「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年02月03日

寒波でイングランド南東部も積雪(写真へのリンク多数)

'best snowman at hoxton sq', by anamobe
* 'best snowman at hoxton sq', a CC (Attribution-Share Alike) photo by Ana Bernardo on flickr

犬は喜び駆け回り、果ては氷柱をおもちゃに楽しそうだが、猫が丸くなるためのコタツはない(けど、とりあえず家に入る)。コマドリのクリス(<写真のdescription参照)の心中を推し量ることはできないが、白鳥は心なしか「ウキウキウェイクミーアップ」な感じで、ロンドンのオープンスペースにはスノウマン大量出現し、オープンスペースのみならず路上にも出現し、人間クリエイティヴィティが見せ付けられる。クレジット・クランチも何のその、このスノウマンはお金持ち(大きいからちょっと重いけどオリジナルサイズ参照)、一方で大金持ちのはずのシティ・オブ・ロンドンの……これは何でしょう、ドラゴン? ともあれ、何なのかがわからない。一方で公園のゴミ箱はやたらと楽しそうだ。

欧州の寒波は、あまり雪が降らないイングランド南部までも雪で覆いつくした。ブリテン島の東岸から西へと雪雲が移動し、ロンドンは雪に覆われて公共交通も麻痺している。

雪の影響については、下記BBC記事のAt-a-glanceから(ページ上部のタブをクリック)。降雪・積雪に加え最高気温が0度とのこと。なお、3日に予定されていたうち対カーディフのFAカップ再試合は、雪のために延期
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/7866366.stm

Flickrのグループ、Snowy London 2nd Feb:
http://flickr.com/groups/1044013@N22/

Flickrの "london snow" タグ検索(新しい順):
http://flickr.com/search/?q=london+snow&ss=2&s=rec

寒波は数日前からロンドンに雪を降らし、アップル・レコードの社屋での「ザ・ビートルズ、最後の屋上ライヴ」(1969年1月30日)から40周年を記念して行なわれた再現ライヴも雪の中:
http://flickr.com/photos/fictionelle/3249698258/

こんな天候の中、"Put British Workers First" を標語にした発電所や精製所の労働者の山猫ストは拡大、ついにセラフィールド原発、ヘイシャム原発の人たちもストに加わった。下記のBBC記事には、リンカンシャーの写真がある。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/7863879.stm

一方で「18年ぶり」という大雪で、イングランド南部は公共交通機関が麻痺、雪遊び用のそりは売り切れ。
http://www.guardian.co.uk/uk/2009/feb/03/weather-uk-snow-storm

ロンドンでは、ビニール袋とか板切れなどをそり代わりに人々が遊んでいると報告されている。下記は、タグによると、ハイド・パークの西(ケンジントン・ガーデンズ)と思われる。
http://flickr.com/photos/edwardhorsford/3248552491/

そして、ロンドンの「地下鉄」は、実はその路線の45パーセントが地上を走っているので大雪の影響をまともに受けて麻痺。バスも一時は全面運休。そもそもロンドンには除雪の設備がなく(!)、24時間体制で除雪作業を行っているヒースロー空港でも作業が追いつかず、キプロス航空の飛行機が誘導路をそれて芝生に入るという事態が発生。
http://www.guardian.co.uk/uk/2009/feb/03/snow-london-transport

この大雪で商店や銀行の支店は休業、交通機関の麻痺で5人に1人が出勤できない状態にあり、経済的な損失は£1.2bnとの試算もあり、この結果として3,000社の経営が危ぶまれているとの報告すらある。シティのディーリング・ルームはhalf emptyで、出来高も少ない。(一方で、シティで働く人々は、たぶん「ヒマだし」ということで、Paternoster Squareで雪だるまを作って遊んでいる、らしい。)
http://www.guardian.co.uk/uk/2009/feb/03/cold-weather-retail-industry

一方ソヴィエト・ロシアでは、(雪があなたを阻むのではなく)あなたが雪を阻む!と、ガーディアンのモスクワ支局のLuke Hardingが報告している。
http://www.guardian.co.uk/world/2009/feb/02/snow-russia-weather
Moscow's pro-Kremlin mayor, Yuri Luzhkov, may not be a democrat, but he appears to know a thing or two about street-cleaning. The Russian capital has an army of snowploughs and snow-trucks - not to mention thousands of dvorniki, or street-cleaners, employed to clear snow from pavements and communal courtyards.

The authorities have recently brought in state-of-the art snow-melting trucks. The trucks efficiently reduce mountains of snow into water and then pour the grimy liquid into the Moscow river. It may not be ecological and would probably appal Europeans, but it works.


イングランド南部の交通機関への雪の影響についての確認は、下記BBC記事内のKey Linksから。ヒースロー空港(BAA)、ロンドン地下鉄&バス(TfL)などがリンクされている。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/7866294.stm



ガーディアンの写真特集、Snow in England:
http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2009/feb/02/pictures-of-snow-in-england?picture=342683470
ロンドンだけでなくイングランド全域からの雪の写真、全45点(現時点で)。

1点目、ストーク・ニューイントン(ロンドン東部、ハックニー)の「雪だるまを眺める犬」がとにかくかわいい。2点目はプリムローズ・ヒルでお尻にビニール袋を巻きつけて坂を滑って遊ぶ人。4点目が、ブロムリーの住宅街なのだけど、スキー板……。5点目、これは珍しい、ブライトンのパヴィリオンが見事に雪の中。8点目、ロンドンのセント・ジェームズ公園、大人が膝まで埋まる積雪。11点目、ウエストミンスター・ブリッジ、雪で真っ白ななかに議事堂が……美しい。15点目、ケンブリッジ、学生の自転車は雪に覆われている。18点目、ゲイツヘッドのAngel of the Northが雪の中。19点目、ロンドンの……これどこだ、ヴィクトリアン・ゴシックの建物の前で雪をかぶった赤い電話ボックス。23点目、珍しい、雪に覆われたロンドンのホワイトホールを歩くボウラーハットとこうもり傘の紳士(ただしシリー・ウォークはしていません)。24点目、スコティッシュ・ボーダーの地域で雪か羊か、羊か雪か。25点目、ロンドン中心部の酔っ払い、ただしパラシュート連隊のタトゥつき。26点目、オクスフォード・サーカスでfcuk。33点目、この人たちは雪でも姿勢も表情も動かさない、たぶん。さすがに首の防寒は固めてあるけど。35点目、雪とロンドンアイ。幻想的。38点目、パーラメント・スクエアのピースキャンプ。Brian Hawはこの天候でもそこに座っている。

flickrのgmfotoさんの2月2日アップロード分。ロンドン南部、Wandsworthの様子(South West Trainsは全面運休)。それぞれの写真をクリックして、all sizesで大きな写真をぜひ。
http://flickr.com/photos/guymeagher/archives/date-posted/2009/02/02/

国会議事堂など観光名所の雪景色は、Paolo Cameraさんのセットにまとまっている。
http://flickr.com/photos/vegaseddie/sets/72157613282634670/

ロンドン、EC1地区の街路。雪に埋もれる自転車。
http://flickr.com/photos/take-me-to-your-leader/312096732/

タクシーと電話ボックス。
http://flickr.com/photos/danielrsilva/3248823216/

信号機。
http://flickr.com/photos/fchouse/3247297837/
http://flickr.com/photos/guymeagher/3247272772/

花。
http://flickr.com/photos/mcmasters/3246846737/

追加。ガーディアンのスノウマン写真集。
http://www.guardian.co.uk/uk/gallery/2009/feb/03/weather


※この記事は

2009年02月03日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 17:58 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼