kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年07月31日

ストーモント、動くか?

DUP 'has accepted power sharing'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/5226206.stm

"In these issues the DUP have conceded the principle - in terms of sharing power, the Good Friday Agreement, dialogue with Sinn Fein," he said.


つまり、シン・フェインのジェリー・アダムズいわく、「DUPは譲歩した」。

しかしBBCの記事では詳細がわからない。

ジェリー・アダムズの発言があったのは、IRAの武装闘争終結宣言から1年にあたる7月末のラジオ番組、Inside Politicsでのこと。

DUPはこれまでずっと、「テロリストとは話をしない」として、シン・フェインとのパワーシェアリングはおろか、直接対話すらも拒んできた。1998年のグッドフライデー合意で、北アイルランドの議会(ストーモントのアセンブリー)は、ナショナリストとユニオニストの両派によるパワーシェアリングを前提とする、と規定されているのに、である。(ま、DUPはGFAには強く反対していて、レファレンダムでも反対のキャンペーンを張ったわけですが。)

そのDUPが、本当にパワーシェアリングに前向きな姿勢を示しているとすれば、これはとても大きな一歩であるから、詳細が知りたいのだが。。。

スラオさんにもそれらしい話が出てないんだよね。コメント欄に何かあるかもしれないけど、エントリになってない。

もう一度、BBCの記事に戻ることにしよう。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/5226206.stm

Mr Adams accused Ian Paisley of "playing for time over devolution".

"So it's actually just a matter of, can they through this tactical approach they are taking, garner some sort of support from the governments for their position and can they put off the awful day, as they would see it, as long as possible?" he said.


発言内容はこれだけか。。。ってかこれって、accuseしてるだけじゃん。(^^;)

つまり、DUPは「ストーモントの正常化(=地方分権、devolution)に関して時間稼ぎをしている」だけであり、「DUPは現在の戦略的アプローチによって(英国とアイルランド両国の)政府からの何らかの支持を取り付けることができるのか、また、彼らの言うおそろしくひどい日を、なるべく延期することができるのか、という問題なのである」というのが、GAの言ってることだ。

これって、accuseしてるだけ、いつもの舌戦だよね。(^^;)

問題は、この発言をなぜBBCが「DUP 'has accepted power sharing'」という見出しで伝えているか、だ。引用符つきとはいえ。。。

イヴニング・スタンダードじゃあるまいし、センセーショナリズムは関係ないだろう、BBCで、しかもこんな、ある意味地味すぎる話で。

何かあるんだろうな。近いうちにピーター・ヘインか、あるいはバーティ・アハーンの発言があるかもしれない。

にしても、あれからもう1年かぁ。。。

※この記事は

2006年07月31日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 13:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントのテストです。
Posted by nofrills at 2006年07月31日 13:17

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼