kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年11月21日

「なぜパリのことは大ニュースになるのか」論 (2・続): ラッカより。「爆撃が続く30分間は、ISISは逃げることで頭がいっぱいになり、私たちは自由になる」

空爆の様子を伝えるラッカからのツイートの紹介のページが、分量が一杯になってしまっているので、その続きをこのページで書く。

先行エントリ:
2015年11月19日 「なぜパリのことは大ニュースになるのか」論 (2): では、シリアの人たちの声を、聞こうとした人は、いるのだろうか。
http://nofrills.seesaa.net/article/429914312.html


以下、ISISに占領され、「厳格な」と形容される体制下に置かれているラッカで、ISISがシリアに来る前から反宗教勢力(世俗主義)の立場で活動してきた反アサド政権の「革命」活動家集団、「ラッカは静かに殺されつつある Raqqa Is Being Slaughtered Silently」のツイッターから、英語のツイートを貼りこみ、その下に対訳をつける(「対訳」の形式にはするが「逐語訳」はしない。全部を並べると重複が多いためであり、何かを意図的に省いているのではない)。このようなことをする場合は「NAVERまとめ」を使ったほうが作業が早いのだが、本稿はブログにする。

この活動家たちの英語はときどき危うくなるので、そういうところは当方が推測して妥当と思われる解釈をしている。そういう点について翻訳上の異論はあるかと思うが、その場合、Twitterで本稿のURLを含めてご指摘いただければ幸甚である。なお、全般的にあまり厳密な翻訳にはしていないが、言ってもいないことを言っていることにしているなどの作為的な解釈はしていないつもりである(していたらご指摘いただきたい)。

なお、日本とシリアの時差は7時間である(現地で0時=日本で7時)。
http://www.time-j.net/WorldTime/Country/SY

先行のページで埋め込んだツイートの最後のもののタイムスタンプが 2:36 PM - 17 Nov 2015 で、その次が:



「今日行なわれたフランスの空爆のひとつが、ラッカ市北部、ISIS本部の駐車場を標的とした」








「ISISの戦闘員はラッカの人々を始終怖がらせているが、戦闘機が飛んでくるとネズミのように逃げて、民間人や民間人の建物の中に身を隠す。ISIS戦闘員が、戦闘機は行ったかと質問してくるのが非常に気分がよいので、女の人の中には(顔を覆う)ベールを着けずにバルコニーに出て、新鮮な空気を味わう人もいる。ISIS戦闘員は戦闘機が怖いので、おい、そこの女、外に出るな、ベールをかぶれ、などと叫ぶことはしないからだ」






「確かに空爆はこわい。パニック状態になる。けれども、その30分の間は、ISIS戦闘員がISISの決め事を気にかけることもせずただ逃げ出すことを考えている。それによって、少なくとも30分間は、ISISの残忍な体制から自由でいられる」




「ラッカ市、戦闘機による空爆が2度」




「ラッカ市を標的とした空爆が15回。市内で大爆発」




「午後10時から10時42分までの間に、15回の空爆があった。ISISは(戦闘機を)撃ち落とそうとしている」




「市の北西の端で送電停止」




「(先ほど2度の空爆とツイートした件だが)戦闘機によるものではなく、ロケットによる攻撃のようだ。標的となったのはAmn AlDawla地区である」




「新たに戦闘機による空爆があり、これで現時点で爆撃は16回となった」




「ラッカ、上空の戦闘機の音」




「16度目の空爆の音」




「空爆が標的とした場所のいくつかは、Edkhar地区からHaoud地区にかけて。国立病院の近くである」




「ラッカの病院によると、今日の空爆でも民間人の死傷者は出ていない」

このころ、この前日もだけど、Twitterでは「ラッカでフランスの空爆で民間人死者が出ている」という話が流されていた。「民間人犠牲者」については、先行のページに書いてあるが、Raqqa_SLのアカウントはかなり強い口調で誤情報の拡散を指摘し、「空爆で民間人死傷者が出た場合には、私たちの団体が最初に報告します」と宣言している(病院筋とつながっているこのアカウントを信頼しない理由はない。このやり方は、ガザ地区での死傷者情報の扱い方と基本的に同じ)。
https://twitter.com/Raqqa_SL/status/666488008363913216
https://twitter.com/Raqqa_SL/status/666488585420455936
https://twitter.com/Raqqa_SL/status/666488900102307840




「ISISはラッカ市内のインターネット・カフェをすべて閉鎖。ISISはすべての人に対しセキュリティ・チェックを実施しようとしている。チェックに通った人は、ネット・カフェのライセンスが得られる」




「ISISはインターネットを閉鎖し、衛星放送のアンテナ類も取り上げている。ラッカのことや空爆のことについて(外部に)報告する活動を突き止めようとしているから」

ちなみに、Raqqa_SLのアカウントは、以前どこかの記事で説明されていたが、ラッカの内と外の安全な場所をつないで何人かの集団で運営されている。英語の文体やクセがときどき変わるのはそのせいだろう。

細心の注意を払ってはいるが、それでも彼らはISISの暴力の対象となっており、10月下旬にはウルファで、イブラヒムさんというメンバーと、彼の友人のファレスさんという人が家で殺されている。
https://twitter.com/Raqqa_SL/status/660020449938681856

Isis beheads 'Raqqa is Being Slaughtered Silently' activist and friend in Turkey
http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/isis-beheads-raqqa-is-being-slaughtered-silently-activist-and-friend-in-turkey-a6714911.html


ウルファについては、アンナ・エレル(本田沙世訳)『ジハーディストのベールをかぶった私』(2015年、日経BP社)の263ページに次のようにある。ビレルというフランス人ISIS戦闘員が、ネットで接触してISISに引き入れた「花嫁」のメロディ(だとビレルは思っているが、実際にはジャーナリストのアンナ)をシリアに来させるため、手順を指示している場面だ。
「いいか、少し黙って、俺の言うことをよく聞け。何も難しいことはない。イスタンブールの空港に着いたらウルファ行きの切符を二枚買うんだ。たいしてかからない、一枚50ユーロだ。買うのは片道だ、現金を使え。わかったな!……」

 ウルファ? そんなところに行くなんて自殺行為ではないか。シリアからキリスと同じくらいの距離にあるトルコの街だ。現在、完全にISの支配化にある街。それではシリアに行くのと変わらない。……絵葉書にある古代遺跡の城が崩壊の危機にある町。

――アンナ・エレル(本田沙世訳)『ジハーディストのベールをかぶった私』2015年、日経BP社、p. 263
ジハーディストのベールをかぶった私






「いくつもの新聞(記事)が、爆撃での一般市民の死者は出ていないとして、なぜISIS本部が爆撃されていないのかと述べている。ちなみにISIS本部は一度ならず爆撃を受けているが、建物が大きく、ISISは爆撃を受けたあとでもそれらの建物を使っているし、それにISISは頻繁に本部の場所を変更している」(ということを言っているのだと思う。英文がかなり壊れているのでイマイチ不確か)




「フランスの戦闘機に爆撃された場所のひとつ。大きなISISの本部の建物だ」




「これも昨日のフランスの空爆場所のひとつ。ISISの訓練ベース」




「昨日のフランスの空爆場所のひとつ。ISISの治安本部」




「同じく、昨日のフランスの空爆地点。ISISの武器庫」




「速報、30分前に5度の爆発」




「この空爆は人々のための燃料輸送のトラックを標的とした。7人死亡、8人負傷」




「今日の、ラッカ北部、第17ディヴィジョン近くのBader農場を標的とした空爆で、一般市民(民間人)7人が死亡し8人が負傷した」




「今日の空爆は、第17ディヴィジョン近くのBader農場のそば、Kasra地区、レンガ工場、燃料トラックを標的とした」




「速報、現在、ラッカに空爆があり、大きな爆発」




「ラッカ、ロケットが撃ち込まれ、大きな爆発が5度」




「ISISが家族を連れてラッカからモスルに脱出しているというニュースがありますが、嘘です(そんなことは起きていません)」




ブログのフィード。イスイス団がシリアの子供たちに何をしているか。

The Islamic State’s Molding of Syrian Children
Posted by: Hamood Almossa in Raqqa news 19/11/2015
http://www.raqqa-sl.com/en/?p=1549

ああ、これはひどい。「子ども兵」の問題。後藤健二さんもシエラレオネの事例について書いていらした深刻な問題。

4140811161子ども兵の戦争
P.W. シンガー Peter Warren Singer
日本放送出版協会 2006-06

by G-Tools

4811380010ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白
後藤 健二
汐文社 2005-07

by G-Tools


最近アフガニスタンで伸張しているISISに初めて密着しカメラで取材した米PBSのドキュメンタリーがつい先日放映され、そこでも子供たちの「洗脳」が……。

米PBSドキュメンタリー、「アフガニスタンのISIS」と「パキスタンのタリバン・ハンターたち」
http://matome.naver.jp/odai/2144781989150653701








「Raqqa_SLのメンバーのひとりが、ラッカの状況についてCNNのインタビューに応じた」。上述の子供たちのことについて。




「ラッカ市に戦闘機による空爆」




Raqqa_SLがRTしているツイート。@3z0oozさんはRaqqa_SLの設立メンバー。CPJ (Committee to Protect Journalists: ジャーナリスト保護委員会) での「シリアの市民ジャーナリスト、@3z0oozさんが、Raqqa_SLを代表して、報道の自由やISISとの戦いについて話をしている」。

この会合は下記のもの(エチオピア、マレーシアやパラグアイの人も参加しているが、ラッカの人についてのみ、いくつかツイートを貼る)。














この会合で話されたことは、Raqqa_SLの下記のブログにまとまっているのだと思う。






(これ、私がこのSloukという場所のことを何も把握していないし、調べるほど手間もかけられないから話がよくわからないのだけど)「Sloukの街の入り口、YPGの(ための)検問所の近くで、ISISのための(ISISを標的とした、ということか)カーボムが爆発」




「ラッカ市の西、Tabqah市の上空を戦闘機が複数飛んでいる」




「ラッカ市外周部にロケット弾3発が着弾、爆発音はしたが、戦闘機の音はしていない」




「昨日から今日まで、とても遠いところで爆発音がしていたが、何なのかはわからない。戦闘気による空爆だろう」




服装チェック。女性は例の黒いのと決まってるし、外を歩くということも原則ないので、これは男性市民についての話。「ISIS戦闘員たちが、ズボンの着用を禁止した。ハサミを持ち歩き、男性をチェックしてズボンは切っている。着用を許されているのはドレス(ワンピース状の服)だけだ」




「速報。ミサイルが4発、Abo Qbea'a地区に着弾。ラッカの西」




これも意味わかんない。「ISISがラッカの東のHamrat地区でお祭りをしている」


……と、今のところ、これがこのアカウントからの英語での最後のツイートです。またすぐに更新されるので、関心を持たれた方はこのアカウントをフォローしてください。

Twitterでフォローまではできないなという場合も、ブログはチェックしてみてください。
http://www.raqqa-sl.com/en/ 英語
http://www.raqqa-sl.com/ アラビア語

FBもありますが、多くはアラビア語です。
https://www.facebook.com/Raqqa.Sl

というか、「なぜパリばかりが注目されるのか」と仰るような方は、きっともうチェックされてますよね、このブログやこのTwitterアカウントは。その上で、パリでのあまりに卑劣な民間人だけを対象とした襲撃への注目の度合いが過剰だと憤っておられるのですよね。



本稿のような内容なら「NAVERまとめ」を使えば、労力も時間も半分くらいで済む(このようなブログを作成する手間を軽減してくれるツールが「NAVERまとめ」である)のだが、そうしない理由について。







※この記事は

2015年11月21日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 14:20 | TrackBack(1) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

これでも人は言う、「さすがテロリストだな、子供をダシに苦境をでっち上げている」と――戦争の兵器としての飢餓 (1) #SaveMadaya
Excerpt: 「イスラム国」を自称する勢力(ネットスラングで「イスイス団」、本稿では「ISIS」と表記)が乗り込んでいって、勝手に首都にしてしまっているシリアの都市、ラッカ。1月8日(金)も、英語圏メディアで大きな..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2016-01-09 06:30





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。