kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2003年07月24日

GM Foodの件。

労働党(与党)の見解はというと。

英国の労働党っていつから米国のプードルになったんか。プードルという表現そのものはジョン・メイジャーとサッチャーとの関係について使われていたようだけれど,昨年あたりからはすっかりブレアの代名詞。

んで遺伝子組み替え食品の件。

22日にTelegraphにanti-GMな記事があると書いたが,Telegraphは保守党な新聞なので,きっと労働党は違うことを言ってるんだろうと思い,一応労働党サイトへ。

ありましたわ。
http://www.labour.org.uk/gmscience/
※ そのうちにアーカイヴ入りしてURLが変わると思う。


Experts publish review of GM science
Monday 21 July 2003

GM crops currently on the market pose a 'very low' risk to human health according to a report published by the GM Science Review Panel today. It also says that scientists cannot make blanket assurances on safety and applications to use the technology should be considered on a case-by-case basis.


……あれ?違う報告の話?かと一瞬思うのですが。

えーと,22日にここで触れたTelegraphの記事,GM fails to win official backing(「遺伝子組み替え食品,安全とは言いきれず」)が報じているものは,The Government's science review of genetically modified cropsの報告に基づいています。

上にある労働党サイトにあったニュース記事,Experts publish review of GM science(「専門家が遺伝子組み替えに関する見解をまとめる」)は,the GM Science Review Panelの報告に基づいています。

science review of genetically modified crops(テレグラフ)
GM Science Review Panel(労働党)

……同じですね。

しかし,テレグラフが「安全ではない」を強調した一方で,労働党は「リスクは非常に低い」だけを強調。

労働党のニュース記事には,次のような一節もあります。
The Panel concludes that the risks to human health from GM crops currently on the market are very low. But, depending on the crops developed, GM may present greater challenges in risk management in the future. It is important to continue to develop safety assessment technologies, effective surveillance, monitoring and labelling systems.

depending on the crops developed, GM may present greater challenges in risk management in the future というのは,「場合によっては〜かもしれない」という,極めて弱い表現です。

一方でテレグラフの記事では,同じことを次のように書いています。
sounding a much more cautious note than expected and warning that "gaps in our knowledge and uncertainties will become more complex" in the future.

助動詞がwillで表現はきついんですが,22日には私は見落としていた(斜め読みするから),soundingは記者の主観ですね。

誘導されちゃった。

ともあれ興味深いのは,昔ながらの区分けに従うなら,
「労働党=左派=福祉・健康重視=GM輸入反対」
「保守党=右派=親米=GM輸入賛成」
になるはずなのですが,これが完全に逆転しているということ。

そして,仮に今が保守党政権であったとしたら,その場合は
「保守党=GM輸入賛成」
「労働党=GM輸入反対」
で論陣をはって,それぞれにスピンドクターがついて情報戦を展開しただろうし,結局政権を担う方はGM賛成になってたのではと。

どっちにしてもプードル状態。それが英国の“国益”ってことかもとさえ。

米国でもそうなのですが,政党の主張なんてそのときどきで変わっちゃうのです。今になってから00年大統領選挙の未曾有の混乱を思い返して,「もし大統領になったのが民主党のゴアだったら,世界はもうちょっと平和だったかも」というのは,ブッシュ大統領の政権が共和党タカ派だから,それと争った民主党ならどうだろう,ということなのですが,ゴアが大統領になっててもやっぱこうなってたんじゃないのかという可能性も,違ってたかもという可能性と同じくらいなんじゃないかなあと。ネオでコンな人々が,共和,民主両党にぶっといパイプを持っているとすれば,看板がどっちだって結局は同じ。だいたいあのマデリーン・オルブライトは民主党。

私は悲観論ベースなんです。中途半端ですけどこのへんで。



※この記事は

2003年07月24日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 10:36 | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。