kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2006年07月27日

ジョージ・バーナード・ショー生誕150年

1日遅れた。。。北アイルランド経由、イングランド経由……うはー、このガーディアンの記事、長い、読み終わらない。だから「経由」の先がありません、ってのもあんまりひどいので、Google News経由でアイルランド

バーナード・ショーといえばこれです:
"England and America are two countries divided by a common language."


……「ショーといえばこれ」にしては、安易すぎですね。でも最初に覚えたのがこれだったんで。

BBCを見てみたら、今年の4月に、ショーがデザインしたステンドグラスがお披露目された、という記事が出てました。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/4944100.stm

フェビアン協会のためのデザインで、新世界建設がモチーフ。

BBCには、インタビュー集(ラジオの音声)もあります。

George Bernard Shaw, July 26, 1856 - November 2, 1950
http://en.wikipedia.org/wiki/George_Bernard_Shaw

-----------------------------------

これ↓(from JOHN BULL'S OTHER ISLAND)を読んでから、
BROADBENT. Try a whisky and soda.
_
TIM [sobered]. There you touch the national wakeness, sir. [Piously] Not that I share it meself. I've seen too much of the
mischief of it.
_
BROADBENT [pouring the whisky]. Say when.
_
TIM. Not too sthrong. [Broadbent stops and looks enquiringly at him]. Say half-an-half. [Broadbent, somewhat startled by this demand, pours a little more, and again stops and looks]. Just a dhrain more: the lower half o the tumbler doesn't hold a fair half. Thankya.
_
BROADBENT [laughing]. You Irishmen certainly do know how to drink. [Pouring some whisky for himself] Now that's my poor English idea of a whisky and soda.
_
TIM. An a very good idea it is too. Dhrink is the curse o me unhappy counthry. I take it meself because I've a wake heart and a poor digestion; but in principle I'm a teetoatler.


これを見ると、ちょっとおもしろいです。(teetotaler = 絶対禁酒主義者)

あと、時事ネタ関連で、こんなの見つけた。
http://smoter.com/arealger.htm
Bernard Shaw shocked the British when he argued in his pamphlet, Commonsense about the War, that the German invasion of Belgium was a mere pretext for Britain's entry into the war and the real aim was to destroy Germany as a trading rival. Shaw, nevertheless, supported the war on this principle and became an active propagandist for Britain.* In London, enthusiastic crowds urged their government on while they attacked shops with German sounding names and dachshunds were killed in the streets. The highly educated English poet Rupert Brook praised such a time and thanked the "war God" who had "wakened us from sleeping." As in Germany, France, and Russia, the labor leaders in Britain, who were expected to oppose the war, wholeheartedly supported it.


Commonsense about the Warは、残念ながら、私は未読です。第一次大戦開戦時の文章です。プロジェクト・グーテンベルクにも、これはまだ上がってないみたい。

もう一度、最初のガーディアンに戻って引用:
Shaw's hatred of war badly affected his later judgment. But in that, he represented a generation. He was neutral on Spain in an era when authors were supposed to take sides. He saw Nazi anti-semitism as "insanity", though he had judged that Hitler "shrinks from the massacre which the logic of his phobia demands". He was far from the only one - on left or right - to still be contemplating a negotiated peace with Hitler after war had broken out. (When Keynes tried to get Shaw's New Statesman essay censored, the foreign secretary, Lord Halifax, was extremely keen to see it published, in order to gauge reaction.) And by the war's end, he was against the Nuremberg trials, believing victors' justice could never do any good.
_
Shaw's hatred of war badly affected his later judgment. But in that, he represented a generation. He was neutral on Spain in an era when authors were supposed to take sides. He saw Nazi anti-semitism as "insanity", though he had judged that Hitler "shrinks from the massacre which the logic of his phobia demands". He was far from the only one - on left or right - to still be contemplating a negotiated peace with Hitler after war had broken out. (When Keynes tried to get Shaw's New Statesman essay censored, the foreign secretary, Lord Halifax, was extremely keen to see it published, in order to gauge reaction.) And by the war's end, he was against the Nuremberg trials, believing victors' justice could never do any good.


たった2パラグラフなのに、なんでこんなにたくさんのことが書かれているんだろう。というか、ショーは、片手間ではとてもじゃないけど追えないよね、やっぱり。

※この記事は

2006年07月27日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼