kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2010年02月07日

Massive Attack 新作発売直前のプロモーション



Massive Attackの、「何年ぶり」とかいうのを考えるのもいやになるくらい久しぶりの(前作は2003年)新作アルバム、Heligolandが明日月曜日(8日)に発売日を迎える。

UK盤:
B0035GU9R0Heligoland
Massive Attack
Virgin 2010-02-08

by G-Tools


日本盤:
B0030FKUSYヘリゴランド
EMIミュージックジャパン 2010-02-03

by G-Tools


というわけで、新作発売を控えて、公式サイトを拠点に展開されているプロモーションを、今ごろになってあれこれ見ている。
http://massiveattack.com/

その中に、プロモビデオを見たらTwitterに投稿する、という仕組みになっているサイトがある。
http://www.heligoland-films.massiveattack.com/



ブラウザでTwitterにログオンした状態で、プロモーションサイトの上記キャプチャの上部中央にあるLogin with Twitterのボタンをクリックすると、既にアップされている映像を見ることができる。映像は全部で7本の予定で、現時点では4本が上がっている。

映像を見るときに、映像の右下に感想入力欄みたいなのがあって、そこから直接Twitterに投稿できる。これまでにTwitterに投稿された感想の一覧はTwitterのハッシュタグ "#matweatre" で一覧できるようになっている(映像の再生の画面の右側にリンクがあるのでクリックするだけ)。

なお、#matweatreは、Massive Attack Tweatreの略で、TweaterはTwitter + Theatreの造語。Theatreの綴りがUK綴りなだけでも「ひゃっほう、ブリストルの曇天すてき!」という気分になる。

Tweatreのほか、このエントリの冒頭にkwoutを利用してキャプチャの切抜きを貼り付けたが、アートワークの作業の紹介のページ。眼福なんだか、目の毒なんだかわかりゃしない。アナログ12インチ豪華仕様……。
http://massiveattack.com/blog/2010/01/26/heligoland-artwork-blog/

で、Massive Attackのアートワークについて、ガーディアンが特集記事を出している。Heart of Darkness ならぬ、Art of Darkness って。

Massive Attack's art of darkness
http://www.guardian.co.uk/music/2010/feb/06/massive-attack

Massive Attackの3D (Robert Del Naja: アートワークは彼が担当) は現在40代半ばなのだが、その彼が20歳になるかならぬかのころのことから現在までを彼自身が語っている。

いわく、1980年代に学校を中途半端なままやめてぶらぶらしていたときにブリストルの街のあちこちに絵を描いていたとか、NYCのバスキアとかキース・ヘリングに影響されたとか、そのうちにステンシルを使うようになったとか、その彼のステンシルが衝撃的だったとBanksyが語っているとか、85年にUKで初めての「グラフィティ」の展覧会(当時NYCではすでにバスキア、へリングなどが「アート」として広く認知されていた)でゴールディに出会ったとか、まあとにかくおもしろいんだけど、新作『ヘリゴランド』のアート(3Dが描いている)についての次のくだりにはお茶をふくしかない。
"We can't use any of the Heligoland artwork I've painted for the posters on London Underground. They won't allow anything on the tube that looks like 'street art'. They want us to remove all drips and fuzz from it so it doesn't look like it's been spray-painted, which is fucking ridiculous. It's the most absurd censorship I've ever seen. ..."

つまり、ロンドン地下鉄の管理するスペースでは、広告であれ何であれ「ストリート・アート」に見えるものは一切禁止ということになっているので、Heligolandのジャケのアート(スプレーペイント)のような絵では、スプレーが飛んでるところとか垂れてるところは修正してくれないと貼り出せないと言われた、と。ロンドン地下鉄の駅ポスター用に絵を描いた彼は、この対応にもうアホかと呆れかえってしまった、と。「ここまでばかげたセンサーシップはほかに知らない」と。

じゃあ、2年前だっけ、テイト・モダーンで『ストリート・アート展』をやったときのポスターとか、どうしてたんだろう……。

あと、ガーディアンではアルバム・レビューMusic Weelkyのポッドキャストがあります。

で、このアルバムレビューが当初、「ぐろーにあど」として伝説的なことになっていたらしい。(「ぐろーにあど the Grauniad」は、ガーディアン the Guardianが自分の名前すら間違えて綴るということでつけられたあだ名。「ぐろーにあど」におけるスペルミスはよくありがちなスペルミスではなく、スクラブル的な生成過程を経て文字が滅茶苦茶に並べられるというもの。これはスペルミスとしては高等技術に属する。)



UNKLEの下記アルバム (War Stories) のアートワークが、マッシヴ・アタックの3Dです。

WAR STORIES[対訳歌詞・解説・ボーナストラック付き国内盤]
WAR STORIES[対訳歌詞・解説・ボーナストラック付き国内盤]
Traffic 2007-06-20
売り上げランキング : 33154

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Psyence Fiction ネヴァー・ネヴァーランド End Titles...Stories for Film More Stories プラネッツ・オブ・オールド

タグ:音楽

※この記事は

2010年02月07日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 22:00 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼