kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2014年11月01日

見たことのないエラーメッセージが表示されて、URLがツイートできなかった件についてのメモ(「陰謀論」不要)

先日、「外務省のページのURLが無効になっている」ことが話題になった。「削除」ではなく「移動」だったのが、「削除された」と騒ぎになったのだが、どちらであるにせよ、自分が読みたいときにさくっと参照できないのは面倒だ。

そこで、『法華狼の日記』の下記のエントリに関連して自分でメモとして残しておきたいURLをツイッターで書き留めておこうとしたら、これまで遭遇したことのないエラーに遭遇した。

以下、その経緯の記録。







……と思ったのだが、おやおや。


このツイート↑で「投稿できない」と報告したURLは下記。
http://web.archive.org/web/20141009195826/http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

その前の、「アステリスクを含むURL」は下記。
http://web.archive.org/web/20141009195826*/http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

これらを投稿しようとして、 "This request looks like it might be automated. To protect our users from spam and other malicious activity, we can't complete this action right now. Please try again later." というエラーが出てしまった。

というわけで、(少なくとも今日の時点では)TwitterではWeb ArchiveのURLが投稿できない。あまり何度も投稿しようと試みると「不審な動き」と機械に認識されて、アカウントがサスペンドされるかもしれない。("Please try again later." は、バカ正直に信用しないほうがいい。)

実際、Twitterのアカウントは何がきっかけでサスペンドされるかわからない。私自身、大昔(2009年)に「URLの連投」(元のツイートを分割して日本語化して連続でツイートしていた)による制限にひっかかって、public profileでアカウント名が検索できない(当時はそういうものがあったのだが、知らない人は読み飛ばしてください)状態にされたことがあるし、最近は意味の分からないサスペンド(なのかどうかもはっきりしないのだが)を食らったこともある。

2014年06月02日 Twitterで、一瞬だけ、アカウントをサスペンド(凍結)された。その直前、私は何をしたのか。
http://nofrills.seesaa.net/article/398501827.html


なお、こういうことは、Twitter社のほうでアルゴリズムを調整しているときとか、何か小さな変更を加えたときなどにも発生しうるので、あまり神経質にならないように。ましてや、「投稿させないようにしている」などの「陰謀論」など唱えないように。

そういえば最近、Notificationsがイマイチまともに機能していない。私は自分がフォローしている人からのnotificationしか受信しないように設定してあるが、自分がフォローしているあるウェブサービスのサポートのアカウントからのリプライがここに表示されていなかったりした(こういうことは以前からよくあったので気にしていないのだが)。ちょうどTwitterの表示のマイナーチェンジ(←このツイートは10月21日)と同じころだったので、何かそれにともなうバグでも出てたのかもしれない。
タグ:twitter

※この記事は

2014年11月01日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:50 | TrackBack(0) | 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼