kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年03月13日

ミロシェヴィッチの死因は何だったのか、メディアは推測・憶測いっぱい。

※この件についての記事クリップ(今のところBBCばかりですが):
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/Slobodan%20Milosevic/

googlenews_milosevic.gif

気になるので朝イチでキャプってみたGoogle Newsトップページ。

各記事リンク(見出しと最初の3パラグラフつき):

BBC
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/4799880.stm
Milosevic died of heart failure

Preliminary results from the autopsy conducted on Slobodan Milosevic indicate he died of a heart attack, a Hague tribunal official says.

He was speaking before full results of the autopsy were made public.

The former Yugoslav president was found dead on Saturday in the Netherlands, where he was on trial for war crimes.


米ABC(ロイター配信)
http://abcnews.go.com/US/wireStory?id=1716028
Milosevic might have committed suicide: Del Ponte
Mar 12, 2006 ― By Nicola Leske

THE HAGUE (Reuters) - The chief UN war crimes prosecutor said on Sunday it was possible Slobodan Milosevic had committed suicide and his death made it all the more urgent to catch others blamed for the horrors of the Balkan wars.

Carla del Ponte said the former Yugoslav president might have wanted to thwart the impending verdict in his marathon war crimes trial, which she said she expected to be one of guilty, followed by a life sentence.

She noted it was the second death in a week at the Hague tribunal's detention center. Former Croatian Serb leader Milan Babic took his own life last Sunday.


豪SMH
http://smh.com.au/news/world/justice-denied-now-rumour-mill-cranks-up/
2006/03/12/1142098345517.html

Justice denied: now rumour mill cranks up
By Alissa Rubin and Zoran Cirjakovic in Belgrade
March 13, 2006

RUMOURS and conflicting claims surrounded the death of Slobodan Milosevic yesterday as the chief UN war crimes prosecutor, Carla Del Ponte, said she could not rule out suicide and Milosevic's lawyer said the former Serbian leader had written a letter the day before he died expressing fears of poisoning.

Ms Del Ponte said suicide was a possibility, though she wanted to wait for the results of an autopsy.

"Of course it could be possible," she said yesterday, noting the death of the former Yugoslav president on Saturday was the second within a week at the tribunal's detention centre after the suicide of former rebel Croatian Serb leader Milan Babic.


ううむ、結局は「まだ何もわからない」という時間を、新聞読者などニュースの受け手の「最新情報を知りたい」という要求に合わせて埋めてる段階か。。。

英語的には、
he might have committed suicide
= it was possible he had committed suicide
= she (= another person) could[can] not rule out suicide
= she said suicide was a possibility
= it(= suicide) could be possible

というのが興味深いかもしれません。

イラク戦争前に英国が作成した「サダムの大量破壊兵器は45分で……」の書類は、助動詞を用いた表現をより強いもの(impressiveなもの)にするよう書き換えられていました。

また、2005年7月7日のロンドンの爆弾テロの直後は、「いかなる可能性も排除しない」という要旨での警察の発言(具体的には、「IRAの犯行である可能性」)で、これと同じような、助動詞might, can[could], およびpossible/possibilityを使った表現がありました。

ほかにもいろいろとあるのだけれども、すぐに思い出せる例はこんなところです。

※この記事は

2006年03月13日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 06:23 | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼