kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年06月15日

Tehran is burning. (決して軽い事態ではないようです)

テヘランが燃えています。テヘラン大学の寮が治安当局に急襲され、ドアが破られ、学生が負傷しています。イランからtweetしている人が、テヘラン大学の寮の中にいます。

下記の通り、イランではネット接続が制限・遮断されているそうですが、テヘランをはじめイラン国内からのTwitterへの書き込みはあります(みなさん、回避策を講じておられます)。



状況を一言でまとめると、次のような感じです。
http://twitter.com/TehranBureau/status/2171455556
This from 2 hrs ago: major regime crackdown - reformists arrested and foreign journos being kicked out.
(2時間前に書いたものです――政権側による大規模な鎮圧で、改革派が逮捕され、外国人ジャーナリストが追い出されている)
7 minutes ago from web

# 日本時間で月曜日午前9:50ごろの投稿です。

テヘラン以外の各都市のいくつかも、かなり燃えているようです。

しかしながら、英語圏の大手メディアはこんな調子なので(今朝のガーディアンのトップページのキャプチャ)、イラン国内がどのように燃えているかは、大手メディアを見ていてもわからないと思います。(大手メディアがこんなふうになっている背景にはいくつかの事情があるようですが、「何が起きているのか」を知るにはどうしたらいいかということにはその事情は直接関係ないので、ここでは飛ばします。)



英語が読めれば、Twitterで "#IranElection" でいろいろとフォローできると思いますが:
http://twitter.com/#search?q=%23iranelection

ここ↑では本当に玉石混淆で、玉であれ石であれ情報は錯綜気味で、現地情勢を知りたいという場合にはかなりどうでもいいノイズ(例えば、アメリカ人の「オバマは何をやってんだ」的なつぶやき)もありますし、件数も非常に多いので(1分間で100件以上のペースでtweetが増えている感じ)、英語を「読む」というより「見て」わかる人じゃないと厳しいと思います。

BBCが「写真・映像、Twitter、ブログ」のカテゴリ別に、URLを整理してくれているので、それもどうぞ。

Internet brings events in Iran to life
http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/8099579.stm

Mashableの下記記事も参考になると思います。

HOW TO: Track Iran Election with Twitter and Social Media
http://mashable.com/2009/06/14/new-media-iran/
※ただしページがすごい重い。

以下、昨晩からの私のTweetのログ。大半は現地からの、もしくは現地情勢に詳しい人のTweetの再投稿(retweet)です。

※以下、「RT @」で始まる部分は、私が書いたものではなく「@」のユーザーが書いたものです(例えば「RT @huffingtonpost」に続く文章は、http://twitter.com/huffingtonpost の投稿)。ユーザーネームは一部を消してある場合もあります。

この状況について、最初に「ちょっとこれは」と思ったのが、日曜日午後でした。最初のログが、BBC Newsの記事(bit.lyで短縮URLになっています)に「最大で100人逮捕」の報道についてのメモ:
http://bit.ly/NaxFc - Up to 100 members of Iranian reformist groups have been arrested. #IranElection 【link


次が、その少し後に "#IranElection" を見てまわってみたあとのメモ。この時点ではムサヴィ(アハマディネジャドの対抗候補)が自宅軟禁だという話も飛び交っていました。
ノイズの量が多いから気をつけなければとの話。テヘランに記者入れてるBBCとガーディアンはムサヴィ自宅軟禁を否定している(現段階では)。 【link


そのあと、「改革派の逮捕」について、アハマディネジャドの前の大統領だったハタミの政権で要職にあった人々が逮捕されているとの報道。
http://bit.ly/bVXCz Reformists arrested, including those who held senior government positions under Khatami. #IranElection 【link


ところで、ムサヴィという人は、イラン革命の2年後、1981年から1989年まで首相という職にあり、当時の「反体制派(政治犯)」に対する苛烈な弾圧を実行した人物であり、ガチの「改革派」というか、現在の体制を変えたいという人たちからみればいろいろと微妙だとのことですが、それはそれです。(リアルタイムで事態が進展している時に、そこまでつっこんでいる余裕はない。)
http://en.wikipedia.org/wiki/Mir-Hossein_Mousavi

上記のtweetを投稿してから、私はしばらくアルジャジーラのサイトでアハマディネジャドの記者会見を見ています。でも重要なところを聞き逃している。
http://english.aljazeera.net/watch_now/ Ahmadinejad press conference. Audio is recordable. #IranElection 【link

I missed Robert Fisk. RT @o***** Robert Fisk asking about hanging of a young girl, very powerful and unexpected question #IranElection 【link


以下、いちいち説明を付けているといつまでたっても投稿できないので、あまり説明つけずにコピペだけ。なお、リアルタイムで流れてくることについて、思いついたことをメモってるというものもあるので、私以外の人が見ても意味不明だったりするかと思いますが、その点はご了承ください。

ムサヴィとカルゥビは自宅軟禁ではないとのコンファームが、かなり確からしい筋から、約1時間前(20:00 JSTごろ)に出ている。 【link


やはりこの後だ。 RT @o*****l ... he refuses to guarantee Mousavi safety. "he has been fined for violating traffic rules.' #IranElection 【link


Kind of worried about what happens next. "Traffic rules violation" can lead to anywhere else. 【link

▲以上、夜9時くらいまでの段階。

▼以下、夜12時くらいからの段階。
テヘランからの情報の錯綜っぷりがハンパないんですけど。 【link


イランからの情報が、すごい混沌としている。テヘラン、シラズ、イスファハンなどで大学が襲われている。リベラルな聖職者が動こうとしているらしい。ビルマ状態の可能性。 【link

※かなりの量の文章を見たあとのざっくりしたメモなのでわかりづらいと思いますが、「ビルマ状態」は、「外国のメディアがシャットアウトされる」という意味です。

Google翻訳ってペルシャ語 (Farsi) なかったんだっけ? Doesn't Google translate have Farsi? 【link


Watching this clip (I've downloaded the flv file) RT @ma**** http://bit.ly/1b4XjF chek video #IranElection 【link

※下で貼り込んでいる映像の別角度と思われます。通り沿いの建物の中からの撮影、たぶん携帯電話のカメラ。

RT @o***** RT @Ch*****: Security forces are now gathering a large force near university of physics #iranelection #iranelections 【link


テヘランから RT @ma***** Check this video out: Protests in Tehran after election Riot police caught by crowd http://bit.ly/3DPXM4 #IranElection 【link

http://bit.ly/3DPXM4 抗議行動の群集の中に警察がバイクで突入、バイクが倒されてor倒れて、警官が1人抗議行動の人たちに建物内に連れて行かれ、軽く脳震盪っぽくなっているのか、頭から水をかけてもらうまでの一連の流れ。←日本語わかりづらいのはご容赦 【link


上記のhttp://bit.ly/3DPXM4 のビデオ:


※撮影者がイタリア語で喋っていますが、あとからどこかで見たものによると、これはイタリアの新聞、コリエレ・デラ・セラの取材のようです。

アメリカが動き取れなくなったら非常にまずいのだが。AP報道→ http://bit.ly/2temyZlink

※「動き取れなくなったら」というのは、最上級のことばで非難するほかはないという状況になったら、という意味。

RT @C*****: Karoubi speaking right now with people in front of his office. I hope nothing bad happens #iranelection - 1 minute ago 【link

※Karoubiはムサヴィとはまた別の大統領候補者。

Reading the Guardian - Iranian people turn digital smugglers in battle for information http://bit.ly/7MzmR via @oxfordgirl 【link

※イランの人たちのネット遮断の回避についての記事。

http://www.flickr.com/photos/mousavi1388/ CCで公開してくれてればもっといいのに…ともあれ、ようやく関連のところをいろいろ見終わって、全体的状況がつかめてきたような気がする。 【link


つながりにくくなってきているらしい? この状況下で? 非常にいやな感じがする。かんぐりすぎであることを祈る。 【link

※ムサヴィのTwitterで「以後更新は次のURLで」というような内容のものがあり、「つながりにくい」を肯定するTweetがほかにもあることを確認したときの走り書き。

RT @o**** RT @E*****: says 150 Sharif Univ faculty resigned saying they are ashamed to get paid by such a gov. #iranelection 【link

※大学の人たちがまとめて150人、抗議辞職。これはその後コンファームができたのかどうか確認しきれていない。

うへ。ちょっとレバノン方面見てくる。 【link

※見てきた結果、レバノンはヒズボラが「再選おめでとうございます」の声明を出していることを確認。ついでにイラクも大統領がその声明を出していることを確認。そのソースは控え忘れたけど、大手の記事。APか何か。

次が非常に重要な動きだったのですが、BBCはスルー(個別記事出さず)、他のメディアもスルーでした。ラフサンジャニと権威ある聖職者が選挙無効を、という動き。
RT @******9: Rafsanjani did it! Masters of Qom asked to void the election! (no link yet) #iranelection #newiran 【link

詳細は、http://en.wikipedia.org/wiki/Qom とか参照。

次は「うは」となった記事。日曜日の夜に見たメインストリーム・メディアの記事では、このLAタイムズが一番よかったと思います。
http://bit.ly/5UUDv LA Times - 9:50AM PDT, June 14 "Riot police and hard-line Ansar-e Hezbollah militiamen fought running street battles .." 【link

RT @O****** @S********* yeah they are def hezbollah. they did the same thing with the student marches in 1999 - 5 minutes ago 【link

Ansar-e Hezbollahはイランの宗教的な武装組織で、「泣く子も黙る」という感じの存在。(レバノンの「ヒズボラ」とは別です。)1999年の学生の抗議行動のときに相当いろいろあったとのことです。英語版ウィキペディア→ http://bit.ly/StFka

Link to Andrew Sullivan's blog. Has a video ppl chanting. RT @n******* "The Revolution will be Twittered". http://bit.ly/xJxyc #Iranelection 【link

Andrew Sullivanは英国出身米国在住のブロガーで、政治的には右派(リバタリアン)のゲイで、イランについてはゲイ・ライツの観点から少し書いていたと思います。

メディアの遮断……BBCのペルシャ語放送に妨害電波。
RT @v**********: Iran Jamming BBC Satellite Used to Broadcast BBC Persian TV http://tr.im/osCY #IranElection #Mousavi #Ahmadinejad 【link

天安門20年のときに中国がネット遮断したのを個別記事にしてトップページに掲示した英メディアが、イランについては個別記事を立てていない。BBCはBBC Farsiが遮断されたので抗議の文章はアップしたが、記者ブログ。 http://tr.im/osCYlink

これ、ほんと不思議なんですが、以前はイランが大規模にネット遮断すると記事が出てたように記憶しています。イランはブログ大国で、ex-patも世界各地にいるので(1979年革命で亡命した人やその子供、あるいは革命とは直接関係のない留学生など)、ネット遮断は非常に大きなこと。

RT @thehuffpost: http://HUFFPO.ST/cgN Mousavi's wife appears publicly for first time since protests erupted #iranelection 【link


What? RT @o*****: Live rounds being used in Rasht!!! BBC confirms delegation led by Raffers gone to Qom. #iranelection #iranelections 【link

※「実弾」については詳細不明です。

RT @o*****: Appears it is true, student killed in Rasht. tabriz boiling over. #iranelection #iranelections - 8 minutes ago 【link

※ラシャットでの「死者」についても、詳細不明です。

サリヴァンのところにあるコスの記事の数値は内務省筋からという話もある。だとしたらまずコンファームされえない。 【link

※「サリヴァン」=Andrew Sullivan, 「コス」=Daily Kosです。「本当の選挙結果」として非常に具体的な得票数が掲示されているのですが、あまりに怪文書なのでコピペはしません。サリヴァンのところですぐに見つかると思います。

http://bit.ly/16KH3r The Times (UK) - Ahmadinejad 'takes back Tehran' with violence #IranElection 【link

※ようやく「まとも」に思える方向の報道が、タイムズから出ました。(よりによってタイムズか……)必読記事。

RT @alexhoder: NBC offices in Tehran raided, cameras and Equipment confiscated. (cont.) #Iran #IranElection 【link

(cont.) RT @a*****: BBC told to get out Iran immediately. Cell/internet shut down #iranelection - 29 minutes ago #Iran #IranElection 【link

※テヘランにある米NBCのオフィスに当局が入ってカメラなどを押収、BBCは即時退去を命じられ、携帯電話とネットはつながらない、という報告。@alexhoderさんはカメラマンとして仕事をしている人で、上記情報の元はABCの記者の@jimsciuttoABCさん。

RT @n*****: iranian army has announced its neutrality. that's an open invitation to revolution, in case you hadn't noticed #iranelection 【link

Re: army's neutrality: Can't spot any source but have seen other twitter reports, thus, a retweet below. 【link

※「未確認情報ですがいくつもTweetを見たので一応RTしておきます」というメモ。

「ムサヴィ支持者は何時何分にどこそこに集合」のトラップがあるらしい。出かけていったらそこには秘密警察がいるというトラップ。 【link


RT @*****ABC: #iranelection inside the protests tonite, if u support ahmedinejad, no police; if u criticize, pepper spray, gas, batons. 【link
※テヘランにいる米ABCの記者さんのTweetです。

"Tienanmen + Twitter = Tehran" ...ていうか天安門にさせないためにってことだと思うんですけど。YouTubeの映像見てたらまさにそれで、精神的にこたえる。 【link

※「天安門+ついったー=テヘラン」は、どれかの記事で見かけた表現です。

RT @*****ABC: #iranelection We witnessed police spraying pepper gas into the eyes of peaceful female protesters. 【link

※「抗議行動に参加している女性の目に警察が催涙ガスを噴射しているのを自分たちが目撃した」とABCの記者。

RT @******9: something happening w/ army! not possible to come out and say they R neutral but can spread that thought #IranElection 【link

※軍隊の件について、イラン内部からの声ということでRTしておきましたが、これ、ほんとに微妙。

RT @*********t: Robert Fisk believes the results of the #iranianelection were valid: http://tr.im/ot3C #iranelection 【link

ロバート・フィスクきた。 Iran erupts as voters back 'the Democrator' http://tr.im/ot3Clink

http://tr.im/ot3C 前半:フィスクはポエムを書いているのか? 「警察が道路の舗装を破壊して得た石つぶてをムサヴィ支持者に投げている」といったディテールは読む価値あり。後半はまだこれから読む。 【link

http://tr.im/ot3C 後半:英文は読めてもナラティヴが読めない…というのはフィスクの記事では私はよくあることだが、衆人環視の中でのおそらく見せしめの殴打の描写は淡々としていてすごい。"we know what that means", で?ってとこを書かないのは普通 【link

※確かに、フィスクは選挙結果を正当なものとしているようです。でなければこの人ははっきりfraudだと書くはずだから。

RT @o******: We now have confirmed deaths of protesters, I don't think there is any going back. ... #IranElection #IranElections (cont.) 【link

(cont.) RT @o******: 2 in Rasht possible 1 Tehran #IranElection #IranElections - 25 minutes ago 【link

※この死者については、確認できた範囲では、大手メディアでは言及がありません。ただ「確認できた範囲」が非常に大雑把なのですが……この状況で死者が出たのであれば、それが1人でも2人でも3人でも、トップニュースになるはずです。しかしこのときのBBC Newsのトップはこの「アハマディネジャド支持者デモに数千人」でした。(←んなの、動員されてるに決まってるだろ。英国が主導したモサデク政権転覆のときも、「反モサデク」が動員されてたんじゃなかったっけ。)

場所など不明ですが、死者が出た瞬間と思われるビデオ。向かいの建物から撮影。中庭というか前庭で10人くらいのライオット・ポリスが誰かを殴り、殴られた人は身動きしていません。
http://www.youtube.com/watch?v=iHr1UXbqnoQ
※映像は「未成年者には見せられない内容」のフラグが立てられているので、YouTubeにログインして年齢確認しないと再生できません。

RT @E********: conf:Mousavi: I'm fine, but being watched. my office shut down. party members arrested. bit.ly/10WNks #iranelection 【link

※「ムサヴィは無事だが監視がついていて、オフィスは閉鎖されて党員が逮捕されている」。

RT @E*********: Conf: No permission for tomorrow's demonstration. State media said it's illegal. #iranelection #cnnfail 【link

※「月曜のデモは許可が下りず」。1972年1月30日のデリーを思わざるを得ません。

RT @E*********: [Zahra Rahnavard (Mousavi's wife)] says: "Use all the old means of comm, phonelines, papers,.. (cont.) #iranelection 【link

(cont.) RT @E*********: ... to spread the word as Mousavi doesn't have a way to comm" [says Mousavi's wife] #iranelection 【link

RT @E**********: [Zahra Rahnavard (Mousavi's wife)] says: "all campaign offices are shut down. ... (cont.) #iranelection #cnnfail 【link

(Cont.) RT @E*********: ... Mousavi is against dictatorship and only wants the election annulled." #iranelection #cnnfail【link

※ムサヴィ候補の夫人のスピーチか記者会見があったのの説明。「ムサヴィのオフィスは閉鎖され、電話なども使えないので、みなさんで情報を広めてください」。……自宅軟禁ですね。

この時点で既に確認していたのですが、ムサヴィ支持者はアハマディネジャドを「独裁者」と呼んで、彼が大統領であるイランは正当なものではないというためにイラン・イスラム共和国の「イスラム」を外してシュプレヒコールをあげています。

RT @o*****: Rumours Army announcing it will be "neutral - who in the army would do that, or dare right now. Think untrue #iranelection 【link

※上述の「軍」関係の噂について、否定する内容。

RT @E********: mobile network disconnected again in most parts of Tehran. #iranelection #cnnfail - 17 minutes ago 【link

※再度、携帯電話が通じなくなっている。

……とりあえず、以上。これで、月曜日朝7時くらいまでかな。

※この記事は

2009年06月15日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 10:06 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼