kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月29日

ロンドンのど真ん中で自動車爆弾

※以下、29日にseesaaが落ちていたときに、はてなダイアリーに書いたものの転記@30日夜。(本来はこっち(seesaa)で書きたかったものを一時的にはてダにメモっておいたもの。)なお、転記時に追記、文章整理などをおこなった箇所もある。
※このブログでのこの記事の「投稿時間」は、ほんとは30日午後9時ごろ(RSSフィードはそのタイミングで飛んでいます)。閲覧性を考慮し、「投稿時間」を29日夜とした。


ロンドンのど真ん中、The Haymarketに自動車爆弾(爆発物を積載した自動車)、処理班が出動してcontrolled explosion・・・という、IRAが暴れてた90年ごろを思い出させる文言がニュースにあふれている。

Car bomb found in central London
Last Updated: Friday, 29 June 2007, 11:13 GMT 12:13 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/6252276.stm

Terror threat returns to capital
Press Association
Friday June 29, 2007 9:53 AM
http://www.guardian.co.uk/uklatest/story/0,,-6745436,00.html

爆弾が見つかったのは深夜2時ごろで、場所はTiger Tigerというクラブのそば(午前3時まで営業している)。下記ページに地図があるが、ピカディリー・サーカス駅のすぐ南側、トロカデロの向かいだ。
http://www.tigertiger-london.co.uk/findus/

ピカディリー・サーカスの駅は一時的に閉鎖されていたようだが現在(転記時注:29日午後、日本時間)は開いている。ただしThe Haymarket(<わかりづらいけれど通りの名称)はもちろん、周辺の道路は封鎖。バスは迂回しており、封鎖地域の外側は大渋滞。(うーむ、個人的に、馴染み深い状況だ。今は91年ですか、92年ですか、って感じ。)

PA記事@ガーディアンによると、Tiger Tigerの従業員が、自動車がゴミ箱に突っ込んで停止し、人が車から出て逃げていくのを目撃して警察に連絡したとのことだが、そこらへんは情報が錯綜しているのか【転記時注:錯綜してました。クラブで病人が出たので救急車が呼ばれ、その救急車のスタッフが車に気づいて警察に通報したとのこと。事後的にバウンサーが「そういえばあの車は」として後述の証言】、BBCでは「救急隊員が車(シルバーのメルセデス:ただしこのガーディアン記事では「ライトグリーン」とある。【転記時注:実際にはメタリックグリーン。夜に街路灯のオレンジ系統の色の下で見ると「シルバー」に見えるはず】)から白煙が立ち上っているのを発見し警察に通報(Police were alerted by an ambulance crew who spotted smoke coming from the silver Mercedes)」とある。

自動車はふらふらと進んできたとのことで、おそらく、歩道の脇に置かれたゴミ箱に自動車が衝突したのを従業員が目撃し、負傷者などがいるといけないということで救急隊に連絡し、自動車事故だから警察も出動し、そしたら車から白煙が出ていて警察が爆発物の可能性を疑った、とかいうことではないかと思うが、現時点ではまだよくわからない。 【転記時注:上述の注のとおり、通報は病人を搬送するために呼ばれた救急隊員による。従業員の証言は事後的なもの。】

自動車がふらふらと進んできたという証言の部分、PA記事から:
The witness told Sky News that the car, believed to be a silver Mercedes, was being driven "erratically" before the crash.

いくら深夜とはいえ、深夜バスががんがん通る通りで、夜遊びしている人たちが多いような場所で、爆発物を積載した車で、そんな目立つような運転の仕方をしていたというのはちょっと奇妙な話だ。しかもbinに突っ込んでいる。目立ちすぎ。(誰にも不審に思われないようにそっと停め、何食わぬ顔で立ち去る、というならわかるが。)

ロンドンの場合、2005年7月のストックウェルでの誤射事件(ブラジル人電気技師が自爆者と断定され、警察のSBに射殺された事件)のときの「目撃者」証言がまったくのデタラメだったことを考えると(あのときの「目撃者」は、真実の隠蔽のため、事後的に引っ張り出された情報部関係者だったのではないかとの憶測すらある)、「witnessの話」が常にそのまま信用できるわけではない。 【転記時注:以上、初期報道で情報錯綜段階の感想につき、取り消し線を補った。】ただしここで証言しているのは、クラブのバウンサー(外にいる警備スタッフ)のようだ。BBCから:
Bouncers from a nearby nightclub said they saw the car being driven erratically before it crashed into a bin. They said the driver then got out and ran off.


爆発物の内容、BBC記事から:
Officers carried out a controlled explosion on the car which was loaded with petrol, gas cylinders and nails at 0200 BST in Haymarket.

...

Police sources have confirmed that gas canisters were involved in the incident, close to Piccadilly Circus.

うへぇ、ネイルボムだ。ただ毎度おなじみの肥料爆弾ではなさそう。(肥料爆弾だったらそう言うだろう。)

事態の経過について、BBC記事から:
0200 BST Police called to suspicious vehicle in Haymarket

Area cordoned off while explosives officers examine car

Officers find and disable "potentially viable" device

Met Police Counter Terrorism Command launch investigation

0400 Witness sees police removing gas canisters from vehicle

0800 Piccadilly Circus Tube station closed

1000 Prime Minister Gordon Brown says the country faces "serious threat"

1025 Car removed from Haymarket

んー。ピカデリー・サーカス駅の封鎖が、自動車の発見から6時間後、安全確保から4時間後って、何かあったのかな。【転記時注:あとで「2台目発見」の報道があったので、おそらくはその4時間の間に「別の爆発物」に関する何らかの情報があって、駅封鎖を決めたのだと思う。】

自動車が発見されたときには地下鉄は動いていないし、安全確保の時点でもまだ始発は動いてない(http://journeyplanner.tfl.gov.uk/ で確認したところ、始発は5時台)からその時点で駅封鎖というのはナンセンスなのだけれど、始発から8時までの間は封鎖していないということは、そのころに何かあったのかもしれない。(駅構内でsuspect packageが見つかった、など。それがたとえただの「忘れ物」であったとしても。)

ほかに気になるところ、BBCから:
"International elements" are believed to be involved, the BBC has been told.

どの筋からの話なのかが英文からはわからないが、「国際的な」というのはどう解釈すべきか。domesticではないということだろうけれども、その場合、1)IRA系・北アイルランド関係ではない 2)UKの極右ではない のほかに、3)UKのイスラム過激派ではない ということまで含まれるのかどうか?(2005年7月7日は、実行部隊はUKのドメスティックな過激派だったが、背後にアルカイダが存在していたとアルカイダのアイマン・ザワヒリが言っている。あれはinternationalなのか、domesticなのか?)

同じくBBCから:
Intelligence sources said they were keeping an open mind on who was responsible for the car bomb.

ということは、情報関係者は犯人について何ら絞り込んでいないと言っている、ということだ。つまり、IRA関係(PIRAはもう動いていないがRIRAとCIRAがある)かもしれないし、極右かもしれないし(99年のSOHO爆弾事件など)、domesticな過激派かもしれないし、internationalな過激派かもしれないし、etc, etc.

それから、同じくBBCから:
Professor Paul Wilkinson, a terrorism expert, said a passer-by had tipped off the police and officers would be concerned they did not have prior intelligence.

http://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Wilkinson 著書多数で、テレビでコメンテーターとしておなじみの人のようだ。RAF出身(50年代から60年代にかけてRAFにいた)。

で、a passer-by had tipped off the policeってどういうことなのかさっぱり。文脈としては「情報機関が動いているのに何も事前に把握できていなかった」ということのようだけど。

tip-offについてはまだある。
John O'Connor, former commander of Scotland Yard's Flying Squad, told BBC News the incident bore all the "hallmarks" of a failed suicide bomb attempt. And it was "lucky" the police had received the tip-off .

the incident bore all the "hallmarks" of a failed suicide bomb attemptの部分について説明がほしいが、全然よくわからない。

こういう「事件直後」の報道ってこんなもんだけど、それにしても何が「事実」で何が「推測、コメント」なのか、よくわからない。



※この記事は

2007年06月29日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。