kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年11月25日

ストーモント迷走

24日のマイケル・ストーンの乱入事件、ブロゴスフィアでのイニシャル・リアクションとしての爆笑は、あれが「パフォーマンス」なんかじゃなくて攻撃未遂だったということがわかってから(爆弾は本物だった)少しはさめたみたい。というか、妙にシュールな空気で、誰かの言葉が冗談なのか本気なのかがわかりづらい状況。特に下記スラオさん記事およびコメ欄参照。ストーモントで仕事をしている人の状況報告とか、各自がテレビやラジオで聞いた話がてんこもりだ。
http://sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/it-was-for-real/
13番のコメントによると、ストーンは乱入前、駐車場でスローガンを叫んでいたらしい。それをマーク・ダーカン議員(SDLP)が聞いていた。その時点でお引取り願うなどの警備がなかったということだ。

あと、「あんな装備で本当に攻撃なんかできるわけがない。あれはstuntだ」というコメントを熱心に何度も書き込んでいる人が1人いるんだが、目立ちたいがゆえのstuntだったとすれば何もパイプ爆弾を手作りしてまで持ち込まなくても、絵の具とかペンキとかでもいいはずだと私は思う。ストーンが完全にイっちゃってる武器マニアだからといえばそれでなんでも説明できてしまうのだが。まあSOHOのパブ襲撃のときのネイルボムみたいな強力なのじゃなくてほんとによかったとしか言えん。

でもあれは可笑しいよ、やっぱ。

最初はほんと、「おいおいマジかよ」ということで笑うしかなく、次には壁にスプレー缶でメッセージを書く暇があったということで笑うしかなく、次にはあのマッチョマンが回転ドアにはさまれている情けない姿を見て笑うしかなくなった。全体的にはそんな感じだと思う。

でもこのロイヤリストの一匹狼(ストーンは単独で暗殺や襲撃を行なってきた)は、1988年のミルタウン墓地襲撃のとき、BBCのカメラの前で攻撃を仕掛け、その一部始終は繰り返しテレビで放映された。今回の乱入事件の様式は、ミルタウンと一部重なる。

ガーディアン論説:
A thing of the past
Owen Bowcott, Ireland correspondent
Friday November 24, 2006
http://www.guardian.co.uk/Northern_Ireland/Story/0,,1956434,00.html

冷静だが劇的な筆致のまとめ記事だが、ひとつ、とても興味深いことが書かれている。
Mr Paisley's speech referred to the republican party simply as 'Sinn Fein'.

シン・フェインのことを常に"Sinn Fein/IRA"と呼んできたイアン・ペイズリーが、単に"Sinn Fein"と呼んだ。

こういう小さいことであっても、何か具体的なものが「連中とパワーシェアリングするなどもってのほか」というDUPの態度の変化(軟化)を意味することこそが、すべての出発点になる、というのが現在の状況だ。むろんDUPの態度の変化は、それと引き換えにシン・フェインの態度の変化を要求するが。

1998年以降の、「暴力はもうたくさんだ、殺し合いはもうたくさんだ」というムードはあるが政治的には空白、という状況は、もういいかげんに終わらせないと、結局何も進まない。DUPとシン・フェインが真っ向から対立しあって、そのために何も進まない。(「そもそもDUPだのSFだのに投票するなよ」というツッコミは成り立つが、あまりに浅い。なぜ「過激派」が票を集めるのか、そこを理解しようとしなければ、北アイルランドはまったくわからない。)

そんな状況なのに、議員の歳費だけは毎年支払われてれば、「仕事もせずに安泰な暮らしをしている連中」への怒りが高まる、ということもありうる。今でも十分にそういう怒りは高まっている。何しろ「議会」が機能していないのに歳費を受け取ってる「議員」はいて、「景気回復」っていっても労働者階級はやっぱりそんなに潤ってないのだから。「労働者階級のために」というまやかしの主義主張は、そこに入り込むスキを見つけるだろう。

ガーディアンほど劇的でない、淡々とした分析記事@BBC:
A stormy day at Stormont
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6182042.stm

DUPのNO SURRENDER魂のおかげで、パワーシェアリングをめぐる議論は、基本的に、この数年来、いつまでたっても同じ話の繰り返しで、この記事も退屈極まりない。書いた人に責任があるわけではないが。

まあ、次の段階は、シン・フェインが党大会で「警察」への態度を固めるということになるんだろう。

が、シン・フェインも何をどうするか先が読めないし(リンク先、コメ欄注目)、シン・フェインが仮に「はいわかりました、リパブリカン・ムーヴメントも英国の警察に従いましょう」という決定をしたとして、そのときにDUPが何を言い出すか? 結局のところ、DUPはNO SURRENDER to the Irish Nationalismなのだから(ほんとに1920年のまま)。

もういっそ、アイルランド島は全域で警察は統一してしまえ、どうせEUじゃん。(<冗談です。)てか、800年ものの「植民地支配」やら「虐げられた労働者階級」に加えて、EUという要素が絡んでくると、ややこしいことになるだろうなあ。(共和国はEUでユーロ、英国はEUだがユーロではない。北アイルランドのユニオニストは、英ポンドを使うことに特別の「意味」を見出しているかもしれない。)

あと、情報が錯綜していてよくわからないのだけど、(こういうときにいつも頼りになるスラオさんで情報戦になっているのでどん詰まり、orz...)
Paisley 'will accept nomination'
Last Updated: Friday, 24 November 2006, 22:34 GMT
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6181370.stm

更新時間から判断するに、ストーン乱入で議会がサスペンドになったあとに出てきた話だ。議場でのステートメントの曖昧さを補足する形のステートメントか。。。

いつものYes, but no, but... にも見えるんだけど。

それから12 MLAsの動き、分派の可能性はないか、あっても極めて低いだろうけれど、過激派から過激派が分離していくような動きは、あんまりいいもんじゃない。マージナライズしちゃえばOK、っていう「政治的」な考えは、武装解除してない地域ではあまりに危険すぎる。下手すればまた、死ななくていいはずの人が爆弾やら銃撃やらで死ぬ。

「テロ」やるのに大きな組織は必ずしもいらない、ということは、UDA/UFFもUVFも、RIRAもCIRAもINLAもその他のアルファベットスープのみなさんも、よく知っているわけで。

あとは記事URLだけ。

Storming Stormont
Mick Fealty
http://commentisfree.guardian.co.uk/mick_fealty/2006/11/stone_brings_dramatic_end_to_s.html
http://sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/high-farce-and-low-farce-at-stormont-in-the-rain/
上下で同じ文。上はガーディアンCiF、下はスラオさん。それぞれのコメ欄読み比べ。

The show goes on
Leader
Saturday November 25, 2006
http://politics.guardian.co.uk/comment/story/0,,1956763,00.html
うーん、しかしインテリ階級が支配する新聞がインテリ階級とミドルクラスが支配する政治の動きのことをそう書きたてることによって、労働者階級にフラストレーションが生じて、ストーンを「ヒーロー」視したりする向きもあるからなぁ。。。新聞にこういうのは書くなってんじゃなくて、そういうふうな現象があるということだけど。

SOHOネイルボムみたいな頭のおかしい狂信者が現れなければいいのだけれど、すでにマージナライズされている「労働者階級のプロテスタント」は、けっこう危ないような気がする。

リパブリカンの方は非主流であっても「32カウンティ」っていう大義がある分、まだ政治的な対処ができる(それでもDIYストアのボムとかはやめれと思うが)。しかしマージナライズされた個人の集団はどうだろう。(だからこそUDAは組織を解散していない、という面もあるわけだが。)

ていうか、ショーが続いている間に、ブレア政権が終わるような予感がするんだよね。(^^;)

※この事件については、新しい情報が出るたびに新たにエントリを追加しています。下の「タグ」のところで「マイケル・ストーン」をクリックしてご確認ください。

※この記事は

2006年11月25日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼