kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2003年07月22日

構文解析

私にとってはひじょーに読みづらい文でした。Lord(とても上流)の英語。

ドクター・ケリーの件の調査にあたる責任者,ロード・ハットンのコメントより。ソースはThe Telegraph記事。

I make it clear that it will be for me to decide as I think right within my terms of reference the matters which will be the subject of my investigation.

……読んでも意味が正確に取れないので再読。
I make it clear that
ここまでは簡単。

it will be for me to decide
あまり目にしたことのない形だけど,「to不定詞を受ける形式主語itでfor 〜はto不定詞の意味上の主語」で,意味は「決めるのは私だ」ということとすれば,ここまでも簡単。(解釈が違ってる可能性あり。っていうか,it is for 〜 to do ... っていうの,見たことないと思うんです。itが形式主語ではないとか,for 〜を「意味上の主語」と解釈しない方がいいんじゃないかという可能性もおおいにあります。ツッコミお待ちしています。)だけど問題は,「decideの目的語は何か」。

この後の部分を,まずは文法的に判断して区切ります。
as I think right / within my terms of reference / the matters which will be the subject of my investigation.

最初見たときには,この↑区切りさえスカッと入れられなかった。(情けないなあ。)どー読んでもつながってないでしょ,という場所を発見するまでに3回読んだ。(とほほ。)

as I think right
within my terms of reference
※ terms of reference「((英正式)) (調査委員会などの)権限」
この2つのグループは挿入句。で,
the matters which will be the subject of my investigation
↑これがdecideの目的語。

つまり,文の本筋(←日本語が変)としては
I make it clear that it will be for me to decide the matters which will be the subject of my investigation.
「私の調査の対象となることを決めるのは,私であるということは,はっきりさせておく。」

as I think right
within my terms of reference
が挿入されて,
「私が私の権限の範囲で正しいと考えるように,私の調査の対象となることを決めるのは,私であるということは,はっきりさせておく。」
という意味になるかと。(日本語の「私」の連続は度外視してください。)

解釈が間違ってたらツッコミ(コメント)をお願いします。

このくらいに読みづらい文は,書き言葉ではときどき見るのだが(50年くらい前の論説文とか。現代でも保守党議員の論文でこういう感じの文を見たことがある)しかしこれ,話し言葉。参りました。


--------------------------------
■追記(2005年4月1日)
2005年03月31日にスーさんから次のようなコメントをいただきました。

こんな訳はどうでしょう
私は、自分の調査の対象になるであろう事柄をまさに自らの権限内で考えるように、決定するのは自分であろう、ということを明確にしている。
_
rightは強めと考え、right...referenceで一区切り、thinkの目的語はthe matters以下と、とりました。


なるほど、です。as I think / right within my terms of reference / the matters which ... という区切りですね。この解釈の方が通りそうな気がします。。。

--------------------------------
転記前URL:
http://ch.kitaguni.tv/u/917/%b1%d1%b8%ec/0000009016.html

コメントあり。

うわぁすごい
よく舌を噛まないで話せますね、こんな回りくどい文。感心です。
投稿者: Yah at 2003 年 07 月 22 日 21:24:05

Yahさん,はじめまして。
私も同感です。音声で聞いてみたいものです。でも聞いてる間に意味がわからなくなりそうです。
投稿者: nofrills at 2003 年 07 月 23 日 11:47:03

ちゃんといるのですね。
私が話したら、日本語でも途中でわけがわからなくなりそうです。

お年を召した方とは言え、このような文を話す方がいて。さらにそれを理解される方もいるのでしょうね…。
投稿者: Yah at 2003 年 07 月 23 日 14:50:39

its for someone to do something
どうも、natです。ゲストになっちゃうから名前入れときます。
its not for me to decideとかってよく言いますよ。否定文の方がよく使う気がします。
私が決めることじゃない、って感じでしょうか。

decideの目的語は前後が無いと分からないけど、彼の置かれてる状況について、でしょうかねえ?
投稿者: ゲスト at 2003 年 08 月 06 日 09:35:14

ありがとうございます
natさん,ようこそ〜。it is not for me to do ... 覚えておきます。文法的解析はだれか専門家に訊ける機会があれば訊いておきます(Itは何か……形式主語なのかダミーitなのかなどの点)。
decideの目的語は,挿入が入っているのでわかりづらいけれど,やはりthe mattersでしょう。
なお,このロード・ハットンの言葉,私はたまたまTelegraphで見ましたが,ほかの新聞などの記事でも掲載されていました。
投稿者: nofrills at 2003 年 08 月 07 日 12:47:03

※この記事は

2003年07月22日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼