kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2010年04月28日

「ガンになる!」と安い警告を連発するタブロイド、大胆なでっち上げで研究者激怒!

※このエントリの見出しは、このエントリで扱っている話題にあわせたものです。

はてなブックマークで知ったのだが、今月半ばに、デイリー・フェイル (the Daily Fail) がまたもや「なんとかかんとかでガンになる」というトンデモ記事を出していたらしい。

「デイリー・フェイル」っていうのはこのタブロイド。別名は「デイリー・ヘイル」、「デイリー・ヘイト・メイル」など:

※これのソースは、たいていはほとんどまったく事実とはいえないことを書いているサイトだが、上記部分の、特に太字箇所については、「事実」である。

「なんとかかんとかでガンになる」というのは、デイリー・フェイルの持ちネタのひとつだ。(ひところの日本のテレビの健康番組で「食べるだけでヤセる食品」が持ちネタだったのと似たようなものだと思っておけば大丈夫だろう。)

これまで、いろいろなものについて「ガンを引き起こす」と警告してきたデイリー・フェイルが、4月12日に警告しているのは、「夜中のトイレ行き」だ。つまり、「夜中にトイレに行くとガンになる(リスクが高まる)!」。何を言っているのかわからないと思うが、見出しにそう書いてある。

Cancer danger of that night-time trip to the toilet
By Daily Mail Reporter
Last updated at 10:17 AM on 12th April 2010
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1265277/Cancer-danger-night-time-trip-toilet.html

いわく、イングランドとイスラエルの大学の共同研究で、「夜中にトイレに行くときに電灯をつけると云々」という研究結果が出ている。そのようにデイリー・フェイルは主張しているのだが、デイリー・フェイル・ウォッチの最右翼……いや、最左翼の(「最」でもないか)ガーディアンで、ロイ・グリーンスレイドが、フェイルの主張はデタラメであることを報告している。

Yet more proof that the Daily Mail gives you cancer
Posted by Roy Greenslade Tuesday 27 April 2010 10.32 BST
http://www.guardian.co.uk/media/greenslade/2010/apr/27/dailymail-cancer

Intro: "Simply turning on a light at night for a few seconds to go to the toilet can cause changes that might lead to cancer, scientists claim."
デイリー・フェイルの問題の記事の書き出しは、「夜間、トイレに行くために数秒間電灯をつけるだけで、ガンを引き起こす可能性のある変化が誘発される、と科学者が主張している」。

It was, of course, bunkum. The Tabloid Watch blog links to straightforward and crushing denials by the said scientists ....
むろんそれはデタラメだ。「タブロイド・ウォッチ」というブログにリンクがあるが、当の科学者たちが、解釈の余地のないきっぱりとした否定をしている。

Their research, on mice by the way, was all about the likely effects of the prolonged exposure of nightshift workers to artificial light. There is nothing in their study about trips to the toilet.
この研究は、マウスで行なわれたものなのだが、夜のシフトで仕事をしている人たちが人口の光に長くさらされることの影響についてのものである。トイレに行くとどうのこうのという話はまったく出てこない。

As Kyriacou told AOL Health: "The 'switching on of lights causes cancer when you go to the bathroom at night' is an eye-catching fabrication of the press."
Kyriacou氏(研究者の一人)はAOLヘルスに対し、「『夜間トイレに行くときに電灯をつけることでガンが発生する』というのは、メディアが読者の注意を引くためにつくった作文です」と述べている。


グリーンスレイドのブログには、デイリー・フェイルがこれまで「なんとかかんとかでガンになる」と記事にしたことのあるもののリストがリンクされている。お茶を飲みながら見るとガンになる大変なことになる。

The Daily Mail list of 'Things that give you cancer'.
http://www.facebook.com/group.php?gid=269512464297&v=info

「加齢」とか「アスベスト」とか「たばこ」とか「酒」とか「汚染された空気」などはまっとうだし、「食品添加物」などもあまり大袈裟に騒ぎさえしなければ別に変ではない(メイルの場合こういうのをものすごく大袈裟に騒いでいるので問題なのだが……)。

しかし、「飛行機を使った移動を多くするとガンになる」とか「人工照明で乳癌のリスクがアップする」とか「生んだ赤ちゃんの大きさによっては乳癌の(略」とか、「バックヤードでのバーベキューで(略」とか、「黒人は(略」とか、「女性は(略」とか「男性は(略」とか、「ビスケットは」、「ブラジャーは」、「パンは」、「バブルバスは」……アルファベット順のリストのBまで見ただけなのに、もう頭がおかしくなってくる。あまりにストレスが高いので、ガンになりそうだ。

その危険をおかして先に目を進めると、「キャンドル・ディナーでガンになる」とか、「缶詰の食品で(略」とか、「炭水化物が」、「ヘルシーというイメージのあるシリアルが」、「チーズが」、「鶏肉が」、「チョコレートは」、「コーヒーは」、「カレーが」、「子供がいないと」、「子供がいると」、「ピルで」、「都会に住んでいると」、「気温が低く日照が少ないと」、「自炊すると」、「ダイエットすると」……何をどう食ってどこに住んでどういうライフスタイルならばガンにならないのだろう。(笑)

ってなところで、Dまで見たんですが、dogsはリストにあったけどcatsはなかった。(笑)

このリストではいくつ挙げられているのかわかんないけど、20件を精選したのが下記。これならさほどストレスためずに全部目を通せるかも。ただし昨年2月までの分に限定されてます。

20 Strange Things The Daily Mail Say Will Cause Cancer
February 19, 2009 by kevin
http://www.thedailydust.co.uk/2009/02/19/20-strange-things-the-daily-mail-say-will-cause-cancer/

「フェイスブックでガンになる」(実際に顔を合わせてコミュニケーションする機会が減るので)、「ワインを1日にグラス1杯しか飲まないと(略」、「風邪で小児ガンのリスクが(略」、「制汗スプレーで(略」、「揚げイモで(略」……まだ5つだけどもう疲れた。(笑)

しかもほとんどが「乳癌のリスク」(読者層が「家庭の主婦」なので)。

あと、「デイリー・メイル式、ガン研究プロジェクト」のサイトも。

The (New) Daily Mail Oncological Ontology Project
http://dailymailoncology.tumblr.com/

※このサイトをやってるqwghlmは、たぶん一番有名な「デイリー・メイル・ウォッチャー」です。メイン・コンテンツは「デイリー・メイルの見出しを自動生成」。メイルはこないだ「ニック・クレッグは親ナチス」みたいなでっちあげを行ない、またそのほかの各保守党支持メディアも「ニック・クレッグが選ばれると悪いことが起きる」という方向のでっちあげをそれぞれに行なった。その後Twitterで#nickcleggsfaultというハッシュタグが盛り上がりqwghlmの自動見出し生成は「選挙特別仕様」。よって現在はこういうのが次々と出てきます。

- IS NICK CLEGG MAKING TAXPAYERS' MONEY IMPOTENT?

- COULD NICK CLEGG GIVE DRIVERS SWINE FLU?

- IS NICK CLEGG MAKING HOUSE PRICES OBESE?

- COULD NICK CLEGG HAVE SEX WITH BRITISH JUSTICE?

- HAS NICK CLEGG GIVEN THE ROYAL FAMILY CANCER?

※いずれも事実とは無関係です。

普段はこのNick Cleggのところに「シングルマザー」とか「移民」とか「ゲイ」とか「最近の若者」などが入ります。

※この記事は

2010年04月28日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:50 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼