kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年03月27日

エアラインが採用時に精神的健康チェックを行なっていても、「意図的に墜落させる」ということが起こりえる、ということ。

ジャーマンウィングス社の飛行機が墜落した件は、機長がトイレに行っていた間にコクピットで1人になっていた副操縦士が、トイレから戻ってきた機長を締め出した状態で、意図的に山に激突したと考えられると、墜落現場のフランスの検察当局が述べた。

それが明らかになってすぐに、私が見ていたニュースサイトのフィードはそのニュース一色になったが、その前にすでにそういう話が出ていた。




……ということを聞いてすぐに思い出したのが、「心身症」という言葉を社会に定着させた日航機の「逆噴射」だ。当時の小中学生のほとんどは、この墜落に関する悪趣味な冗談や、ひどい場合にはいじめに至った事案で、学校で先生にお説教を食らうなどしているはずである。うちらも全校集会で校長先生からお説教を食らった。

1982年のこの墜落事故のあとで、エアライン各社の操縦士のメンタル・チェックが厳格化された、というようなことを私は聞きかじっていたと思うのだが、どうもそれは思い込みだったらしい。











……このように、報道機関・記者によってトーンがまるで異なっているのだが、要はルフトハンザ(ジャーマンウィングズの親会社)では、パイロットの採用時に身体的健康チェックと精神的健康チェックを行なっており、身体のチェック(健康診断)は毎年行なっているが、精神面のチェックは採用時に一度行なったらそれっきりだという。

私はそこで思い込みをしていたのかもしれない。つまり1982年の日航機の事故のあとで厳格化されたのは採用時の精神面のチェックで(当時の精神医学の発達に応じた何かもあったのかもしれない)、採用後の定期診断のことではなかったのに、採用後に定期診断がなされていると思っていたのかもしれない。あるいは実際にそういう話をどこかで見聞きしたのかもしれない。はっきりとは覚えていない。

いずれにせよ、1982年の日航機の事故(後に機長は「精神分裂病」、つまり今の用語で言う「統合失調症」と診断され、責任能力は問えないとして不起訴になった)でも、機長は採用時から精神の病の兆候を見せていたわけではないのだが。

で、アメリカでは「操縦担当者を1人っきりにしない」という決まりがあるそうだが:






欧州ではこれがなかった。

それが、今回のジャーマンウィングズ事故で改められることになりそうだ。既にLCCのイージージェットなどでは「常に2人」を義務化すると発表している。

Budget airline Easyjet to require two crew on flightdeck
http://www.bbc.com/news/uk-32075657

Budget airline Easyjet has said it will require two crew members to be in the cockpit of its aircraft at all times.

The change, effective from Friday, comes after UK airlines were told to review procedures following Tuesday's Alps crash in which 150 people died.

The Civil Aviation Authority (CAA) said in a statement they will "continue to monitor the situation" as the crash investigation develops.

Meanwhile, Air Canada and Norwegian Air Shuttle have announced similar plans.


こういった点について、今回の事故の前の記事を検索してみたら、ちょうど1年前のMH370便の行方不明についての記事が出てきた。

Pilots’ sanity a worry amid jet mystery
Mar 24, 2014
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/03/24/asia-pacific/pilots-sanity-a-worry-amid-jet-mystery/
※掲載はJTだが中身はAP

the mystery has raised concerns about whether airlines and governments do enough to make sure that pilots are mentally fit to fly.

“One of the most dangerous things that can happen is the rogue captain,” said John Gad-zinski, a Boeing 737 captain and aviation-safety consultant. “If you get somebody who − for whatever reason − turns cancerous and starts going on their own agenda, it can be a really bad situation.”

Malaysia Airlines said this week that its pilots take psychological tests during the hiring process.

Many U.S. airlines also perform mental health screenings when pilots and crew apply for jobs.

“The airlines have a lot of data on what a successful pilot looks like, and the mental aspect is a big part of that,” said Brad Tate, a pilot for a leading U.S. airline. He said he has known applicants who were rejected because of their performance on a standardized mental test.

“I have never once flown with somebody who I questioned their mental health,” Tate said.

Once a pilot is hired, however, U.S. airlines rarely if ever test a pilot again for mental health, say several experienced pilots. According to Federal Aviation Administration rules, U.S. pilots must pass a physical exam annually or every six months, depending on their age, but there is no specific requirement for a mental health test.


やはり、アメリカでも、身体的な健康チェックは毎年(あるいは半年ごと)に受けるよう義務化されているが、精神面ではそうではないという。

Gregory Ostrom, a doctor in Elgin, Illinois, estimates that he has seen 200 pilots a month for the past 13 years. The most common mental issue he sees is obsessive-compulsive behavior − pilots are perfectionists. But he admits that his examinations aren’t psychiatric in nature.

Ostrom said he relies on his experience observing patients to know whether to question a pilot’s emotional state. About once every three years he is concerned enough to refer somebody to the FAA for a decision on mental fitness, and those are almost always student pilots, he said. Even if there is a formal psychiatric review, Ostrom is not sure that it would make flying any safer. People can snap months after seeming normal during an exam.

“A person who is suicidal today may not have been for the last 10 years, but his circumstances may have changed dramatically,” he said.


APのこの記事の最後が、1982年の東京での「逆噴射」だ。

A top aviation official in Mozambique said that a preliminary investigation into a November 2013 crash that killed 33 people pointed to a deliberate act by the pilot, who apparently locked the co-pilot out of the cockpit. The investigation is continuing.

In 1999, U.S. investigators determined that the co-pilot of an EgyptAir plane deliberately crashed into the Atlantic after takeoff from New York’s John F. Kennedy International Airport. All 217 people on board died.

In 1997, SilkAir Flight 185 plunged into a river in Indonesia, killing all 104 aboard. U.S. investigators said that the pilot probably crashed on purpose, but an Indonesian investigation was inconclusive.

In 1982, a Japan Airlines jet plunged into Tokyo Bay while approaching Haneda airport. The captain, who had previously been grounded for mental illness, reversed some of the engines. Twenty-four of the 174 people on board were killed.


※この記事は

2015年03月27日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 07:00 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼