kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年08月14日

【訃報】レス・ポール、大往生

94歳、「大往生」と言っていいだろう。巨星の大往生だ。日付が13日から14日になってさほど時間が経っていない時間帯に、Twitterで購読しているニュース系のRSSフィードで知らされた。

Rock guitar pioneer Les Paul dies
http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/8200385.stm

Guitar inventor Les Paul dies aged 94
http://www.nme.com/news/variousartists/46675

Les Paul : レス・ポール、永眠 / BARKS ニュース
http://www.barks.jp/news/?id=1000051982

私がごくごく普通に1日を過ごすとき、ギブソン・レスポールとフェンダー・ストラトキャスターの音をまったく耳にしないということはありえないし、そもそも現代のロックとかポップとかの音楽の録音技術が元々レス・ポールさんだったりする(オープンリールのテープレコーダーの時代に彼がいろいろと考えた、という程度のことは、ただのリスナーに過ぎない私でも耳にしたことくらいはある)。

ガーディアンのオビチュアリの写真がすばらしくいい。
Obituary | Les Paul
http://www.guardian.co.uk/music/2009/aug/13/obituary-les-paul

※記事クリップ:
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/20090814

それと、レス・ポールさんは90歳を超えてもニューヨークのライヴハウスで演奏していたのだけど、そのドキュメンタリー:
http://www.ponycanyon.co.jp/lespaul/

http://www.youtube.com/watch?v=AP7qI5RVtxw


でもやっぱりこれだよね…… It's quite unbelievable. This one is just perfect... Just listen for a minute. The sustain.

http://www.youtube.com/watch?v=ll7rWiY5obI


それと、NYTのthe lede blogに
... Musicians know that I'm a night person, so when someone's got a technical question -- how do you hold the guitar pick for this, how do you finger that chord? -- they call. Back when Jimi Hendrix opened Electric Lady Studios, he was on the phone all the time; we talked about how to mike a guitar amplifier and where he should place the mike in the studio.

I had come across Jimi sometime before at a roadhouse spot in New Jersey called the Allegro. I know the year was 1965 for two reasons: the Gibson Guitar Corporation and I were in the middle of what I call our divorce, and second, Simon and Garfunkel had a hit on the radio, "The Sounds of Silence." I came up playing with the best of the best jazz and pop musicians in the 30's and 40's, and I believe if you want to stay at the top of anything, you've got to remain curious. That's why I dropped by places like the Allegro. Right now I'm trying my damnedest to keep up with the latest computerized recording equipment.

The afternoon I first saw Jimi, he was playing a Les Paul Black Beauty, left-handed. Man, was he all over that thing! Black was the second color I asked Gibson to make when they went into production on the first Les Paul model solid-body electric guitars in 1952. I've found that people hear as much with their eyes as with their ears, and visually, a black guitar really accentuates the movements of a guitarist's fingers. Jimi was auditioning that day. My son had been helping me distribute some of my records, so he was waiting in the car. But when I walked in and heard this guy wailing -- he had that guitar wide open -- I decided to stick around for a while. It was the afternoon; the place was pretty empty, so the bartender was watering down the drinks. I never got Jimi's name. I asked -- the bartender didn't know. Then I realized my son's still in the car! I go out there and tell him that we're going to swing back after we finish dropping off records. When we got back to the Allegro, Jimi was gone. I said to the bartender, "Where is that guy? . . . Did he get the gig?"

"Are you kidding?" the bartender said. "He was too loud. We threw him out." Luckily the guy had snapped a picture, probably because I was interested. I have the photo on the wall. It took me years to come across him again.




訃報を聞いてすぐ、こんなことやってた。

Les Paul & Mary Ford Show: World Is Waiting For The Sunrise
http://blip.fm/~bn4g5

ポール・コゾフ
http://blip.fm/~bn5tj

マーク・ボラン
http://blip.fm/~bn6ay

ミック・ロンソン
http://blip.fm/~bn6lr

ミックといえばミック・ジョーンズもそうだね。
http://blip.fm/~bn7cb

ジミー・ペイジ
http://blip.fm/~bn7kl

ニール・ヤング
http://blip.fm/~bnaim

わたちゃん
http://blip.fm/~bnb4x

兄貴@the Fragileカスタム
http://blip.fm/~bnbh6

そして、ロビン
http://blip.fm/~bnbsi

初めてちゃんと聴いた、GnRでのロビン
http://www.youtube.com/watch?v=jzEU_MnZdHg

※この記事は

2009年08月14日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:30 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼