゃないでしょうか。で、この方向でworkの完遂を目指す限りにおいて、英司法がロシアで裁判をするというのは選択肢に含まれない(てか引き渡せ)、と。
続く後段は、statement中盤で言及されているUNとEUからの批判、という部分に対応してるんでしょうね。まあなんというか、他のいろんなことについても、普段からこのぐらいよそ様からの「ご批判」に気を遣っとけよと思いますが、これは英に限ったことではなかったり(e.g.某国)。

ともあれ、政治は常にあまりに虚虚実実としていて、当方の単純な頭では理解不能な感じです。
ゴミレス失礼しました。
Posted by hh at 2007年07月26日 06:03
>タツヤさん、hhさん
毎度お世話になります。ありがとうございます。

ミリバンド発言は、ハンサードを読んでいると、ただでさえ言葉(美辞麗句)が上滑りする傾向のあるニュー・レイバーの典型的言説(ポエマー一歩手前)であるばかりでなく、持って回った言い方ばかりで、しかもジャック・ストローのように「弁論術のお手本」になるわけでもなく、蒸し暑いときにはつらいです。蒸し暑くなくても、たぶんつらいです。(^^;)

でもおふたりの助言をいただいて、落ち着いて読み直してみたらなんとなくわかってきたような気がします。つまり、本音トークに変換すると、「ダメ、絶対。ロシアだけはダメ」と言いたいんですよね。。。

しかし、the sort of creative workという言いぐさには参りました。タツヤさんの「ロシア国内で裁判を開くということ自体が法的に問題だ」、hhさんの「前提としてロシアがEU基準に則した法制度の適正化を行なうことまで突っ込んでいる」というご説明には完全に納得です。ありがとうございます。そう考えると、ミリバンドのユーフェミズムも納得がいきます。ここで明言するわけにはいかないことでしょうので。

ロッカビーは、今ウィキペディアの「パンナム機爆破事件」の項を見たのですが、スコットランドでの事件なので、スコットランド法(英米法ではなく大陸法だそうで)でやったんですね。連合王国は何とややこしい。

というわけで、重ね重ね御礼申し上げます。m(_ _)m

あ、そうだ、(the) rule of lawについて、言語学の専門家のブログでおもしろいのがあったので、とりあえず、はてなダイアリーのほうにメモしてあります。といっても、ヘタクソな英語でごちゃごちゃ書き込んだ未整理のメモですので、あまりお役には立たないかもしれません。その言語学の先生は、定冠詞の有無に注目して用例をピックアップしておられるのですが、発言内容から、米大統領は rule of law = 英米法、ということを前提にしていないように思われます。また、欧州で rule of law = Rechtsstaat という翻訳が為されているようです。
http://d.hatena.ne.jp/nofrills/20070725
Posted by nofrills at 2007年07月26日 12:52
 プーチンに改憲を要求するなんて,なんて恐ろしいことを(笑)

 それに応じて,プーチンを終身大統領にするみたいな改憲が通ったら――支持率の異様な高さから見て,可能性がないわけではない――,英国はどう責任を取るんでしょう?(笑)
Posted by 消印所沢 at 2007年07月29日 09:47
>所沢さん
うははは、そうですよねー。<「恐ろしいこと」。

ただ、プーチン自身が今回の事態をmini crisisと呼んでいるそうですから、ロシア側は本気で取り合っていないってことですよね。本気で取り合わないことで改憲の可能性は否定しているのだと思いますが、もしほんとにやる気になっちゃったらどうするんでしょう。
Posted by nofrills at 2007年07月29日 22:48

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼