kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年02月22日

「フーリガン」のニュースが、まだ終わらない。

「チェルサポの人種差別」の件に関するニュース、情報がちょろちょろちょろちょろと流れてくる。試合があったのが火曜日(21日)で(チェルシーの観客の何人かがパリのメトロで黒人男性にいやがらせをしたのは試合開始前)、翌日の水曜日(22日)にはパリで観戦してた英国人はロンドンに戻ってきていたのだが、そこでもやらかしていたということが土曜日になって報じられた。パリのメトロでの一件は、たまたまその場にいた英国人ジャーナリストが携帯電話のカメラで撮影した映像をガーディアンに送ったことから発覚したのだが、もしその場にそのジャーナリストがいなかったら、あるいは携帯が充電切れか何かで撮影できていなかったら、そもそも報じられていた可能性も極めて低く、したがってロンドンで水曜日の朝にやらかしていたということは、一顧だにされなかったに違いない。




ロンドンの地域メディア、イヴニング・スタンダードの、21日(土)付けで記事より。

Chelsea fans were today at the centre of a fresh racism storm as police launched an investigation into "disgusting" chanting at London's Eurostar terminal.

...

Detectives are now investigating claims some of the club's fans were heard singing racist chants in London on Wednesday evening after returning from the French capital following Chelsea's 1-1 draw with Paris St-Germain at Parc des Princes.

つまり、水曜日の夕方、ユーロスターを使ってパリからロンドンに戻ってきた「チェルシーのファン」が、到着駅(ロンドンのセント・パンクラス駅)で人種主義のチャントをしていたとのことで、警察が調べている。

この記事が出るまでに、クラブは5人を入場停止処分にしており、パリでの一件についての警察の調べも進められている。

同じく21日付けのBBCの記事は、チェルシーがホームのスタンフォード・ブリッジにバーンリーFCを迎えて行なわれた土曜日の試合でのマッチ・デイ・プログラムや観客席の様子も伝えている。
http://www.bbc.com/news/uk-31564836

土曜日のマッチ・デイ・プログラムには、キャプテンのジョン・テリーの言葉も掲載されているという。
Lifelong fan Keith Benson, 36, said the fact that captain John Terry had been accused in 2012 of racially abusing QPR defender Anton Ferdinand had set a bad example to some younger supporters: “They look up to Terry. It might have made racism more acceptable.”

Perhaps mindful of his past, Terry moved to denounce the racists in Paris. Writing in the match programme, the 34-year-old said: “The club stand against all forms of discrimination. What happened on the Paris Métro is unacceptable.”

http://www.theguardian.com/football/2015/feb/21/chelsea-fans-condemn-paris-racism


自分の暮らす町で普通に日常の生活をしているときに、「外国人」の集団によってひどい目にあわされたあの男性(スレイマン・Sさん)は、オランド大統領からもメッセージを受け取っているという。エリゼー宮のツイート(via BBC):




チェルシーFCはスレイマン・Sさんに謝罪し、スタンフォード・ブリッジで行なわれるパリ・サンジェルマンとの試合に招待したが、彼は「招待はありがたいが、とてもそのような気分にはなれない」としてこの招待を断った。




また、マンチェスター・シティの試合ではこのような光景が見られたそうだ。




今回の一件は、あの暴言を吐いた集団の中に「昔ながらの人種主義者」の典型である「差別主義のチンピラ racist thugs」に該当しない人物もいた(パブリック・スクールを出て金融の仕事をしている21歳の男がいた)ことでも、どんよりとした気分になる。今21歳というと、欧州でフーリガンが大問題になっていた時代をまったく知らない世代だ。あらかじめ、あのような行為は「過去のもの」であった世代の若者が、あの場にいたということの意味は、どう取ればよいのだろう。

それから、チェルシーFCがいかに「人種差別にNO」と言おうと、それが「(本音とは別にある)建前なのではないか」と懐疑的に見られるのは、正直、「チェルシーだから仕方がない」と思うのだが、ほかのクラブにとって、「あのような醜い人種主義は無縁」と言える(もしくは「言い続けていられる」)状態は、チェルシーを冷たい目で見ていれば保たれるというわけでもない。

ほぼ同じタイミングでローマではオランダのフェイエノールトの「ファン」が大暴れして、スペイン広場のところにあるピエトロ・ベルニーニ作の噴水を破壊した。














ドイツでは、ドイツ人がISISなどイスラム過激派に加わっているというニュースが報じられる一方で、「反イスラム過激派」を掲げたデモが行なわれているが(ペギーダ: Pegida)、サッカー・フーリガンの統一行動も報告されている。下記は2014年10月のケルンでの5000人に近い規模のデモの報告など。


Demonstrations held by the far-right group Hooligans against Salafists − also known as HoGeSa − have recently gained momentum in Germany, as they organize marches in cities across the country. While the group claims to be protesting against Islamist extremism, the movement is widely accused of harnessing Islamophobia as a means of spreading racism.

VICE News followed the Hooligans against Salafists movement from its first full-blown demonstration-turned-riot in Cologne, which was attended by 4,800 people. We also met with Islamic campaigner Sven Lau, who recently rose to infamy by starting a “Sharia Police,” and has consequently been used as a prominent example of the “Islamic invasion” of Germany by the HoGeSa movement.


「テロといえばイスラム過激派」という風潮になっているなかで忘れられがちだが、「世界同時革命」的な思想は(極左だけでなく)極右の側にもある。そういうのも含めて、なんかとても嫌な雰囲気だ。

フーリガン戦記フーリガン戦記
ビル ビュフォード Bill Buford

サッカーの情念(パッション)―サポーターとフーリガン フットボール・ファクトリー CBX-5 [DVD] フーリガンの社会学 (文庫クセジュ) ダービー!!―フットボール28都市の熱狂

by G-Tools


上で見たガーディアン記事に、とても気になることが書かれている。
http://www.theguardian.com/football/2015/feb/21/chelsea-fans-condemn-paris-racism
But while things are undoubtedly better, an ugly element remains affiliated to the club. Supporters on Saturday said that while they are rarely seen at Stamford Bridge, they can be conspicuous on away matches, particularly European ties.

Roy, from Dublin, has followed the team home and away for 30 years. He was in Moscow for the 2008 Champions League final, but had noticed recently a disturbing phenomenon.

The anti-IRA songs were hard to ignore, but part of a nascent nationalism that has been creeping into the repertoire of Chelsea’s away following.

“There’s a lot of English songs and an increasing use of the St George instead of the Chelsea flag,” he said. “They don’t come to home games; they go abroad where they just seem to plumb the deeper depths of behaviour.”


Anti-IRA songsは、2008年にイングランドのクラブがホームを遠く離れた国際大会の試合会場で歌うようなものではなかったはずだ(グラスゴー・ダービーじゃないんだから)。そしてそれを歌うのは、UDAかUVF関連と決まっている。

※この記事は

2015年02月22日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 20:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼