kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月27日

【ブラウン首相最初の日】

つい先ほど(日本時間で27日午後10時40分すぎだと思う)、ゴードン・ブラウンが首相としてダウニング・ストリート10番地に入りました。入る前のスピーチで「チェンジ」とか「ニュー」と言ってましたが、それが具体的に何を表すのかはまだ何もわかりません。というか何に対する「チェンジ」であり「ニュー」であるのかわかりません(お品書きはありましたが。NHSとか住宅とか)。ブレア時代とは「違う」ということだろうとは思いますが、どういう方向で「違う」のかはわかりません。

BBCのトップページ:
gordonb-pm-bbc.png

ガーディアン:
gordonb-pm-guar.png
※画像クリックで原寸。

Brown's first day - live
http://blogs.guardian.co.uk/news/archives/2007/06/27/browns_first_day_live.html

スピーチの音声:
http://blogs.guardian.co.uk/podcasts/2007/06/audio_gordon_brown_takes_offic.html

スピーチのトランスクリプト、きた。
In full: Brown speech
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/6246114.stm

・・・以下、スピーチの内容を書き足しました。ダウニング・ストリートでのゴードン・ブラウンのスピーチ:
I have just accepted the invitation of Her Majesty the Queen to form a government.

This will be a new government with new priorities and I have been privileged to have been granted the great opportunity to serve my country and at all times I will be strong in purpose, steadfast in will, resolute in action in the service of what matters to the British people - meeting the concerns and aspirations of our whole country.

I grew up in the town that I now represent in Parliament. I went to the local school. I wouldn't be standing here without the opportunities that I received there.

And I want the best of chances for everyone. That is my mission - that if we can fulfil the potential and realise the talents of all our people, then I am absolutely sure that Britain can be the great global success story of this century.

As I have travelled round the country and as I have listened and I have learnt from the British people - and as Prime Minister I will continue to listen and learn from the British people - I have heard the need for change. Change in our NHS, change in our schools, change with affordable housing, change to build trust in government, change to protect and extend the British way of life. This change cannot be met by the old politics.

So I will reach out beyond narrow party interest. I will build a government that uses all the talents. I will invite men and women of good will to contribute their energies in a new spirit of public service to make our nation what it can be.

I am convinced that there is no weakness in Britain today that cannot be overcome by the strength of the British people.

On this day I remember words that have stayed with me since my childhood and which matter a great deal to me today. My school motto: I will try my outmost. This is my promise to all of the people of Britain. And now let the work of change begin.

Thank you.

【ざっと日本語化】
ただ今、女王陛下からの組閣要請をお受けしてきました。

今回、新たな優先事項を設定した新たな政府となります。私にはわが国に仕えるすばらしい機会が与えられましたが、私は、英国民にとって重要な事柄を行なうにあたり、わが国全体の関心と希求に沿うよう実現すべく追求し、目的を前にしてたじろがず、意思において揺るがず、行動において信念を曲げずにやっていきたいという所存です。

私は、自分が育った町の代表者として、現在国会におります。学校も(エリートの行くような名門寄宿学校ではなく)地元の学校に通いました。あのころに機会に恵まれていなければ、私は今日ここに立っていることはなかったでしょう。

私は全ての人々に最良の機会があるべきと考えます。そうなるようにすることが私の使命であります。能力を存分に活かし、わが国全ての人々の才能を知ることができれば、英国は必ず、今世紀の世界的なサクセス・ストーリーとなる、私はそう確信しております。

全国を回り、さまざまな方々からお話を聞き、私は英国の人々から学びました。そして総理大臣として、私はこれからも英国の人々の話に耳を傾け彼らから学ぶことをたゆまず続けていく所存です。私は変化が必要だとの声を耳にしています。NHSに変化を、学校に変化を、手が届く価格での住宅供給という点での変化を、政府への信頼を構築するための変化を、英国らしい生活様式を守り広げるための変化を。この変化は、古い政治では実現されえません。

したがって、私は政党の利害という狭い枠組を超えていこうと思います。あらゆる才能を登用した政府を作ります。善意の人々、男性も女性もですが、そういった人々に、私たちの国がなり得る姿になるために、公共の福祉という新たな精神にエネルギーを注いでいただけるようにいたします。

こんにちの英国に、英国人(英国民)の強さをもって超克することのできぬ弱さなどない、私はそう確信しております。

今日この日、私は子供のころからずっとともにあった言葉、こんにちの私に大きな意味を持つ言葉を思い返しております。私の学校のモットーです。「私は自分の能力の最大限のことをします」。これが私からの、すべての英国の人々へのお約束です。では、変化という作業を始めましょう。

ありがとうございました。

大きなポイントは3つですね。

1)change to build trust in government
これはもちろんブレア政権で政府への信頼がぼろぼろになったこと(スピンドクターの情報操作、イラク戦争での嘘と欺瞞、一般人の感覚とかけ離れた「楽観的」な手前味噌な解釈、などによる)を踏まえています。退任間際のブレアが「メディアが好き勝手な観測を書くので国民がそれに影響されて云々」と言っていたことと考え合わせると、ちょっと背筋が寒くなるシナリオが頭に浮かんだりして。

2)change to protect and extend the British way of life
これはこれまで数ヶ月にわたってブラウンが繰り返してきたこと。UK(連合王国)には「Britishなどというものがあるのか」、という議論は常にあるのだけれど、それに対してブレアもブラウンも「British valuesはある」と言ってきた。ただし非常に気になるのは、protectは具体的にはradical Islamismへの対処は厳しくする、という話であるとして、extendって何?ということ。スコットランド独立運動への牽制かもしれないけど、「首相」になった第一声でそれを言うってのも何かなぁ。。。

3)I will invite men and women of good will to contribute their energies in a new spirit of public service to make our nation what it can be.
上の日本語化が全然うまくいっていないんですが(気合が入らないので)、要するに、「労働党という枠にとらわれない」ということ。28日発表の閣僚の顔ぶれに含みを残していますね。びっくり人事がありそうな気配が濃厚。そう思わせておいて、実は閣僚の人選は案外普通にしといて、その後の法整備で「民間活力の導入」とかって、選挙で選ばれていない人たちの政治的権限を拡大するという方向にしていくのかもしれないけど、とりあえず組閣に注目です。

観測についてはBBCみたいなところはそれなりに制約があるので、一般のブロガーが書いてることのほうが野次馬的にはおもしろそうです。スラオさんにリンク集あり。私はそこまでコアな野次馬ではないので、個別のブログは見ていませんが。
http://sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/paranoia-frenzy-and-rumours/


※この記事は

2007年06月27日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。