「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年09月13日

「党内野党」だったあの人が、「党首」になったよ。ブレアにうんざりしてた左派知識人も随分戻ってきてるよ。

英労働党党首選でジェレミー・コービンが、1994年のトニー・ブレアを軽くしのぐ勢いで党首に選ばれた件。「副党首」が「濃い」人になるというのは通例であるにせよ、トム・ワトソンですよ、奥さん、というのも含めて(あと、ロンドン市長選候補がサディク・カーンなの)。

英労働党党首にジェレミー・コービン、副党首にトム・ワトソン(2人そろって「トムとジェリー」か)
http://matome.naver.jp/odai/2144207286346994001


要点だけ言えば、
これで(ようやく)
労働党内のブレアライト(トニー・ブレア支持者)が一掃されましたよ

他の話は「NAVERまとめ」のページで(転記する気力はない)。

ちなみに個人的には、アンディ・バーナムが好きなんです。ヒルズバラの悲劇の真相究明の実現の日のスピーチはぜひ聞いてほしい。"Should have been" というフレーズをこのスピーチで自分の中に刻み込みたい。
http://www.bbc.com/news/uk-politics-19567752

バーナムは25周年の記念の日にスタジアムでスピーチしたんだけど、そのときの「鳴り止まない拍手」は、本当にすごい。バーナムはリヴァプールFCではなくエヴァートンの熱狂的サポで、そういう「垣根」も乗り越えた(大変だったと思う)。「人の命」というのはそういう問題で、「国家による隠蔽」というのもそういう問題。



バーナムが党の中心で仕事をする日はきっと来ると思うし、こういう「価値観」は今の英国ではかなり広範に共有されているものなので(その一方で、まあ、いろいろありますけどね)。

個人的には、コービンのような「フリンジ」の人(この党首選の結果は「フリンジ」はもはや「フリンジ」ではないということ、あるいは最初からそもそも「フリンジ」などではなかったということを示してます)が中央に来たということで、ブレイディみかこさんがおっしゃっている通り「彼(ジェレミー・コービン)は一人のアクティヴィストから、指導者へと変貌しつつある」

これからですね。

今のコービンには、80年代の(その後「伝説的」と呼ばれた)GLC時代のケン・リヴィングストン(彼がいかに「すごい存在」だったかを、私は複数のロンドナーから直接聞いている)のような「存在」になってほしいという期待と希望が寄せられているわけで、それがこれからどうなるか。

すでに、ケン・リヴィングストンを最後にうんざりさせたのと同じ「ネタ」(「反ユダヤ主義」のレッテル貼り)は、コービンについても用意されてます。

ちなみにジェレミー・コービンはガナサポです(地域がそうだし)。






ちなみに、個人的に、北アイルランドをウォッチしているのがデフォという画面で、少しオフラインにしたあとで接続して最終確定結果を知ることになったので、なぜかシン・フェイン経由で労働党党首の決定を知るという妙なことになってしまいました。



※この記事は

2015年09月13日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 20:50 | TrackBack(2) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

IRA支持に反ユダヤ主義……ジェレミー・コービンが労働党トップになって24時間経つか経たないかのうちに、実に騒がしい。
Excerpt: さて、ジェレミー・コービンが労働党党首になって、労働党は「オフィシャル・オポジション Official Opposition」なので、「影の内閣/シャドウ・キャビネット Shadow Cabinet」..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2015-09-15 01:04

キーワードはkind, caring... 労働党党大会でのジェレミー・コービン党首のスピーチ
Excerpt: 9月27日から30日の日程で、ブライトンで労働党の党大会が開催されている。 http://www.labour.org.uk/pages/annual-conference-2015 ブライトンでの..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2015-09-30 07:00

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼