「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2015年02月17日

「宗教冒涜」といえば……っていう書き換え・言い換えが堂々と行なわれ、「キリスト教」でのそれが見えなくされているのかもしれないが。

現地14日午後、つまりヴァレンタイン・デーに当たった土曜日の午後、デンマークの首都コペンハーゲンで、ひどい事件が発生したというニュースがあった。トークイベントの会場となっていたカフェを、男が攻撃用兵器で外から何十発も銃撃し、警官が負傷、民間人(=イベントに来ていた人、警官ではない人)が死亡したと即座に伝えられていた。銃撃犯はそのまま逃げており、続いて数時間後(現地日没後)に数キロ離れたシナゴーグで再度銃撃、こちらは頭を撃たれた人が数時間後に死亡が確定した。その後、容疑者は現地で夜が明けたころに張り込んでいた警察と銃撃戦になり、死亡した。

経緯は下記に記してある。

デンマークの首都コペンハーゲンで2件相次いで銃撃、2人死亡。容疑者射殺(2015年2月14〜15日)
http://matome.naver.jp/odai/2142393893824145201


デンマークに関しては、上記「まとめ」に入れてあるように「今までよく起きなかったな」という見方をすべきというシニカルな(「冷静な」ともいうかもしれない)視線もあるが、「ムハンマド戯画騒動」がそもそも2005年にこのデンマークで始まったということも、そろそろ改めて強調して伝えなければならなくなっているかもしれない。10年も経過している。

で、最初の銃撃があったカフェのトークイベントだが、これが日本語圏では「イスラム教と言論の自由に関する討論会」などと報じられている。



この「イスラム教と……」の部分の元は、このイベントに大使が出席していたフランスの大統領府が流したプレスリリースのようだが(→フランスのメディア報道の例もここにメモってある)、デンマークでの元の告知ではこのイベントのテーマは「イスラム教と言論の自由」ではなかった。デンマークの対テロの専門家の英訳によると、「芸術と宗教冒涜と言論の自由」だ。




で、欧州ではいつから「宗教冒涜 blasphemy」が「イスラム教」の話になったんですかね。私は忘れもしませんよ、1988年公開のこの映画の件。

表題は、十字架に架けられたキリストが、マグダラのマリアとの結婚から多くの子どもをもうけ、最期は普通の人間として死ぬという誘惑があったという解釈に由来する。幾つものキリスト教関連団体から抗議の声があがり、上映反対運動も巻き起こった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E8%AA%98%E6%83%91


B006QJSRT0最後の誘惑 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-05-09

by G-Tools


私自身、2005年(デンマークでのムハンマド戯画騒動)が起きる前、あるいはYouTube(2005年サービス開始)が普及して、人々が好きなように作るコンテンツが「宗教を(or神を)冒涜している」とかいう理由でパキスタンなどで接続禁止になる前は、「宗教冒涜」で激しい抗議行動が起きるなどするのはキリスト教世界の話だと思っていた。

上で見たスコセッシの映画『最後の誘惑』みたいなこともあるし、ウェストボロ何とかチャーチみたいな団体もばりばり現役だし、個人的にも、葬式仏教徒という体裁の無神論者である私はめんどくさいことになったこともある。

それに、20世紀後半の再評価を経て今ではすっかり美術展の「定番」となったラファエル前派だが、彼ら若い画学生が1848年にロンドンのガウアー・ストリートを拠点としてつるむようになって出した初期の一連の作品は、当時の画壇で「酷評」されていた。それを「新時代の潮流」的に弁護して救ってくれたのがジョン・ラスキンなのだが、それはさておき、初期の酷評の理由は、当時の「正統派」の絵画のお約束(遠近法、明暗法、仰々しいポーズと古臭い構図)を破っていたからだけでなく、そこに描かれていた「聖家族」の面々が、ぜんぜん神々しくもなんともなかったからだった。



ジョン・エヴァレット・ミレイのこの作品は、画面中央の手をけがした子供がイエス・キリスト、その横に膝をついている女性が聖母マリアなのだが、2人ともそうは見えないし、ヨゼフ(大工)の仕事場も平凡でいろいろ散らかってるし、とにかく「らしくない」。なぜこんなにリアルに描くのか。ありがたくもなんともないじゃないか。画家が「そのへんにいる人」をモデルにしたという事情もあり、当時のインテリ界隈には「宗教をばかにするのか」という声があふれた。そのように「酷評」したひとりが、かのチャールズ・ディケンズだ。

In 1850, the Pre-Raphaelite Brotherhood became the subject of controversy after the exhibition of Millais' painting Christ in the House of His Parents was considered to be blasphemous by many reviewers, notably Charles Dickens. Dickens considered Millais' Mary to be ugly. Millais had used his sister-in-law, Mary Hodgkinson, as the model for Mary in his painting. ... According to Dickens, Millais made the Holy Family look like alcoholics and slum-dwellers, adopting contorted and absurd "medieval" poses.

http://en.wikipedia.org/wiki/Pre-Raphaelite_Brotherhood


話が長くなるし時間もないのでこの辺でやめるけど、ミレイのこれと同じころのダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの「受胎告知」も、絵が下手だとかいう以前に、「大天使ガブリエルの裸をチラ見せするのは何なのか」とか「マリアは寝起きか」みたいな「らしくなさ」をめぐり、「宗教をバカにするのか」という酷評を浴びた。

そもそも2005年の戯画騒動のときに、英国のお歴々はこれ以上はないというくらいのドヤ顔で「わが国には宗教冒涜を禁止しようなどという向きはない」と主張し、その論拠としてモンティ・パイソンの例の映画を持ち出してきたのだが、それだって上映禁止されてたじゃんか、という。どんだけ健忘症なんだか。

Richard Webster comments in his A Brief History of Blasphemy (1990) that "internalised ensorship played a significant role in the handling" of Monty Python's Life of Brian. In his view, "As a satire on religion, this film might well be considered a rather slight production. As blasphemy it was, even in its original version, extremely mild. Yet the film was surrounded from its inception by intense anxiety, in some quarters of the Establishment, about the offence it might cause. As a result it gained a certificate for general release only after some cuts had been made. Perhaps more importantly still, the film was shunned by the BBC and ITV, who declined to show it for fear of offending Christians in the UK. Once again a blasphemy was restrained - or its circulation effectively curtailed - not by the force of law but by the internalisation of this law." On its initial release in the UK, the film was banned by several town councils – some of which had no cinemas within their boundaries, or had not even seen the film. A member of Harrogate council, one of those that banned the film, revealed during a television interview that the council had not seen the film, and had based their opinion on what they had been told by the Nationwide Festival of Light, a grouping with an evangelical Christian base, of which they knew nothing.

Some bans continued into the 21st century. In 2008, Torbay Council finally permitted the film to be shown after it won an online vote for the English Riviera International Comedy Film Festival.[16] In 2009, it was announced that a thirty-year-old ban of the film in the Welsh town of Aberystwyth had finally been lifted,...

http://en.wikipedia.org/wiki/Monty_Python%27s_Life_of_Brian#Religious_satire_and_blasphemy_accusations


モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン [Blu-ray]モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン [Blu-ray]

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル [Blu-ray] モンティ・パイソン・アンド・ナウ [Blu-ray] モンティ・パイソン/人生狂騒曲 [Blu-ray] モンティ・パイソン ノット・ザ・メシア [Blu-ray] モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 ~グレアム・チャップマン自伝~3D [Blu-ray]

by G-Tools


ほかにも、「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」のようなキリスト教のパロディに言及するときは誰だってそれなりに気を使ってるし、God is dead的なことを歌うロックバンドのファンだといえば「暴力的」とプロファイルされるという現実もある。

それに、アイルランドなんざ今でもBlasphemy Lawが現役だ……ということを調べようとウィキペディアを見てみさえすれば、

フランスwwwwwwwwwwwww

という事実に誰でも気づくと思うのだが、なぜかこの事実は人気がない(笑)。
http://en.wikipedia.org/wiki/Blasphemy_law#France

France
The definition of “blasphemy” was introduced into French law in the 13th century (after great debate among the French Moralists), based on the definition given by St. Thomas Aquinas: a sin of language, “a failure to declare one's faith”, thus representing an attack on the purity of religion. This justified punishment by law, which became fierce during the reign of Louis IX, who became obsessed in his fight against heretics, Jews and Muslims, with punishment consisting in mutilating the tongue and lips.

Acticles 10 and 11 of the 1789 Declaration of the Rights of Man and Citizen (Déclaration des Droits de l'Homme et du Citoyen) eliminated the notion of blasphemy from French law, but continued to prohibit the use of abusive language or disturbance of the peace. Blasphemy once again became illegal during the Bourbon Restauration (1814), to be revoked again in the 1830s. It was definitively removed from French law by the Act of 29 July 1881 which instated freedom of the press. Nonetheless, “the incitement to commit crimes and offences” is still a violation (Art. 23), as is the vindication of crime against humanity, the incitement of hate or violence based on religion, nationality, ethnic group, race, sexual orientation or handicap (Art. 24), and slander or libel against any religious group, nationality, ethnic group, race, sexual orientation or handicap(Art. 32).

The Alsace-Moselle region is a specific exception, having inherited parts of an old German legal code that bans blasphemy against Christianity and Judaism, but not Islam.


そして、デンマークで「芸術と宗教冒涜と表現の自由」と銘打ったトークイベントが行なわれていたという事実を、フランスは、「イスラム教(イスラミズム)と表現の自由」と言いかえるのだ。

いや、きっと言うだろう、会場で実際に話題になっていたのは「イスラム教」なのですよ、と。

しかし、だからといって「宗教冒涜」を「イスラム教」の専売特許にする権限は、フランスにはないはずだ。いかに中華思想であっても、「宗教冒涜と表現の自由」と銘打たれている集会を、「イスラム教と表現の自由」に書き換えることは正しくないということくらいは、認識されるだろう、まともな知性を持っていれば。

問題は、それがあるのかどうかが疑問になってきたということだ。この一連の「イスラム教は、というかイスラム教だけが、冒涜されると怒る」というムード作りは、明確に、「PRキャンペーン」である。キャンペーンの中では「まともな知性」は二の次になりがちだ。

「ムハンマド戯画騒動」が10年前のデンマークで始まったということを知らない人は、シャルリー・エブドで急に起きたことだと認識しているかもしれない。

そうではない。基本的にこれは、「誰かが嫌だと言っているものがしつこく、執拗に、繰り返されている」という事象だ。

「宗教を冒涜したから」といって「殺せ」などと言う(see サルマン・ラシュディ)のはおかしいんじゃないかという理知的な対話の取り組みではなく、「じゃあ俺も宗教を冒涜しよう。ただしこれは言論の自由だ」という態度で臨むことが、果たして「理知、叡智」というか「大人」の態度であるのかどうか。

そんな疑問があったところに、この「書き換え」である。

中指。

※この記事は

2015年02月17日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 09:00 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼