「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年04月04日

ジェリー・アダムズが中東を訪問

シン・フェインのジェリー・アダムズが、2009年4月1日付けで(まぎらわしい日付だ)、「来週、中東を訪問します」というタイトルの記事をブログにアップした。
http://leargas.blogspot.com/2009/04/next-week-i-will-visit-middle-east.html

エントリには2006年9月にアダムズがパレスチナを訪問したときの写真がついている。半袖シャツで双眼鏡を首からさげたアダムズの後方には、コンクリート片の山のようなものと、集合住宅と、そして分離壁があり、分離壁を隔てたところは家屋などはなく、背の低い潅木と砂地になっている。場所が具体的にどこなのかはわからないが、写真キャプションには「2004年の国際司法裁判所の判断に反してイスラエル政府が建設している壁」と明示されている。

この訪問のとき、アダムズはイスラエル政府(当時は首相はオルメルトの前、シャロンかな)とも会談する意向だったが、イスラエル政府がこれを拒絶した。理由は、「ハマスと話をする奴とは話をしない」である。でもヴィザは出した。当時のエントリを参照。(コメント欄でもアップデートしているのでそれも。)
http://nofrills.seesaa.net/article/23359109.html
※シン・フェインが中東にコミットしている理由については、このエントリ(↑)を参照。

今回も、イスラエル政府はアダムズに会うことを拒否しているという。理由は同じだ。「ハマスと話をする奴とは(以下略」。

まるで「1997年のイアン・ペイズリー」(というか2007年までのイアン・ペイズリー)のようなNever, Never, Never的な態度を示しているイスラエルのリーバーマン(おそろしいことに外務大臣)については、イアン・ペイズリーにネゴシエーターとして期待をかけておくことにしよう。「アナポリス合意なんてものはないんだよ!」と言うリーバーマンは、「グッドフライデー合意は死んだ!」と言っていたペイズリーにそっくりに見える。そしてペイズリーが「和平」の主役となったのは、彼が反対していたGFAに上書きするような形で、彼を交渉の主役として、別の合意(St Andrews Agreement)ができたからだ。

そのことをアダムズは当事者として知っているし、イスラエル政府と直接の接触はなくても、何らかの形で有効な伝え方をするだろう。そのくらいは期待するよ。

以下、アダムズの4月1日付けブログから:
(2006年に中東を訪問したことを回想した記述の後で)それは2年半前のことだ。当時、イスラエル政府は私に会うことを拒絶した。ただし、公正を期して言うが、イスラエル政府は私の訪問を手助けしてくれたし、訪問日程がスムーズに進むよう力を貸してくれていた。それ以来、情勢はひどく悪化している。特に先ごろのガザ地区に対するイスラエル軍の攻撃をみれば明らかだ。この攻撃では1400人以上のパレスチナ人が死亡し、そのほとんどが (mostly) 一般市民であった。イスラエル人も13人が殺されている。

私の今回の中東行きの目的は、実現できる限り最大限で、イスラエルとパレスチナの意見に幅広く接することである。

イスラエルとラマラには再訪問ということになるが、今回はガザとスデロトにも行くことになっている。また、ラマラではパレスチナ自治政府 (the Palestinian Authority) の要職にある人たちと会うことになっている。

イスラエル政府か、政府関係者と会う要請も行なったが、今回もまた拒否された。理由としては、私がハマスの代表者と話をしないということを明言しないからだという。

イスラエル政府がこのように決めたことは大変に遺憾である。

検閲対象となり(シン・フェインのメンバーの声はテレビで流すことを法律で禁止されていた)悪魔化され、党員が殺されていたような政党の党首として、私は、すべての立場の間での対話こそが、和平プロセス構築の鍵であると認識している。したがって、私はすべての立場の人たちに会うし、すべての立場の人たちに対し、すべての武装活動を停止し、意味のある対話に取り組むよう強く求める。

すべての戦闘が完全に停止されねばならず、すべての人が自由に移動できなければならないと私は信じている。

大きな課題となっているのは、2国家樹立という解決策 (two state solution) に基づいた解決をもたらすということだ。

これには、パレスチナの人々にとって持続可能で継続的な国家の樹立が必要とされる。彼らは、イスラエルの隣人たちとあの地域を分け合っている。

疑いの余地なく、イスラエルの人々の安全は、パレスチナの人々の権利と自由と繁栄と、分かちがたく結びついている。両者は互いに平和的に共存することができる。私はそれを確信している。

アイルランドにおける和平プロセスと、中東における紛争解決の取り組みとを並べて見ることは、無謀なことかもしれない。類似している点はあるが、大きな違いも多々あるのだから。

しかし、解決策を見つけるためには、両側に、リーダーシップと、リスクもイニシアティヴも妥協も引き受ける覚悟が必要であるということは明らかだ。

そして、それには国際社会、特に米国が非常にポジティヴで積極的な役割を果たすことも必要となる。この点について言えば、ジョージ・ミッチェル氏が米国政府の中東特使として任命されたことを私は歓迎する。

政治的意思は山を動かすことができる。それは政治的状況を根本的に変化させることができる。その希望を確信して、次のブログを更新してゆくことになる。困難は多々あれど、中東での紛争は終わらせることができると私は確信している。解決策が実現可能だ (A solution is possible)。すべての人々に、このプロセスを現実に生じさせるのを助けるために、できることはどんなことでもする義務がある。たとえそれがどんなにささやかであろうとも。


アダムズは中東からもブログをアップデートするだろう。

4月1日付のブログは、このあと、不景気による工場閉鎖や規模縮小、生産ラインの停止に伴う労働者のレイオフや解雇に対する抗議行動にシン・フェインが積極的に取り組んでいることについての記述を挟んで(この問題については、シン・フェインは全アイルランド規模で組織している政党なので、シン・フェインのサイトでは南の国会議員の発言なども読めるはず)、最後に、次のような記述がある。

And finally, if any so-called dissidents read this blog would they mind terribly explaining the rational behind the bomb hoaxes of recent days. In particular would some one take the time to explain how the Irish cause was served by closing St. Aidan’s Primary school in Ballymurphy or for that matter the eviction overnight of families in Islandbawn Street?

最後に、いわゆる「非主流派」がこのブログを読んでいたら、どうか説明してほしい。この数日続いている偽の爆弾予告の背後にどういう理屈があるのか。特に、バリーマーフィの小学校を並行にすることや、アイランドボーン・ストリートの住民が夜間緊急避難しなければならなくなったことで、アイリッシュの大義がどのように進められるのか、誰かしっかりとした説明をしてもらえないか。


アダムズはここに書いていないが、今週(3月30日から)はディシデンツのボムの騒動がかなりすごくて、ベルファストがかなり荒れた。アダムズがこのブログをアップしたあとには、シン・フェインの本部があるフォールズ・ロード地区で爆発物が見つかった、ということもあった。4月12日にイースター蜂起(1916年)の記念の行事がダブリンで行なわれるが、それまでがひとつのヤマになるんじゃないかと私などははらはらしながら北アイルランドのニュースを日々見ている。

しかしながら、大きな流れを変えることはないにせよ、ディシデンツの暴力はたぶん消え去りはしないだろう。先日、ヘンリー・マクドナルドが書いていた通りだと思う。(私はあまり詳しいことは知らないけれども、バスクでも結局はそういうことになっているように。)

アダムズはそんなことは重々承知しているだろうし、英軍基地を襲撃し、英軍にピザを届けたピザ屋の従業員(バイト)を「正当な標的」だなどと言い、警官を狙撃したような暴力が、そんなに簡単に「過去のもの」になるとは思ってはいないだろう。デリーからは連日、punishment shootingの発生が報じられている。

その上で、彼が中東で何を発言するのか(その前提として、何を見るのか)ということは、どういうわけかネタニヤフが政権をとってしまい、さらにひどいことにあのリーバーマンが外相になってしまい、グッドフライデー合意の当事者のひとりであるトニー・ブレアが完全にふやけて腐りきった「中東大使」であるという現実と照らし合わせて、茶化さずに真面目に見ておきたいと思う。

パレスチナは北アイルランドよりもさらに複雑で、マフムード・アッバスのファタハとは一体何なのか(アラファトのファタハとはたぶんかなり違う)といった視点もないとわかるものもわからないと思うのだけれども。



※この記事は

2009年04月04日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:51 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼