kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2010年07月25日

#LoveParade 終了をオーガナイザーが宣言

【28日追記】週が明けて月曜日、死者は20人に達した。多くの人が倒れた現場をドイツの『シュピーゲル』が取材・検証した10分ほどの映像(via kmiura)、ドイツ語なので私は一言もわからないが、映像だけでもトンネルを出たところの脇にあった狭い非常階段の周辺が大変なことになっていたことが非常によくわかる。あと、映像の後ろの方には、街路の様子も(会場に入れなかった大勢の人たちと警察車両)。本当に、あまりに狭い場所にあまりに多くの人がいたための悲劇。悲しすぎる。改めて、合掌



【追記】現場の様子。居合わせた人たちが撮影した映像を編集したものだと思う。人々がみな助け合ってる。


24日にドイツのDuisburg(デュースブルク)でのイベント、「ラヴパレード」で発生した大混雑に起因する事故は、発生から一夜明け、状況をはっきりさせる報道が増えてきた。一方で、日本時間の25日朝の時点で18人だった死者数は、夕方には19人に増えた。負傷者は当初伝えられていた「数十人 dozens」とか「100人」という数値を大きく上回る342人であることが、日本での朝から夕方までの間の時間帯に明らかになった。

そして日本時間の25日夜8時前、イベントのオーガナイザーがLoveParadeの終了を宣言していることが報じられた。Google Newsのアラート経由、デイリー・テレグラフ(日曜だからサンデー・テレグラフか)の記事より:
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/germany/7909015/Love-Parade-cancelled-permanently-as-police-investigate-causes-of-crush-that-killed-19.html

The organiser of the Love Parade says the yearly techno music festival will never be held again after 19 people were killed and 342 were injured in a panicked crush in an entrance tunnel. ...

"The Love Parade was always a peaceful event and a happy party" but would forever be overshadowed by the tragedy, Rainer Schaller said. "It's over for the Love Parade."

会場入り口のトンネルでパニックが発生し人々が将棋倒しになった結果19人が死亡、342人が負傷という事態が発生したのを受けて、Love Paradeのオーガナイザーが、毎年開催されてきたこのフェスは今後二度と開催されることはないと述べた。……

Rainer Shallerは、「Love Paradeは常に平和的なイベントで、楽しいパーティだった」が、今回の大惨事の影を拭い去ることはできない、と述べた。「Love Paradeはこれで終了です」

※BBCに記者会見の映像がある(ドイツ語に英語の同時通訳)。Rainer Shallerさんは、ドイツ語ウィキペディアを見ると、McFit社(2006年にラヴパレードが再開されて以降のスポンサー)の社長という立場でラヴパレードのオーガナイザーとして会見を開いているようだ。(つまり、ラヴパレードはもはや音楽畑の人がオーガナイザーとして語るようなものではなくなっていた、ということでもある。)

このテレグラフ記事には、25日(日曜日)に現地の警察・行政が行なった記者会見の内容などもまとめられている。

これを読みながら思い出されたのは、9年前の明石花火大会歩道橋事故だ。大規模な花火大会が行われていた海岸へ行く通路の「駅南側の歩道橋において、駅方面からの見物客と会場方面からの見物客とが合流する南端で1m²あたり13人から15人という異常な混雑となったことから「群衆雪崩」が発生。死者11名(内訳:10歳未満9名・70歳以上2名)と重軽傷者247名を出す大惨事となった」という事故だ。

検索したら、当時の神戸新聞の記事を読むことができた。
http://www.kobe-np.co.jp/backnumber/asagiri/010722ke15390.html
海岸へ唯一の通路 過去にも大混雑
2001/07/22

 真夏の花火見物が暗転した将棋倒し事故。多数の死傷者が出た背景は何なのか。約二年前にできた現場の陸橋は、上部は開いているものの、幅約六メートルの通路の両側は上部まで側面が囲う形。現場からの一一〇番の一報情報では「気分が悪くなった」「酸欠症状」という内容も目立つ。構造上の問題を指摘する声もある。

 「酸欠症状」という情報は、一一〇番による一報だけでなく、負傷者らが運び込まれた明石市内の病院の診断でも目立った。

 ……

 同陸橋は、円筒状になっており、両側が強化ガラスに覆われ、中空部の一部だけが開いている。ほぼ密閉された空間となっており、混雑した場合、通気性が極めて悪い構造になっていたという指摘もある。


今回のラヴパレードでの事故は、トンネルの中で起きたという(ただし日曜日の警察の会見では、「トンネル内では死者は出ていない」とのこと。当初報道ではトンネル内がパニックとなったとのことだったが、亡くなった方は階段や壁際にいたとのこと)。

このトンネルは2車線に歩道というあまり広くない道幅で、側面や天井は密閉されていて、天井は低い(ドイツのメディアが掲載している写真を参照)。明石の歩道橋よりさらに空気の流れのない空間。これでは仮に風が強かったとしても、トンネル内部は通気性などまったくなかっただろう。よく晴れた暑い夏の日、立錐の余地もなく道幅一杯に人がすし詰めになって誰も身動きが取れない状態で、通気性などないトンネルでどういうことが発生したか、想像するだけで怖くなる。2001年7月の明石の海岸の花火大会で亡くなったのはお子さんとご高齢の方だったが、今回あのトンネルでの事故で亡くなった19人(うち16人は身元判明)は、20代はじめから40歳だとテレグラフの記事にある。
Detlef von Schmeling, the police chief in Duisburg, said that 16 of the 19 people killed have been identified so far. He said they include an Australian, an Italian, a Chinese citizen and a person from Holland.

Mr Von Schmeling said their ages ranged from just over 20 to 40.

*Emphasis added.

テレグラフの記事には、ドイツのメディアは、そこ(=フェス会場)には少なくとも140万人がいたと報じているが(これは多分主催者が発表した推定の数値だと思う)、警察はそれをコンファームしていない、とある。

で、事故発生直後は英語の報道でも少し曖昧だったのだが、会場に入るルートは事故が起きたトンネルしかなかったとのこと。だからおおぜいの人がトンネルに向かったのは当然のことだ。そしてトンネルに着いてみればあの混雑っぷりで、列の先頭が少しずつでも動いているのならまだしも、そうではなかった(会場に人を入れないようにしていた)。トンネルの中で「埒が明かないから引き返そう」と思ったとしても、自分の後ろにも既に人々が詰まっている状態では引き返すこともできない。

その点について、記事は詳しく報じている――夕方5時ごろ、混雑しすぎのため、フェス会場に入るトンネルの出口(の先にある門のようなものだと思うが)は、警官(なのかよくわからないが原文ではofficer)によって閉鎖された。混乱した事態になったのはその後だった。警察は来場者に対し引き返すよう拡声器で指示していたというが、トンネルは、出口の側は封鎖されているのに入り口は開いたままで、続々と人がやってきていた。
Witnesses said officers in Duisburg, a city near Duesseldorf in western Germany, closed the end of the tunnel emptying onto the festival grounds after they become overcrowded around 5 p.m. They told revelers over loudspeakers to turn around and walk back in the other direction. But the entrance to the tunnel did not appear to have been closed and people continued piling in, sparking a panic and then a deadly crush.

これは今後の調査で立証されなければならないが、この通りだとしたら、完全に当局のポカだろう。何万人単位で人が集まるイベントで、狭い空間で、出口封鎖して入り口開けたままにしておくなどということは考えられない。しかもラヴパレードは「何万人単位」どころではない。何十万人単位で人が来ている。

それに、写真を見るとやはり、会場の入り口で指示されたから引き返す、とかいうことのできる状況ではない。とにかく一面の人、人、人、まったく誰も身動きが取れない。たぶん、来る人の数が多すぎて、会場への入り口が閉鎖されてそんなに時間が経たないうちにこんなふうにいっぱいになってしまったのだろうけれど、こんなふうになる前に、警察が状況を適切に見極めて人の流れを作ることができていたら……と思う。

テレグラフの記事にはこのあと、現場にいた人の証言が紹介され、その後、事故当時の状況についての記述がある(更なるパニックを恐れてフェスを中止することはしなかったとか、人が多すぎて救急隊員が現場に行くのもスムーズには進まなかったとか、一時は携帯電話が繋がらない状態になっていたとか)。

あと、子供がラヴパレードに来ているので心配になった親たちが車で現場にやってきたとか(混乱に拍車がかかるだけだという了解がないというより、ラヴパレードの規模がわかってなかったんじゃないかと思う)、救急ヘリが出動しても着陸できるスペースがなくて重傷者を搬送するのに手間取ったとか、明らかに、こういう大規模なイベントを開催できる下地がある都市ではなかった感じがする。

Love Paradeの創始者のDJ、Dr. Motteは、会場のプランについて「会場に入るにはトンネルを経由した道しかないなんて、それだけでも大惨事につながることだ」と批判、「たいへんに悲しく思っている」とコメントしている。

また、メルケル首相をはじめ政治指導者たちもコメントを出し、若さとラヴ&ピースを祝うイベントがこのような痛ましい事故の場となったことについてのショックを表明した。



追記予定。→エントリの一番上に映像を追記。エントリの途中にIrish Timesの記事の内容を追記。



※この記事は

2010年07月25日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:52 | TrackBack(0) | 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。