kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2012年12月19日

ニュースにならない「子供たち」もいる。ニュースになる「子供たち」もいる。

子供についての悲しいニュースばかりを読んでいる。

北アイルランドでは「旗暴動」でローティーンが起訴されているし(「北アイルランド紛争」では、オレンジ、緑のどちらの側にも「こども兵士」の問題は常にあったが)、米国では6〜7歳の子供20人もが学校で撃ち殺された

シリアからは、ほぼ間断なく、「食料のないアレッポと、お腹を空かせた子供」の報告がある。今月、アレッポに入っていたアルアンTVのジェナン・ムーサさんは現地に入って直接、シリアでは考えられなかったような飢餓の状況に接して動揺していた。今日、実は何者かに誘拐されていたとわかった米NBCの看板キャスター(解放された)が、消息不明になる前にアレッポから伝えてきていたレポートでも、「今日はパンを1枚食べました」と話す幼い女の子の姿が見られる。

アフガニスタンでは、昨日、「タリバンのボムで女の子10人が死んだ」という。

……と書くと、「西側メディアの言うことを真に受けたなんちゃら」、「なぜアメリカ側の暴力は報じないのか」云々と(報じられているものをろくにチェックせずに)悪態をつくクソガキみたいな者もいようが、悪態をつく前に、人の話をしっかり聞いてほしい。その「人」とは私ではない。10人の女の子の埋葬の現場にカメラを持って取材に行き、パシュトゥン人の男たちの慟哭を目の当たりにしたアフガニスタンのジャーナリストだ。

その葬儀を取材にいったジャーナリストのムスタファ・カゼミさんは――この人は、武装勢力が人質を取って立てこもった現場の取材で、銃弾が頭上をひゅんひゅんと飛んでいる中からツイートしていたほどの猛者だが――、自分の国で行なわれている戦争を取材していて初めて泣いてしまったと書いている。「10人全員の名前をツイートします」と書いて、そして8人しか名前がわからないと書いて、「あ、同じ名前の子が2人いたのか!」と、9人の名前がわかったと書き……。






これは、日本語圏でもニュースになっている。ただし、「地雷」として報じられている。ソ連のアフガン侵攻の時代からアフガニスタンには多くの地雷がまかれた。それが残っていて、不幸にも女の子たちはその爆発に巻き込まれたのだと。(カゼミさんも述べているが、その除去のプロジェクトのために国連が現地に資金を出している。それが軍閥の懐に入り、地雷は除去されない。)
http://matome.naver.jp/odai/2135578944708924901

この「NAVERまとめ」のソースを参照すると、「地雷だ」と言っているのは地元の当局である。
発信地:カブール/アフガニスタン

……ナンガハル州チャパルハル(Chaparhar)の地区長はAFPに「(1980年代の旧ソ連による侵攻に対する)聖戦の時代から残っている古い地雷が爆発し、少女10人が死亡、2人が負傷した」と説明した。9歳から11歳の少女がまき集めをしていたが、そのうちの1人が誤っておので地雷をたたき、爆発が起きたという。

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2917191/10009168?ctm_campaign=txt_topics

【イスラマバード=中野渉】……

地元警察の調べでは、犠牲になった少女は9歳から13歳だった。少女らは登校前、まき集めの作業に出ていたが、一人がおので誤って地雷をたたいたため爆発したという。

http://www.asahi.com/international/update/1217/TKY201212170801.html


一方で、英デイリー・テレグラフ。
Investigators unearthed two more hidden bombs after reaching the scene, according to a spokesman for the provincial governor.

...

Ahmad Zia Abdulzai said a tenth girl, who had been presumed dead but was found hours after the explosion, had described what happened.

"One of the girls had found something buried and shouted 'Come, come see what I've found,'" to the others," he said. "One of them must have done something to trigger it."

He added that security forces believed that the Taliban had hidden the explosives and planned to return under cover of darkness to move them to a target – possibly a road.

...

President Hamid Karzai condemned the blast as "an unforgivable crime" in a statement. Civilians are frequent victims of discarded or hidden explosives.

...

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/afghanistan/9750423/Nine-young-Afghan-girls-killed-by-Taliban-bomb.html


何が何だかわかる? 私にはわからない。

これが私たちの見る世界なのか。私たちの子供たちに見せる世界なのか。

一方で、こんな浮かれた話もあるわけだ。

将来は一流モデル? イケメンすぎる10歳、ロメオ・ベッカムの堂々たる姿…
http://matome.naver.jp/odai/2135584327915307401


(この「まとめ」、作るときに、ファッション雑誌の、単に大げさでハイパーテンションな言語にさらされて、ものすごく疲れました。やっぱり私はべかむさんの飾り気のないだらだらした言葉みたいなのが好き。)

※この記事は

2012年12月19日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 03:21 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼