kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年11月19日

「なぜパリのことは大ニュースになるのか」論 (2): では、シリアの人たちの声を、聞こうとした人は、いるのだろうか。

いや、シリアに限らず、イエメンの人たちの声も、トルコでイスイス団の爆弾の標的とされた人々の声も、エジプトの、イスイス団の「集団処刑の映像」の素材にされてしまったコプト教徒の人々の声も、リビアで「革命」をイスラミストや軍閥に奪われた世俗主義の若者たちの声も、チュニジアでイスラミストのガンマンが観光客を襲ったために収入が得られなくなっているであろう観光業関係者の声も、イラクでスンニ派武装勢力・サダムの残党の暴力におびえながら政府側のシーア派民兵の暴力にさらされている人々の声も、パレスチナでイスラエルに家屋を破壊されながらイスラム主義への抵抗を呼びかける人々の声も、etc, etc.

「A」という事象について何か発言をしている人や機関に「Bについては取り上げないのかー」と意見する、ということはよくある。それが俗に言う「脊髄反射レベル」でなされるようになった場合、"とにかくwhat aboutと言ってみせるだけの簡単なお仕事" 的な意味で、whatabouteryと言う。特に、議論において非生産的な場合に用いられる。北アイルランドで「IRAのテロの犠牲者」について述べると、「UDAのテロの犠牲者のことはどうなんだ」という反応がある、というようなものだ。

今回のパリでの同時多発テロについての報道や発言に対し、「なぜパリのことばかり」とか「ベイルートはどうなんだ」などと述べるというのは、Twitterなどのお手軽な「思ったことを書ける場」では、多くの場合は大して中身のない、whatabouteryだろう。

しかしすべてがそうではない。

「なぜパリにばかり注目が」という、一見とても正当でわかりやすい「指摘」が日本語圏でもなされている(というか大流行している)が(下記参照)、そういう「指摘」の中には「素朴な疑問」ではないものもあるし、今のネットはプロパガンダがあふれているということを前項で書いた。



本稿では、ラッカからの声を集中的に見ていく。最近、英語圏のメディアでも「情報源」として参照されることがぐんと増えてきたラッカの反アサド・反ISISの活動家集団、「ラッカは静かに殺されつつある Raqqa is Being Slaughtered Silently」のアカウントからいくつかツイートを紹介する。

以下、ツイートを貼りこみ、その下に対訳をつける(「対訳」の形式にはするが「逐語訳」はしない。並べてみると、重複が多いためである)。「NAVERまとめ」を使ったほうが作業が早いのだが、本稿はブログにする。

この活動家たちの英語はときどき危うくなるので、そういうところは当方が推測して妥当と思われる解釈をしている。そういう点について翻訳上の異論はあるかと思うが、その場合、Twitterで本稿のURLを含めてご指摘いただければ幸甚である。



「パリでの攻撃(テロ)を私たちは非難します。事態に関係のない(罪のない)すべての人々が安全であることを願っています」



「これらの(テロ)攻撃は、私たちがシリアにおけるテロリズム、つまりISISとアルカイダに対して戦わなければ続くことになる。みなさんともにテロリズムに対抗しましょう」



「まずはラッカをISISから解放することが、世界中のテロリストの攻撃を止めるための第一のステップです。アサド政権を倒すことは第二です」

これを見たとき、私は少なからぬショックを受けた。ラッカのこのアカウントは、反アサドの「革命」の若者たちのアカウントだ。緑と白と黒に赤い星の「革命」の旗(FSAが使っていたもの)がはためくラッカの写真(ISISが来る前のもの)を誇らしげにツイートしていたアカウントだ。

今も(かなり最近変更されたように思うが)、緑と白と黒の旗に彩られたラッカの町の写真を、ページトップのバナーにしている。

raqqasl-newbanner1.png

@Raqqa_SL のアカウントは、そのあと、パリの同時攻撃についてISISの犯行声明が出たというツイートを挟んで、次のように続いている。



"Translated from Arabic by Bing:
#الرقة_تذبح_بصمت #Raqqa #ISIS #Syria Air raid from the air by about half an hour targeting street light"
※「街灯を標的として」というのは、誤訳だと思う。。。



「Alnoureストリートを標的として、戦闘機による空爆。30分前。戦闘機2機がラッカ市の上空を飛んでいた」



「ドローンが2機飛んでいる。1機は大きくて白い。こんなの初めて見た。ISISがそれを撃ち落そうとしている」

そして彼らは、アバターをこのように変更した。






「ラッカ国立病院近くに空爆2回」



「ラッカのダウンタウンに、3度目の空爆」



「ダウンタウンに4度目の空爆」



「5度目の空爆」



「空爆のひとつは、時計塔の近くにあるイスラム法廷を標的とした」(先日、モハメド・エムワジを標的とした米軍の攻撃が行なわれたのが、イスラム法廷に隣接する地区でのことでしたね)



「空爆のひとつは、タル・アブヤド・ストリートのAl-Khoder薬局近くを標的としていた」



「大モスクの近くのAl-Hason地区を標的とした空爆もあった。死傷者が出ている」



「Al-Hason地区では空爆で、女の子を含む5人が死亡」



「TalAbaydに侵入しようとしたISIS戦闘員のグループとYPGの間で衝突」



「なぜISISの総本部が爆撃されていないのかというご質問を多くいただきました。なぜなら、総本部の地下が監獄だからです(中に人々がとらわれている)」(戦術としては「人間の盾」ですね)



「その監獄に入れられているのは、一般市民や罪のない人々です」



「以前の映像ですが、フランス人のISIS戦闘員の姿」



(この作品に署名のあるアーティストについても書こうと思ってます)



「空爆で消防署が標的に」(これはいけません)



ジャン・ジュリアンさんの「ピース・シンボル feat. エッフェル塔」の絵を掲げるドゥーマ(ドーマ)の人々。ドゥーマにはアサド政権軍とロシア軍の攻撃が加えられていますが、その標的は、ISISではなくアルカイダでもない反アサド政権の人たちが掌握している地域です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Douma_massacre_%282015%29



@Raqqa_SLとは別のアカウントからだけど、ドゥーマからはこの写真も。Prayers for Paris(パリのために祈りを捧げます)と、Pray for Syria (シリアのために祈ってください) が別々のハッシュタグで並べられ、「ISISはイスラムではありません」も。






「ダウンタウンに戦闘機による空爆があり、大きな爆発」



「ラッカの空に戦闘機が何機か飛んでいる」



「空爆が2回」



「ドローンがたくさん飛んでいる」



「わたしたちはイスラム教徒ですがテロリストではありません。そしてありがとう」



「空爆が6回」



「空爆のあと、市内全域で水道や電気が止まっています。市の上空を戦闘機が飛んでいます。1機ではないみたい」



「さらに2度の空爆。これで全部で8度の空爆があったことに」



「9度目の空爆があり、まだ戦闘機が飛んでいます。市内全域で送電停止に」



「また空爆。10回目」



「ここまでの空爆の回数は15回を超えました。市内で銃撃の音がしています」



「さらに2度の空爆。合計17回」(数えている範囲で、ということですね)



「さらに3度の空爆。合計20回」



「21回目の空爆」



「22回目」



「空爆が原因で、一般市民の間でパニックに」



「空爆、No. 23」



私がちょっとつらくなってきました。休憩。

サラーム・パックスの日記の2003年3月21日からの数日分を思い出しますね。

4789721647サラーム・パックス―バグダッドからの日記
サラーム パックス Salam Pax
ソニーマガジンズ 2003-12

by G-Tools












「ラッカ上空を飛ぶ戦闘機の音です」(リンク先でご確認を)この音については「スホーイ24ですね」との指摘。





「さらに空爆、これで24回目」。このあとしばらく間が空いていて……



「30回目」



「空爆の標的となった地点は、例えば、スタジアム、Foresa地区(Forestの間違い? つまり「森」)、博物館、診療所と病院、政治組織の建物」

博物館……

病院……

誰がそれを爆撃しているのだろう。スホーイ? それともフランスの? あるいは米国を中心とする連合軍のどこか?

と、ここで……



「ラッカを爆撃しているのはフランスのようだ」



このツイートはラッカ空爆での「軍事標的」の列挙。前衛キャンプ、第17部、家禽飼育エリアなど。

このころ、TwitterではRaqqaというワードがトレンドしていた。









ダニエルさんのこの言葉に、「爆弾でカタがつかないということはない。日本人に聞いてみればわかる」という英語のリプライがある。どんな顔をしてそういうことを言っているのだろうと思う。



「いつだって影響をまっさきにこうむるのは私たち。悲しいことです。神様どうかお恵みを。ラッカの一般市民をどうかお救いください」



「現状、水も電気も止まっています。空爆のため」



「ラッカの東、Maddan市に戦闘機による空爆」



「ラッカの病院によると、今のところ戦闘機による空爆での一般市民の死傷者は出ていない」



「北部、EynEssa市で爆発音」



「戦闘機が戻ってきた」



「EynEssaに入ろうとしていたISIS戦闘員を連合軍の戦闘機が標的として3度爆撃」









フランスの攻撃で標的とされた地点をマッピング。家禽養育施設は、アメリカ人支援活動家のKayla Muellerさんが犠牲になった空爆で標的とされた場所だとのこと。



「フランスの戦闘機の音」



「ラッカ、水道と電気が復旧」



「この写真は本物ですか。だとしたらとても悲しいことです」

この写真は本物。ただしフランス軍ではなく米軍。








「大爆発」



「大爆発が3度」



「戦闘機による空爆が4度あり、大爆発」



「さらに2度」



「また空爆があり、これまでに合計7度」



「空爆のほとんどは市の南部を標的としています」



「また、今日の空爆はフランスによるもの」



「フランスの空爆でおおぜいの民間人死者が出ているということを言ってる人たちがいます。コンファームできているのでしょうか。今のところ、民間人死者はゼロです」





「なぜ、ラッカで一般市民が殺されているなどという嘘とプロパガンダを言う人たちがいるのかはわかりません。彼らなりの理由があるのでしょうが。ただどうか世界中にわかっておいていただきたいのは、空爆で民間人死傷者が出た場合に最初に報告するのは私たちの団体だということです」



「爆撃を行なうのが連合軍であれフランスであれアメリカであれロシアであれシリア空軍であれ、民間人がやられた場合は私たちはそう言います。だから、嘘を広めるのはやめてください」



「もちろん、爆撃や爆発でおびえている人々など見たくはありませんが、ISISをラッカから除去してくれる行為は私たちは支持します」

※いったんここまで。ページが長くなっているので、この先はまたページを改めます。

→続:
「なぜパリのことは大ニュースになるのか」論 (2・続): ラッカより。「爆撃が続く30分間は、ISISは逃げることで頭がいっぱいになり、私たちは自由になる」
http://nofrills.seesaa.net/article/430022716.html



20日未明: 自分で読み返して気づいた脱字・誤訳箇所を修正した。また、本稿のような内容なら「NAVERまとめ」を使えば、労力も時間も半分くらいで済む(このようなブログを作成する手間を軽減してくれるツールが「NAVERまとめ」である)のだが、そうしない理由について、やはり一言添えておくことにする。






※この記事は

2015年11月19日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 12:55 | TrackBack(2) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

「なぜパリのことは大ニュースになるのか」論 (2・続): ラッカより。「爆撃が続く30分間は、ISISは逃げることで頭がいっぱいになり、私たちは自由になる」
Excerpt: 空爆の様子を伝えるラッカからのツイートの紹介のページが、分量が一杯になってしまっているので、その続きをこのページで書く。 先行エントリ: 2015年11月19日 「なぜパリのことは大ニュースになる..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2015-11-21 14:36

これでも人は言う、「さすがテロリストだな、子供をダシに苦境をでっち上げている」と――戦争の兵器としての飢餓 (1) #SaveMadaya
Excerpt: 「イスラム国」を自称する勢力(ネットスラングで「イスイス団」、本稿では「ISIS」と表記)が乗り込んでいって、勝手に首都にしてしまっているシリアの都市、ラッカ。1月8日(金)も、英語圏メディアで大きな..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2016-01-09 06:30





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。