kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年07月31日

「犯罪行為を犯した者」が「犯罪者」でなくなる(かもしれない)とき

北アイルランド名物、アルファベット・スープに新メニュー登場! PIRA, RIRA, CIRA, OIRA, INLA, UDA, UVF, LVF, UFF, DUP, UUP, UPP, RUC, PSNI, OTR (RIP) ...に続き、今月お目見えしたのは、CRJ

・・・って何なのよ、だから。

CRJ: a private deal, but is it legal?
http://www.sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/
crj_is_it_a_legal_deal/


上記のスラオさん記事では、
It seems that British Government plans to approve the running of CRJ under official auspices are running into deeper water.

ってなってて、CRJがもうわかりきってる略語扱い。で、British Government plansにリンクされている記事(過去記事)に飛んでみたのね。

some time today, then?
http://www.sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/
some_time_today_then/


ここでもさ、
Today NIO Minister David Hanson is supposed to be publishing the final version of the guidelines for CRJ schemes ...

ってなってて、CRJがもうわかりきってる略語扱い。

しょうがないのでGoogleさんに訊いてみたんだけど、college radio japanの略称ばっかりで・・・。

しょうがないので、検索ワードを、スラオさん記事にあったキーワードと組み合わせて、「crj justice」にしてみたんだけど(この時点で、jはjusticeだということだけはわかっている)、むー、違う。

しょうがないのでさらに検索ワードを増やして、「crj justice "northern ireland"」にしてみたら、やっと出てきた、BBC記事。(なら最初からBBCで検索しとけばよかった。。。)

McCartneys call for CRJ rethink
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/5196280.stm

7月19日付けのこの記事、読んでるし。ブクマはしてないと思うけど読んでるし。「おお、久々にマッカートニー姉妹(2005年1月に殺害されたロバート・マッカートニーさんの姉妹)」とは思ったんだけど、なんかまた、ニュー・レイバーな政府がその地域の実際をよく知らずに、かっこよさげなプランを作ってるんだな、ということで、ブクマするほどでもないと思ってスルーしたんだよな。。。

閑話休題。

新登場のアルファベット・スープ、「CRJ」とは、「community restorative justice」のことでした。ちゃんちゃん。

っていうか、これ、昨年すでに知ってたよ、わたし。CRJという語としては、今まで認識してなかっただけか。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4312192.stm
http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/4500986.stm
あたり。スラオさんでももちろん。

つまり、パラミリタリーが警察代理みたいに実効支配(?)している地域で、パラミリタリーを排除して警察が治安を担当するのではなく、そのパラミリタリーを「テロリスト」や「クリミナル」でなくして、警察の代理のようなことをやらせようというプラン、だと思う。その過程で、彼らがすでに「テロリスト」や「クリミナル」ではないのだということを、彼ら自身およびコミュニティが確認していく作業が入る。

資料の細かいところまでは読んでいないが、大筋、そういうことだと思う。(誤読してる可能性もあります。ご指摘はコメント欄でお願いします。)

うまく行けば本当にすばらしいスキームかもしれない。でもね。。。

criminalをperpetrator と表記して流してしまうようなことを前提としたスキームやプランが、どこまでうまく行くものか、というか。

確かにグッドフライデー合意は圧倒的多数の支持で受け入れられた。でもそれは、peace before justiceではあっても、peace without justiceではなかったはず。

トニー・ブレアは、北アイルランドの「和平」を、英国外交最大の輸出品にするつもりでいるはずだ。あんな、言葉だけの、言葉を軽んじる人物が、中東をどうするつもりなのか、北アイルランドをちょびっとだけでも見ていると、気が重い。

※この記事は

2006年07月31日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メモ:

http://www.phoblacht.net/am2312057g.html
CRJ ― New Name for the IRA?
Anthony McIntyre, Parliamentary Brief, December 2005

While steadfastly refusing to cooperate with the police, to the consternation of its critics, in the six years it has been functioning CRJ has established 14 projects while another 12 are still maturing. They are based primarily in Belfast and Derry, where charitable funding has been provided. Elsewhere, Newry, South Armagh and Downpatrick, the projects are maintained in a voluntary capacity. CRJ purportedly deals with approximately 1,700 cases annually, which involve about 6,000 people. It claims to train around 160 people a year as volunteers and at any given time has 120-130 people in the field. Its boss, Jim Auld, points out that it is fully audited each year and is independently evaluated by a leading US academic. The Criminal Justice Oversight Commissioner, Lord Clyde favourably appraised CRJ saying: 'these organisations are engaged in valuable and effective work in their communities. Their growth gives evidence of the value they have.'

...

Moreover, many people 'requested' to attend a CRJ office admit to going out of fear of the consequences for failing to show up. Despite Jim Auld's protestations that CRJ performs no coercive function it is invariably made clear to those whose attendance is required rather than desired that the CRJ is the sheath that masks the sword. In this sense Auld's claim to be 'taking power and responsibility away from republicans, in terms of dealing with anti-social behaviour, and giving it to the community where it needed to belong' is dubious.

Many who believe in the value of a CRJ project that is accountable and transparent are now trying to raise the democratic bar in order to prevent the emergence of a state legitimised vigilante operation, which is answerable only to itself. It is too early to say definitively if they have succeeded. If they fail, the state, which claims as a fundamental principle the protection of those it governs, will have abandoned many citizens to the dubious justice that is devised in smoke filled rooms.

Jim Auldは根本的に警察を信用していないだろうからなあ。。。

http://www.phoblacht.net/AM1402056g.html
14 February 2006
バリーマーフィー焼き討ち事件についての文章。

Outside a Belfast courtroom on Thursday, a solicitor for two men accused of murdering Gerard Devlin, claimed on their behalf that the burnings were being organised by Community Restorative Justice. The head of CRJ, Jim Auld, was quickly out of the traps to dismiss this. Auld would seem to have facts on the ground to back him. Even in the undergrowth there are no whispers that CRJ personnel are involved.
Posted by nofrills at 2006年10月30日 12:16
スラオさんによると:
http://symy.jp/?1yN_

家にフォークリフトが突撃してその家を破壊したという2007年4月の事件:
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/6532933.stm
は、↑のバリーマーフィー焼き討ち事件と関連している。

元はこれ。Gerald Devlin刺殺事件@February 2006。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/4679822.stm
Posted by nofrills at 2007年04月07日 09:36

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼