「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2016年01月05日

「この中に、カトリックはいるか?」……キングズミル事件から、ちょうど40年。

北アイルランド紛争は、武装勢力の外見、服装や言葉遣い、アクセント(訛り)などでは、その武装勢力が誰なのか、「どちら側」なのか、区別がつかなかった。

1976年1月5日、夕刻。アーマー州の南部、キングズミル村の近くで、1台のミニバス(マイクロバス)が武装勢力によって停止させられた。バスに乗っていたのは、工場での勤務を終えて帰宅する労働者たち。武装活動とは関係のない、「一般市民(民間人)」である。

One of the most harrowing moments in the whole history of the harrowing of the heart in Northern Ireland came when a minibus full of workers being driven home one January evening in 1976 was held up by armed and masked men and the occupants of the van ordered at gunpoint to line up at the side of the road. Then one of the masked executioners said to them, "Any Catholics among you, step out here". As it happened, this particular group, with one exception, were all Protestants, so the presumption must have been that the masked men were Protestant paramilitaries about to carry out a tit-for-tat sectarian killing of the Catholic as the odd man out, the one who would have been presumed to be in sympathy with the IRA and all its actions. It was a terrible moment for him, caught between dread and witness, but he did make a motion to step forward. Then, the story goes, in that split second of decision, and in the relative cover of the winter evening darkness, he felt the hand of the Protestant worker next to him take his hand and squeeze it in a signal that said no, don't move, we'll not betray you, nobody need know what faith or party you belong to. All in vain, however, for the man stepped out of the line; but instead of finding a gun at his temple, he was thrown backward and away as the gunmen opened fire on those remaining in the line, for these were not Protestant terrorists, but members, presumably, of the Provisional IRA.


ここに引いたのは、シェイマス・ヒーニーのノーベル文学賞受賞の際のレクチャー(スピーチ)の一節である。ヒーニーがノーベル文学賞を受けたのは1995年。前年の1994年にIRAの停戦、ロイヤリスト武装組織の停戦があり、北アイルランド紛争は「和平プロセス」に向かって踏み出していた。(その後、1996年に一時ゆり戻しのようになったが、1997年の英国での政権交代の後に「和平プロセス」は一気に進んだ。)

ヒーニーとキングズミル事件(キングズミルの殺戮)について、検索したら、2011年の論文のPDFが見つかった。リムリック大学のカレッジのひとつでホストされている論文で、これまでに読んだことのないものだ。冒頭に、あの詩が引用されている。



‘Any Catholics among you...?’: Seamus Heany and the real of Catholism
https://dspace.mic.ul.ie/bitstream/handle/10395/1418/O%E2%80%99Brien,%20E.,%20%282011%29%20%E2%80%98Any%20Catholics%20among%20you...%20%20Seamus%20Heaney%20and%20the%20Real%20of%20Catholicism%20%28Book%20Chapter%29.pdf?sequence=2&isAllowed=y

Some 3,600 people were killed in the conflict in Northern Ireland and one might well ask why Heaney chose to discuss this particular atrocity in his Nobel lecture. I would suggest two reasons for this: firstly, because in this particular case, what we might call the Lacanian real of the Northern Irish situation found expression, in the haptic nature of the contact (both destructive and constructive) between Catholic and Protestant that is to be found in this encounter, because for Heaney, the real that is to be found here is in that poetic language which allows the body to speak and which faces death and disaster with some gesture towards the transcendent, with some reaching towards the transcendent and towards the other.













10年前、「事件から30年」のときのベルファスト・テレグラフの記事。
http://www.belfasttelegraph.co.uk/imported/blood-in-the-rain-28255886.html
"After Kingsmills there was never the same intensity on either side," McCaughey says. "It was quite obviously the worst period of the Troubles in that, regardless of the killing rate, fear was at its height.

"I think Kingsmills forced people to ask themselves where they were going, especially the Protestant support base, the civilian support base - the people who were not members of the UVF but would let you use a building or a field.

"Those people, many of them withdrew. It wasn't because of anything the UVF did. It was fear of retaliation as such."


※まだ少し、書き足すかも。

※この記事は

2016年01月05日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 19:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼