kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年10月14日

Twitterと「言論の自由」―― #Trafigura, 記事まとめメモ



上記は13日夜遅く(日本時間)のTwitterのハッシュタグのページ。ある語がTrending Topicsに入っているときに、うまくタイミングが合うと、このキャプチャ画像のような解説がついてくる(解説がまだ書かれていないタイミングでは出てこない)。解説は http://whatthetrend.com/ から引っ張ってきている。今回の場合、ここ。(解説の文面はユーザーが書き換えたり編集したりするので、随時変わります。)

というわけで、石油商社Trafiguraをめぐるガーディアンと法律事務所Carter Ruckの件、結局何があったかというと、大筋で次のような感じ:

1) 西アフリカのコートジボワールでTrafiguraが毒物を含む廃棄物を投棄して公害を引き起こしたとして、被害者がロンドンで集団訴訟。Trafiguraの法的代理人は、芸能人や企業の名誉毀損裁判などを多くこなし、ruthlessと評されるCarter Ruck。

2) Trafiguraの有毒廃棄物でどのような被害が起きているかを調査した「ミントン報告書」の公開が、2009年9月11日にTrafiguraとCarter-Ruckの申し立てによって差し止められた。(←リンク先はWikileaksで、その報告書がDLできるリンクがありますが、現状file not foundですかね……。)

3) 2の「ミントン報告書」について、今週、英国会でPaul Farrelly議員が大臣に対して質問をすることになっていたが、その質問について報道することが、TrafiguraとCarter-Ruckの申し立て@月曜日によって禁止された (court orderで)。予定通りの報道ができなくなったガーディアンが、そのことを、何ら具体性のない異常な文面の記事にして、編集長が「カフカ的」という言葉で状況を説明した。

4) これは英国の民主主義の根幹をなす「報道の自由、言論の自由」(議会での発言は、誰にも邪魔されることなく報道できる、というルールがある)から見て問題であるというキャンペーンがネット上、特にTwitterで行なわれた。政治家では、LibDemsのニック・クレッグ党首が「事態を問題視し、国会で取り上げる」とtweetした。

5) Carter-Ruckが、ガーディアンなどを動けなくしていた申し立てを取り下げた。ガーディアン、BBCなど各メディアが、議員の質問内容を報じた。今もまだ、BBCのNewsnightが訴えられた状態にあるらしい。

6) 13日に、Carter-Ruckの申し立てによる差し止めについて、Paul Farrelly議員が議長に質問した(後述)。

というところで、Twitterでの状況のまとめにつづき、今度はGoogle NewsでTrafiguraを検索して見つかったメディアの記事のメモ。とりあえず、何がすごいって、Google Newsの検索窓に「T」って入れるだけでTrafiguraが変換候補のトップに上がってくることだけどね。



Twitterだけではなくウェブ全体でっていうのが、当たり前といえば当たり前なのだけど、感慨深い。Google Trendなどで調べてみると、10月13日にいかにいきなり検索され始めたかがわかっておもしろいかも。

では、Google Newsにあった記事のメモ。


Trafigura社による有害物質投棄からガーディアンへの締め付けまで、全体の経緯がコンパクトにまとまってる記事。
Gagging order throws light on Trafigura
http://www.thefirstpost.co.uk/54664,news-comment,news-politics,guardian-injunction-gagging-order-throws-light-on-trafigura
Although it is the world's third largest independent oil trader, Trafigura was largely unknown outside the industry until last night. That all changed after an injunction taken out against the Guardian yesterday unleashed a storm of criticism driven by political bloggers and users of Twitter.

こういう意見見た、Twitterで。「ついさっきまでTrafiguraって何って思ってたのに、今は何をやってる連中なのか把握したし!」みたいなの。

当事者ガーディアンが、Twitterでの騒ぎについて計量的に。Trendsmap.comのスクリーンショット、Twitscoop.comでのbuzz wordsの状況を記録した動画などがあるので、ぜひ記事を見てみてください。
Twitter can't be gagged: online outcry over Guardian/Trafigura order
http://www.guardian.co.uk/media/pda/2009/oct/13/twitter-online-outcry-guardian-trafigura
Trafigura, a London-based oil trader connected with dumping toxic waste in Ivory Coast in 2006, was the most used word on micro-blogging site Twitter this morning. After the Guardian was banned from reporting the contents of a parliamentary question relating to the toxic dumping scandal yesterday evening, the topic was widely picked up and aired on Twitter. As the statistical page CrowdEye shows, tweeting increased slightly yesterday evening, and a steep rise of more than 5,500 tweets including the word "Trafigura" followed this morning.


インディペンデント。読んだら頭の中は「威風堂々」という感じの文体。
Victory for media in gagging order battle
http://www.independent.co.uk/news/media/press/victory-for-media-in-gagging-order-battle-1802004.html
Victory for the media was achieved today in a battle over the right to publish details of a Parliamentary question in what has been hailed a "great victory for free speech".

The order had been obtained by libel specialists Carter Ruck against the Guardian and by extension The Independent.

なるほど、インディもやられてたのか。

タイムズ。かっこええ文体なのだが、内容はイングランド史の教科書かという。というか、教科書にかかれるようになったことって、元々はこういう熱意のもとにあったことだと気づかされる。
Analysis: Trafigura order cast sinister spectre
http://business.timesonline.co.uk/tol/business/law/article6873045.ece
The court order to prevent a question being reported placed Parliament under a sinister spectre.

The order violated a most fundamental and cherished part of the British constitution: that Parliament is sovereign and cannot be controlled by private interests operating through the law courts.

... The principle that Parliament, as the embodiment of the people, is master of its own proceedings has been long established. It is a precious and indispensable, part of democracy. The principle was established in article 9 of the Bill of Rights (1688) which provides: "That the freedome of speech and debates or proceedings in Parlyament ought not to be impeached or questioned in any court or place out of Parlyament." ...


イヴニング・スタンダード。引用していない部分で、時系列がずれてるような気もするけど。
Victory for press as law firm gives up gagging issue
http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23756047-victory-for-press-as-law-firm-gives-up-gagging-issue.do
MPs were celebrating a victory for press and internet freedom today after one of Britain's fiercest law firms abandoned a bid to gag the media from reporting Parliament.

... The case rapidly became a cause celebre in the past 24 hours as it has long been a principle of Parliamentary free speech that MPs' questions are protected by absolute privilege.


Twitterでの騒ぎについて、デイリー・テレグラフ。
Trafigura tops list of Twitter trending topics
http://www.telegraph.co.uk/technology/twitter/6315133/Trafigura-tops-list-of-Twitter-trending-topics.html
A frenzy of tweeting pushed the hashtag #trafigura to the top of the list of trending topics, before it suddenly disappeared.

A spokesman for Trafigura's PR firm said it was not aware of any legal action being taken to have the word removed by Twitter. The word Trafigura, without a hashtag, remained in the site's top 10 words at 11.15am.

なんという陰謀論。マジなのかネタなのか知らんが、お茶ふいた。

※Trending Topicsから#trafiguraが急に消えたのは、ガーディアン編集長の勝利宣言で自然にフェードアウトしただけだろ、常識的に考えて。(某有名ハッシュタグみたいに、御輿かつぎに出てきた野次馬が、いつまで盛り上げてればいいのかわからんという中で惰性で付き合ってたらものすごい内ゲバなどを見せられてうんざりとかいうことにならないうちに終息してよかったと思うぞ。)

Sky.comも短い記事で、Twitterに注目。これは効率よい記事です。
Reporting Gag Dropped After Twitter Revolt
http://news.sky.com/skynews/Home/UK-News/Lawyers-Drop-Gag-On-Newspaper-Reporting-...

Twitterに注目したBBCの記事。
When is a secret not a secret?
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/8304908.stm

ただしBBCは自身の報道もあれこれあるので、「Twitterでこんなに話題」ってだけじゃなく、次のようなことも書かれている。
No injunction was served on the BBC, but ever since the Spycatcher case in the 1980s news organisations which knowingly breach an injunction served on others are in contempt of court, so the corporation too felt bound by the Guardian injunction.

But the lawyers in this case clearly reckoned without the "blogosphere". In the anarchic, anything-goes world of the internet, where free speech is a frequently-heard rallying cry, injunctions banning publication of anything are unpopular. This one seems to have acted like a red rag to a bull.

こういうのを、ネット用語で「ストライザンド効果」と言うらしい。バーブラ・ストライザンドの家の写真を巡る騒動に由来する表現で、インターネットで、ある具体的な情報を隠蔽しようとすると、逆に大々的に出てしまう現象のこと。

少し上のほうで、インディペンデントにもかかわりがあったということを書いたのだが、インディは9月に出した記事を1本、サイトから削除している (←リンク先はGoogleキャッシュ。via wikileak's tweetですが、Wikileaksにもあります)。(インディは圧力に弱いので、ときどきとんでもない日和記事を出したりするんだけど、この削除ほど露骨に「圧力に屈した」感じがする例は知らない。)

FTもブログで。
Paul Farrelly takes on Carter Ruck
http://blogs.ft.com/westminster/2009/10/paul-farrelly-takes-on-carter-ruck/
Paul Farrelly told the House of Commons that he had sought to raise a question about Trafigura, which was an international oil trader "at the centre of a controversy concerning toxic waste dumping in the Ivory Coast."

"The question also relates to the role of the solicitors Carter Ruck. Yesterday, Mr Speaker, I understand that Carter Ruck quite astonishingly warned the newspaper of legal action if the Guardian reported my question. Mr Speaker, will you accept representations from me in this matter to consider whether Carter Ruck’s behaviour constitutes potential contempt of court?"

The Speaker replied that the matter was not sub judice. He said that the written question had already been tabled, was on the order paper and on the Parliament website. "There is no question of our own proceedings being in any way inhibited," he said. ...


FTが書いているのはこれのこと。Carter-Ruckの申し立てによる差し止めについて、Paul Farrelly議員が議長に質問。LibDemsのDavid Heath、保守党のDavid Davis、LibDemsのEvan Harris……といった人々による「言論の自由」論が続く。


FTが書いているのと同じものについて、ガーディアン。
Trafigura gag attempt unites house in protest
http://www.guardian.co.uk/media/2009/oct/13/trafigura-carter-ruck-gag
MPs from all parties protested at Westminster this afternoon at attempts by lawyers acting for the oil trader Trafigura to stop reports of parliamentary proceedings.

つまり、労働党も保守党もLibDemsも、すべてCarter-Ruckのしたことに抗議した、と。国会をめぐる「知る権利」と「報道の自由」の根幹に関わる問題である、と。

これが、ゴードン・ブラウンの大好きな British values ってやつじゃねぇの? で、ここでそれをぶっこわしているのは「移民」とか「イスラム教徒」とかじゃなくて、シティの(だよね)有名な法律事務所。ははは、アイロニー。

保守党系でスペクテイターのブログ by Alex Massie。ガーディアンが口を封じられたと書いた直後からのリアルタイム・アップデート。
British Press Banned from Reporting Parliament. Seriously.
http://www.spectator.co.uk/alexmassie/5417651/british-press-banned-from-reporting-parliament-seriously.thtml
UPDATE: The Twitterverse is going mental for #trafigura and I suspect that by the time all this is over far more people will be aware of the controversy swirling around Trafigura's African adventures than would have been the case had they kept quiet and not attempted to silence the press. Combatting this sort of bullying, however, is one thing the blogosphere is good at.
【要旨】Twitterの#trafiguraが、なんかすごいことになっている。彼らがマスコミを黙らせようとしたおかげで、これが終息するころには、ガーディアンに書かせておいた場合より断然多くの人たちが、この石油商社がアフリカでどんなことをしているか、把握しちゃってるんではなかろうか。……

UPDATE 2: There is, at the time of writing, no mention of this story on the BBC's website. Why on earth not? (There is now - and of course, as commenters point out, Newsnight has covered Trafigura's African exploits before. And been sued for their troubles. So my criticism of the Corporation was somewhat unfair. Mea culpa.)
【要旨】今これを書いている段階では、BBCではこの件について何も書かれていないのだが、どうしてだろう。(今は記事が出ているし、コメント欄で教えられたとおり、Newsnightはこの商社について以前から取り上げていて、商社から訴えられてもいる。つまり、BBCに対する私の非難は的外れなものだった。申し訳ない。)

UPDATE 3: 1.20pm: Carter-Ruck have abandoned their attempt to prevent the reporting parliamentary proceedings. The Twitterati and the Blogoshpere have prevailed in the great Battle of Trafigura. But it is ridiculous that such a battle for such an elementary press freedom had to be fought in the first place. The Lib Dems are quite right to call for a parliamentay debate on this.
【要旨】カーター・ラック法律事務所が、申し立てを取り下げた。Trafiguraの決戦において勝利をおさめたのは、Twitterとブログ界であった。しかし、こんなに基本的な報道の自由に関して、こんな決戦が行なわれなければならなかったこと自体が、あまりに残念な状況だ。この件で議会での討論を要求したLibDemsは正しい。


ガーディアンの記事とかによると、怖いものなしのPrivate Eye(風刺雑誌)@水曜日の昼ごろ発売が、Carter-Ruckが出版を差し止めたFarrelly議員の質問を掲載し、それをStainesのところなどの有名ブログが再掲した、とのこと。それが、The Twitterati and the Blogoshpere have prevailed の内容。

次は、テック系のメディアだけど、歴史的なコンテクストをふまえて事態をまとめている。書いた人も、モニタの向こうで現場を見ていたんだろうな。
Twitter subverts Trafigura gagging order
http://www.pcpro.co.uk/news/352420/twitter-subverts-trafigura-gagging-order

テック系のメディアで、「Twitterユーザー怒らせるとこわいんだぜ」みたいな薄いエントリ(「ブログ炎上」とか「2ちゃんねらが凸る」とかいう現象を少し上品な言い方にしたみたいな)。あんまり興味ないので読み飛ばしたけど、もっと違うこと書いてあるかもしれない。
Twitter forces legal climbdown
http://www.pocket-lint.com/news/27892/twitter-forces-carter-ruck-legal-climbdown

National Public Radio もブログで取り上げている。
Gag On 'The Guardian' Is Lifted
http://www.npr.org/blogs/thetwo-way/2009/10/guardian_gag_lifted.html

The Atlantic.comも。まあ、アメリカで「フリー・プレス」とか言うなと思うけど(英国のほうがずっと「自由」だと思う。USは「好き勝手」)。個人的に合わない感じの文で(それ、おもしろいと思って書いてる?みたいな)、そろそろ話題に飽きてきたし、眺めただけで読んでません。ひょっとしたらおもしろいのかも。
The Guardian Gets To Speak, But Britain Deserves A Free Press
http://politics.theatlantic.com/2009/10/the_guardian_and_free_speech.php

AP通信も短い記事にしている。
Twitter users undermine attempt to gag UK media
http://www.thejakartapost.com/news/2009/10/13/twitter-users-undermine-attempt-gag-uk-media.html

ロイターは記者ブログで。
Internet freedom prevails over Guardian gag order
http://blogs.reuters.com/great-debate-uk/2009/10/13/internet-freedom-prevails-over-guardian-gag-order/

TIMEも英国発のランダムねた集積所みたいなところで、「Twitterすげぇぇぇ」系の記事。(アメリカのメディアはほんとに「Twitterすげぇっ」て話が大好きだな。Twitterがすげぇってより、それを使ってる人たちの目的の設定とか戦略がすごいんだけどな。)
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,1930011,00.html

Journalism.co.ukのブログ。BBCの記事がどのように更新されてきたかのメモ。
BBC Newsnight to report how large companies use media law to restrict information
http://blogs.journalism.co.uk/editors/2009/10/13/bbc-newsnight-to-report-how-large-companies-use-media-law-to-restrict-information/

同じくJournalism.co.ukから、いろいろまとめ。
'Firms like Carter-Ruck have become expert at pressing certain legal buttons,' says David Leigh
http://blogs.journalism.co.uk/editors/2009/10/13/firms-like-carter-ruck-have-become-expert-at-pressing-certain-legal-buttons-says-david-leigh/

P2Pnetが、あちこちで言われていることをまとめてくれてる。
http://www.p2pnet.net/story/29735

あと、マスコミって感じじゃないんだけど:
http://www.tcetoday.com/tcetoday/NewsDetail.aspx?nid=12188

これは解説はWikileaksのTweetから:
#Trafigura Minton report gag also hit chemical engineering journal http://bit.ly/1WgdLk

http://twitter.com/wikileaks/status/4840281370


そして、(あんまり好きな表現ではないけど、そういう雰囲気だから使う→)「ネットを敵に回した」形になった法律事務所は、ネット上で卵か靴をがんがん投げつけられている状態。これは私は、やりすぎだと思う。

※この記事は

2009年10月14日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 07:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼