kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年10月05日

The IMC 12th Reportを読む。

[NOTE]
Dear English speakers/readers; If you just surfed in via Google or Yahoo, go straight to the IMC site to read the 12th report (PDF). I'm sure you'll find what you are looking for in the PDF file. Here, I'm just explaining about it in Japanese and there's nothing more. Cheers.

前の記事の続きだが、The Independent Monitoring Commission (IMC) のthe 12th Reportが公表された。
http://www.independentmonitoringcommission.org/
http://www.independentmonitoringcommission.org/publications.cfm?id=44
現物は2番目のURL(id=44)でダウンロードできる(PDF)。

前の記事ではこれがいかに報道されているかを見たが、ここでは報告書そのものを読む。といってもだいたいのところだけ。

英国のメディアが報じているのだけを見ると、この報告書は「PIRAの活動」だけを問題としているように見えるかもしれないが、そうではないということが重要だ。IMCは北アイルランドのすべての武装勢力の動向をモニターしている。PIRAはキープレイヤーではあるが、PIRAだけがすべてではない。PIRA以外に、RIRAやCIRA、INLAといったリパブリカンの組織、UDA/UFFやUVFといったロイヤリストの組織についてどう報告されているかといったことも重要なことである。

ただし、「これで北アイルランド・アセンブリーが動き出す」という流れにおいて最も重要なのは、PIRAである。PIRAの活動停止がすべての前提となっているのだから。次はこれを受けてDUPがどう出るかだ。

なお、この報告書(the 12th)では2006年3月1日から8月31日の期間における武装組織の活動状況がまとめられている。

この報告書の最も重要な部分は第2章である。
2. PARAMILITARY GROUPS: ASSESSMENT OF CURRENT ACTIVITIES (文書の5ページ目から)
ここで各組織・各派の当該期間の活動がまとめられている。

報告書の目次にこの部分の細目が掲載されていないので、自分で目次を作る。

2. PARAMILITARY GROUPS: ASSESSMENT OF CURRENT ACTIVITIES .......... 5
Dissident Republicans Generally ..... 5
Continuity Irish Republican Army (CIRA) ..... 6
Irish National Liberation Army (INLA) ..... 6
Loyalist Volunteer Force (LVF) ..... 7
Provisional Irish Republican Army (PIRA) ..... 8
Real Irish Republican Army (RIRA) ..... 12
Ulster Defence Association (UDA) ..... 13
Ulster Volunteer Force (UVF) and Red Hand Commando (RHC) ..... 15

掲載は、基本的にはアルファベット順である。DのDissident RepublicansがCのCIRAの前に来ているのは、ひとつには、リパブリカン主流派(PIRA)とそうでないリパブリカン(CIRA, RIRA, INLA)とを大きく区別して扱うため、またDissident Republicansについての総論を示すことが必要であるため、と思われる。もうひとつには、報告書の2.2(p.5)にあるように、「非主流派リパブリカンの犯行であると考えられる事件でも、実際にどの組織によるものか特定できないものがいくつかある。また異なる組織のメンバーが協力して行なっている事件もある」ためだ。

報告書によると、この夏に発生した、オレンジ・ホールが焼かれたりといったプロテスタントに対する暴力は、Dissident Republicansの犯行であると思われる。また、2005年に出現したOglaigh na hEireann (ONH)(<また同じ名称か……CIRAの分派?)という小さな組織は現在も活動中で、人員募集、武器入手などを行い、偽爆弾事件(何でもない箱を置いておいて「爆弾を仕掛けた」と予告電話をするなど)のいくつかを行なっている。

次。Continuity Irish Republican Army (CIRA) について。(この組織はリパブリカン。)
報告の概要:
第10次報告書で「活動中」と結論したが、今回(第12次)でも同じ。6月のバリミナのロイヤリストのボンファイアへの襲撃などはCIRAによるもの。オレンジ・ホールへの襲撃も。また、麻薬密売を行なっているとされた人物を地域から追い出したこともある。偽爆弾、武器入手目的の窃盗なども行なっている。人員募集、爆発物製造訓練などを行なっている。CIRAは依然としてテロリズムにコミットしているが、やろうとしていることと実際の能力とのギャップが大きい。(つまり、やりたいことをできるほどの人員も能力もない。)

次。Irish National Liberation Army (INLA) について。(この組織はリパブリカン。)
報告の概要:第10次報告書で「ほとんど活動していないが潜在的脅威であり、麻薬や密輸など犯罪行為を行なっている」と結論した。今回(第12次)も同じ見方である。活動レベルは低いが、元々の「やられるまで手を出さない」方針を守っているだけで、麻薬密売など彼らが反社会的と見なしている行為を行なった人物への襲撃などは行なわれている。


次。Loyalist Volunteer Force (LVF) について。(この組織はロイヤリスト。)
報告の概要:
第10次報告書で「2005年秋にUVFとの内紛が終わって以来、活動は低下しているが、組織犯罪に深く関与している」と結論した。今回(第12次)も同じ見方である。組織の性質も活動のレベルも変化はないが、犯罪組織として機能している。LVFはほかのロイヤリスト武装組織を比べて規模はずっと小さく、組織の一体性も薄く、パラミリタリー活動はほとんどしていない。LVFはパラミリタリー活動の停止は宣言しているが、構成員はdue(会費)を払っているし、麻薬売買の際にLVFという名前を出さないよう上からの指示があることをみれば、組織としては存続している。また武器は所持したままである。しかし政治的な目的を有する組織とは考えられない。なお、LVFとつながりがあるとされる人物らがパラミリタリーの壁画の除去などのコミュニティ活動を行なっているが、これは歓迎される動きである。【つまり、LVFは「テロ組織」ではなく「犯罪組織」となった、という公式見解。】


次。Provisional Irish Republican Army (PIRA) について。長々と書かれているが、結論は「もはやテロ活動は行なっていない」、「非暴力的な政治的活動にコミットしている」。要点は2.18のセクションに(文書の9〜11ページ):
- We do not believe that PIRA is now engaged in terrorism;
- We do not believe that PIRA is undertaking terrorist-type training;
- We do not believe that PIRA has been recruiting. It appears to have directed towards Sinn Fein some who have sought to join. The leadership is seeking to reduce the size of the organisation;
- We have no evidence of targeting, procurement or engineering activity;
- We remain of the view expressed in our previous report that in so far as a small quantity of weapons were held back from decommissioning, this was done by local groupings despite the instructions of the leadership.
- There were no PIRA shootings in the period covered by this report.
- We have no reason to believe that there has been any organisational involvement in or planning of robbery or other such organised crime over this period.
- We believe that what might be described as "military" or "terrorist" intelligence gathering has ended.

うーむ、これは深読みしようと思えばいくらでもできることが満載だが、結論としては「もはやテロ活動を行なう可能性はない」ということで。

また、「組織としてはテロリズムを捨てているが、個々のメンバーのレベルでは、指導部との軋轢から、指導部とは異なった行動を取る者もいる」とのことで、具体例として次のようなことが挙げられている(2.20):
Some people in Dublin have established a small political grouping on revolutionary socialist principles called eirigi.


次。Real Irish Republican Army (RIRA) について。(この組織はリパブリカン。)
報告の概要:
第10次報告書で「暴力行為、重大犯罪への関わりは依然として変わらず、能力の保持のための努力も続けている(=訓練などのこと)。テロ組織としての活動の継続と非常な暴力の行使の構えは変化なし」と結論した。今回(第12次)も同じ見方である。3月のバリミナでの警察車両襲撃、5〜6月のバリミナのオレンジ・ホールや学校に対するペイント爆弾はRIRAによる。また8月のニューリーでの焼夷性爆発物事件や偽爆弾事件(→当ウェブログの過去記事)の非主流派リパブリカン組織はRIRAである可能性が高い。これらにより、2005年のはじめの焼夷性爆発物によるキャンペーンの終結から低まっていたRIRAのテロ活動は、最近高まっていると見られる。またRIRAの人員募集は続いており、情報収集活動も続けられている。ロイヤリストのパラミリタリーのメンバーの特定もしており、これらの人々は襲撃の標的となるかもしれない。武器入手・製造も継続されており、6月には海外で弾薬入手しようとしたとしてメンバーが複数名起訴されている(→スペインでの事件のことでしょう。逮捕のときのBBC記事)。また犯罪行為への関わりも確認されている。反社会的行動を行なったと彼らが考える人物1人をバリミナで襲撃し、3月にはONH(新たな非主流派リパブリカン組織:上述)メンバーを襲撃している。またバリミナではプロテスタントや外国人労働者への脅迫も相変わらず行なっている。麻薬密売人から身を守ってやるからと金銭を徴収するなどの活動もしている。8月にStrabaneでの米国企業への抗議のあとで逮捕されたメンバーが複数、7月に公然と戦闘服を着ていたことで8月に逮捕されたメンバーが複数。

・・・バリミナでの東欧からの労働者への脅迫は、別筋(ロイヤリスト)からのものとして伝えられているのはどっかで見たのですが、リパブリカン筋によるというはっきりとした記述は今回初めて見た。ほのめかしているのは見たことがなかったわけではないけれども。まあ、racismはユニオニストだからとかナショナリストだから、というものではないので。

なお、RIRAが危険な組織だということは、BBCがこのレポートの文面を単独記事としてまとめて、「PIRAとは別だ」ということを明示しようとしています。といっても記事全体はCIRA, INLAなど「その他のリパブリカン・グループ」すべてについてのまとめ記事ですが。
Real IRA remains a 'real threat'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/5405858.stm

次。Ulster Defence Association (UDA) について。(この組織はロイヤリスト。)
報告の概要:
第10次報告書で「暴力行為への関わりは依然として変わらず、2005年9月と2006年2月の2件の殺人事件への関与があり、犯罪に深くかかわっており、武装を解く気はなく、UDAは法の支配にとっては現実の脅威のままである」と結論した。また同時に、「組織指導部には犯罪を減らそうとする動きも見られるが一律に成功しているわけではない」とも述べた。今回(第12次)もやはり同様だが、当該の期間(2006年3〜8月)においてはいくつかポジティヴな動きがあり、今回はそれなりに奏効している。しかし同時に、暴力がなくなったわけではなく、犯罪に深くかかわるメンバーもいる。8月22日に発生したマーク・クリスティ殺害事件はUDAと関係のある人物らによってなされた可能性が高いが、UDA上層部からの命令であるとの証拠はなく、またパラミリタリー殺人であるとの結論は下していない。この夏、UDAメンバーはベルファスト、バリミナ、デリーなどでいくつものセクタリアン襲撃を行なってきたが、指導部からの指示によらないものもある。UDAメンバーによる銃撃や襲撃も続いている。バリミナではマイケル・マッカルヴィーン殺害事件(→過去記事)以後の緊張のなかで非主流派リパブリカンをモニターしていた者もいる。マカルヴィーンの事件はセクタリアンではあったがパラミリタリーではないと考えるが、関わった人物のなかにはUDAとのつながりのある者がいる可能性はある。また北ベルファストでのUDA内部の変化ののち、幾人かがイングランドへ移住を余儀なくされた。以前の幹部の1人は北アイルランドに戻る許可を拒絶されている。UDAの犯行とされる脅迫事件の数は増加しているが、その多くは北ベルファストでの緊張にとるものである。組織維持への努力は継続されており、いくつかのユニットはいまだに人員を募集している。また武器入手に向けた努力も継続されているが、組織内部でそういった動きは疑問視されていると考えられる。武器放棄については、その動きは認められていない。またメンバーが重大犯罪(麻薬密売、偽造品販売、強盗、恐喝)に関わっているのも相変わらずである。前回、「指導部内においては犯罪とのかかわりを減らそうという動きが見られるが、成果としては特に注目されるものはない」としたが、今回は進展が見られる。

IMCが「組織としてのUDA」と「UDAのメンバー個々」とをはっきり区別しようとかなり気を配っていることは、テクストから明白。

なお、UDAについては先日来けっこがっつり書いているので、タグから記事を参照してください。
http://nofrills.seesaa.net/tag/UDA

最後。Ulster Volunteer Force (UVF) and Red Hand Commando (RHC) について。(この組織はロイヤリスト。)RHCというのはUVFの別名と考えてOK。
報告の概要:
第10次報告書で「UVFは、2005年夏のLVFとの内紛の期間に比べれば減っているが、活動を続けている。暴力にコミットしており、各種犯罪を行なっている」とし、「組織内で犯罪との決別に向けた努力があることは歓迎するが、目立った成果は認められていない」と述べ、「UVFは活動中であり、暴力的で非情である」と結論した。今回(第12次)の報告書の当該期間においてもUVFは暴力行為に関わっている。2006年7月のロナルド・マッキー殺害事件は、UVF指導部からの指示ではなく、パラミリタリー殺人とは考えられないにせよ、UVFメンバーや仲間によるものと考えている。UVFメンバーは殺人未遂事件2件にかかわっており、うち1件は5月のマーク・ハドック銃撃事件(これについてはUVF指導部の指示であろう)、もう1件は7月のジェイムズ・キーナン(指導部の指示ではないと考える)。UVFメンバーは相変わらず銃撃や襲撃を行なっており、またUVFの行なう脅迫の件数は、2006年8月までの1年間において、ロイヤリストの組織の中で最も多い。また、指導部からの指示なくメンバーがセクタリアン襲撃を行なっている。デリーではUVFメンバーがロイヤリストのエリアに住むカトリックを標的とし脅迫などを行なっている。バリミナでは非主流派リパブリカンについての情報を収集している。ベルファストではメンバーが騒擾事件を引き起こしているが、これは事前に計画されたものとは考えていない。強盗、恐喝、密輸・密売、高利貸しといった犯罪へのかかわりも広く見られる。しかしながら指導部においては犯罪との決別、また「軍事的」能力の軽減に向けた努力は継続されており、このことは歓迎する。夏のパレードの時期に暴力を起こすためにメンバーが終結することを、組織上層部が防いだと考えられ、組織内部においてはコンサルタント活動も継続されており、このためにメンバーの行動規範が改まったと理解され、人員募集活動の縮小などが見られる。また個々のユニットに対する犯罪からの離脱の指示も行なわれており、従わないユニットに対しては組織からの追放もありうると告げられている。また指導部が武器を入手もしくは製造しようとしたとも認められていない。すべて評価されるべきことであるが、指導部のなすべきことは簡単ではない。今後の展開に注目が必要である。


ロイヤリスト組織の「組織改革」についてはBBC記事がわかりやすいかも。しかしこの記事の資料写真(UVFとUDAの壁画)、すごいなぁ。。。特にUDAの方。何がSimply the Bestなんだか。(偶然、手前の塀と背後の壁が一緒におさまっているのか?)
Loyalist change 'at slower pace'
By Julian O'Neill
BBC Newsline
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/5405684.stm

というわけで、IMCのレポートをざっと見たのですが、こういった「パラミリタリー活動、犯罪活動についての現状報告」だけではなく、それぞれの組織が政治的にいかなる動きをしているか、ということもまた重要であり、その点についてはこのレポートではわかりません。

が、ロイヤリスト2大組織(UDAとUVF)においては、組織を温存したままで行動を変えていこうという方針が顕著。先日の「UDAはパラミリタリーからコミュニティ組織へ変わります」宣言(「解散する」というのはさらにその先にある話でしょう)もそのひとつだけれども、これはどのくらいプラクティカルになるかという話でもあり---つまり「テロ組織は何が何でも解散すべき」ということなのか、「テロ組織はテロ活動を完全にやめ、犯罪を完全にやめて、それから社会に参加すべき」ということなのか。

で、こういう点、IRA(PIRA)はどうよ?ということになると、情報が少ないんです。少なくとも、普通にBBCとかを見ていて、UDAの話は入ってくるけれど、IRAのほうは・・・。

というわけで、IMCの報告書の概要の紹介、ここまで。なお報告書のこのあとのパートでは襲撃や銃撃事件の具体的な件数や、地域別発生状況などの説明。巻末に現在のNIおよびベルファストのデモグラフィーのデータつき(これは便利)。

※この記事は

2006年10月05日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼