kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年03月29日

同時多発スト。

今日のじゃなくて昨日(と今日の間くらい)のニュースですが。。。

BBC記事の時間表示を見て英国がサマータイムに切り替わったなぁと思う間もなく、英仏海峡、およびアイリッシュ・シーを挟んで、ストが同時多発。

fr-st.png

Indymedia記事:
Tues 28th March. Mass Strike in Britain and General Strike in France.
http://www.indymedia.org.uk/en/2006/03/336341.html

BBCしかチェックしてませんが大手メディアの記事リンク。

@グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国:
At a glance: UK pensions strike impact
Tuesday, 28 March 2006, 21:02 GMT 22:02 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/4852196.stm

@北アイルランド(アイリッシュ・シーの向こうだが英国内):
Union says more strikes possible
Tuesday, 28 March 2006, 20:49 GMT 21:49 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4854734.stm

@フランス(英仏海峡の向こう):
French strike hits UK travellers
Tuesday, 28 March 2006, 13:20 GMT 14:20 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/4853474.stm

France hit by mass job protests
Wednesday, 29 March 2006, 01:04 GMT 02:04 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/4851626.stm

英国(北アイルランド含む)のストは、地方自治体の職員によるもので、学校とか交通機関とかが閉鎖。ストは年金支給開始年齢の引き上げに抗議するもの。

日本語記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060329-00000017-mai-int
<英国>年金特例廃止に抗議スト 混乱なく

 【ロンドン小松浩】ブレア英政権の年金制度改革に反対する地方自治体・公共団体職員が28日に24時間ストを実施、多くの学校が休校に追い込まれたほか公共サービスに影響が出た。主催者によると参加者は100万人を超え、炭鉱労働者の賃金カットに端を発した1926年のゼネスト以来の規模となった。
 ……
 ストの原因は、英政府が地方職員の年金支給に関する特例を廃止することにしたため。英国では地方職員は65歳から年金が満額支給されるが、これまでは年齢と雇用期間を合計して85年に達すれば、65歳前でも満額支給される特例があった。ブレア政権は年金財政のひっ迫を理由に4月から特例の廃止を決め、労組が強く反発している。
(毎日新聞) - 3月29日10時14分更新


今の日本の中学生、社会科の授業で「ゆりかごから墓場まで」とか習うんだろうか?(私は中学で習ったような気がする。)

フランスのストは、例のCPE法に抗議する目的で、ありとあらゆる方面で一斉スト……だけでなく暴動になった。日本の外務省の「最新スポット情報」も出てる。

ストについての日本語記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060329-00000015-nnp-int
仏全土で官民スト 雇用策問題 135カ所一斉にデモ 首相は窮地に

 【パリ28日井手季彦】フランス政府の若者雇用策「初期雇用契約(CPE)」撤回を求め、国鉄労組など労働団体は二十八日、全土でストライキを行い、大学・高校生組織とともに百三十五カ所でデモを展開した。官民労組あげての一斉行動になったことで、ドビルパン首相は窮地に立たされ、来年春の大統領選を控えて保守陣営は大きな打撃を負った。

 他業種に先駆けて二十七日夜から三十六時間ストに突入した国鉄では、高速鉄道(TGV)が三本に二本、在来線特急が約四割、郊外線が約半数運休した。一方、パリの地下鉄は最高50%がストップ、ボルドーではバスが50%、路面電車が75%、リールではすべてのバスが運休した。シャルル・ドゴール、オルリー両空港では、管制官やエールフランス労組のストなどで、国内線の三分の一が運休したほか、国際線にも発着遅れが出た。

 教員労組のストで一部の授業が取りやめになる学校もあった。さらに郵便、電話、銀行、電力・ガス会社、たばこ店など幅広い業種の労組がストに参加した。

 またジャーナリストを中心とするストのため、フィガロなど主要日刊紙が二十八日付の新聞発行を取りやめたほか、通信社のフランス通信(AFP)労組も二十七日午後からストに参加し、至急報以外の国内ニュースの配信が止まった。……
(西日本新聞) - 3月29日2時18分更新


暴動についての日本語記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060329-00000203-yom-int
仏抗議デモ、過去最大規模105万人…800人を逮捕

 ……
 各地で暴徒化した若者らと治安部隊が衝突、パリでの488人をはじめ全国で約800人が逮捕された。

 ……

 パリ市内では、デモ終着点のレピュブリック広場で、約1500人が商店街の窓ガラスを割ったり、治安部隊に火炎ビンを投げたりしたため、治安部隊が催涙ガスや放水で排除にあたった。

 ……
(読売新聞) - 3月29日12時0分更新


ブログから:
■「旬のイギリス」さん(英国)
「24時間ストライキ」
http://ukstyle.exblog.jp/3403410

■「うるわしのブルターニュ」さん(フランス、レンヌ)
「レンヌ・催涙弾の雨が降る」
http://bretagne.air-nifty.com/anne_de_bretagne/2006/03/post_d3e6.html
うはー、すごいことになっている。

■「fenestrae」さんの3月分(フランス)
http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/200603

■「ね式」さんの3月分(フランス)
http://neshiki.typepad.jp/nekoyanagi/2006/03/index.html
リリアン・テュラムのインタビュー、「まるで、何年か前にははっきりと極右勢力のものと考えられていた思考が回収されて、今では“あたりまえ(ノーマル)”になったかのようだ。。。」、「ジョン-マリー・ル・ペンが大統領選挙第二回投票に至ったとき、……翌日、トリノユベントスのチームメイトはフランスを馬鹿にした、人権の国だってね!」、「悪い意味でのアメリカ化が進んでいる……。(複数の)ゲットーが形成され、豊かな者たちが一方に、もう一方に貧しい者たちがそれぞれのコミュニティを作って自己閉鎖してしまう」など、彼が何かに「誇り」を感じているとすればそれは何かということを考えた。(日本では最近、スポーツ選手の「誇り」がちょっと話題だし。)

リリアン・テュラムはこんな人:
http://www.geocities.jp/fb_museum/GreatPlayer/France/thuram.html

ちなみに、28日の「ヴィエラ、テュラム&トレゼゲ」対「ピレス&アンリ」は、2−0でピレス&アンリの勝ち。
http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/4841992.stm

---------------------------
転記前のコメント:
ぴこりん
「地方職員の年金特例」ですかー。
日本でも、公務員対象の共済年金をいつ、どう厚生年金に一元化するか、大変難しい問題です。共済年金の職域(特例)部分というのは、かつて企業年金の懐がよかったころはあまり問題にならなかったのですが、企業がそれどころではなくなってから、真っ先に批判される部分です。それ以前に、共済年金法って恩給や船員年金のからみで複雑すぎてどうにもならないんですが(かつて仕事してました)。
21世紀に入ってから、支給年齢も段階引き上げになってるんですが、デモもなんにも聞かなかったなあ、あの時は。
(長文失礼します)
投稿者: ゲスト at 2006 年 03 月 31 日 18:58:02

>ぴこりんさん

こんにちはー。

「職域加算」についてはつい先日、「廃止」というニュースがありました。すごい短い記事しか読んでいないのですが。。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060329-00000205-yom-pol
> 政府・与党は29日、公務員共済の独自の上乗せ給付で官民格差の要因の一つとされる「職域加算」を、一元化に伴い2010年に廃止することを決定した。

3月29日13時48分更新

(テレビはここ数日見ていないので、どう報道されているかわかりません。(^^;)

日本でデモやストが少ないのはどうして?ってことは、何度か聞かれたことがあります。私には、わからないとしか答えようがないんですが。。。「Japaneseはeffectiveだからダイレクト・アクションは必要ない文化なのでは」と言われたときには「それは違うと思う」と答えたんですが、じゃあ何かといわれると「?」。
投稿者: nofrills at 2006 年 03 月 31 日 19:20:40

ぴこりん
いけださん、情報ありがとうございます。
こっちに引っ越すと、だんだん日本の細かいニュースが落ちてしまって ^_^;

日本でのデモやスト、米騒動から安保・学生運動で終わったのでしょうか。歴史的には決してデモやストが「できない」国民ではないんですけど。社会構造や社会運動のあり方が変わったから、なのでしょうか・・・よくわからないですが。
投稿者: ゲスト at 2006 年 04 月 01 日 01:57:41

>ぴこりんさん
レス遅くなりまして。。。

> こっちに引っ越すと、だんだん日本の細かいニュースが落ちてしまって ^_^;

私も別件でヘッドライン一覧を眺めててたまたま見つけたという感じです。カテゴリ別のところで見つけたのですが、「今日のニュース一覧」のところにはなかったような気がするので、元々扱いが小さかったのかも。。。not so sure, though. 
投稿者: nofrills at 2006 年 04 月 06 日 22:13:42

東京新聞、2006年4月12日、「仏デモが政府動かすワケ 街頭訴え共鳴社会」という記事に、次のようにありました。


/quote/
 日本ではストをめぐる法的な規制もある。設楽氏は「フランスでは労働者の底辺からストが始まって周りから合流し、産業別労組がスト権を追認するという形になった。いわゆる『山猫スト』というやつで、日本でこれをやれば、首謀者は労組法違反で刑事罰を受ける。合法的にやるには企業別組合ごとにスト権を確立しなければならず、産業別の動きにまでは発展しづらい」と実情を話す。

 労働運動を続けるベテラン運動家は「フランス人は、議会で負けても街頭の運動で逆転できると考える。日本人にはその発想がないし、若者は自分が政治の主体だと思っていない」という。
/quote/
投稿者: nofrills at 2006 年 04 月 14 日 01:09:49

※この記事は

2006年03月29日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼