kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年04月17日

北アイルランド自治政府、内閣の顔ぶれだいたい固まる。

5月8日スタート予定のエクゼクティヴ(自治政府)について、先日、シン・フェインの人事が発表されたが、今度はDUPの人事が発表となった。

DUP announces ministerial roles
Last Updated: Monday, 16 April 2007, 10:47 GMT 11:47 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6559501.stm

箇条書きにすると:
First Minister: Ian Paisley(DUP党首)
Environment: Arlene Foster(3年前にUUPを離党しDUP入り)(<風見鶏的な話)
Finance: Peter Robinson(DUP副党首)
Enterprise: Nigel Dodds
Culture: Edwin Poots

また、the Office of First and Deputy First Ministerのjunior ministerとしては、DUPはイアン・ペイズリー・ジュニア(ビッグ・イアンの息子)を選出した。

@スラオさん:
http://sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/dup-nominations-for-ministerial-posts-revealed/

というわけで、4月はじめの時点で次のようになっていた政党別割り振りが:
主要4政党の分担は次の通り(カッコ内の日本語はてきとーです):
- DUP: finance, economy, environment and culture(財務、経済、環境、文化)
- Sinn Fein: education, regional development and agriculture(教育、地域開発、農業)
- UUP: health and employment and learning(保健衛生、雇用&職業訓練)
- SDLP: social development(社会開発)

次のように具体化しつつある、という段階である。

[DUP]
First Minister: Ian Paisley
Environment: Arlene Foster
Finance: Peter Robinson
Enterprise: Nigel Dodds
Culture: Edwin Poots
【追記】CultureはやはりMaze再開発担当だ。ちょっと波乱あるかも。(つまり、DUPがSFと裏取引でもしたんではないかという話。)
The DUP’s appointment of Edwin Poots as the minister for Culture, Arts and Leisure from next month has raised some eyebrows. The biggest issue facing the culture Department is the location of the new national stadium for Northern Ireland.

Mr Poots’ position on this is quite clear. Like virtually every other big capital investment that has been proposed, Poots wants the stadium to be located in the Maze, in his constituency. He was even Chair of a development group tasked with making this happen. There have been rumours of a dirty deal between Sinn Fein and the DUP to ensure this happens, as the Shinners want a memorial to the hunger strikers to also be a part of the Maze development.

... He has come from nowhere to gain a prominent role in the new administration, and you can't help wondering why neither Nigel "Diddyman" Dodds, Jeffery "Daniel" Donaldson or Gregory "Londonderry Rangers" Campbell are in at the moment. ...
http://belfastblogger.com/16/curran/dup-poots-stadium-in-maze/


[Sinn Fein]
Deputy First Minister: Martin McGuinness
あと、Conor Murphy, Michelle Gildernew, Caitriona Ruane and Gerry Kellyがeducation, regional development and agricultureの大臣職。

UUPは何か記事があったように記憶しているけれど今見つからない。SDLPはまだアナウンスなしだと思う。あとでアップデート。


※この記事は

2007年04月17日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北アイルランド自治政府の内閣の顔ぶれ、確定したものの一覧:
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6632769.stm

教育大臣のCatriona Ruaneは元テニス・プレイヤー(共和国のほう)だそうだ。「コロンビア3」で身柄解放のキャンペーンをしていたのは知っていたが、テニスのことは知らなかった。

Posted by nofrills at 2007年05月08日 21:33

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。