kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年01月21日

ガーディアンの特集、The Bush Years

どこもかしこもオバマ就任のニュースでもちきりで、ガザ攻撃については、攻撃がストップしていることももちろんあって、目を開けているだけで入ってくる情報の量は少ない。正直、少し息をつける感じがする。

ガザ攻撃で手一杯で今日まで気がついていなかったのだが、米国での展開に力を入れている英メディアであるガーディアンが、基本的に「米国外から見たブッシュ政権」という線で「ブッシュの時代」を項目ごとにまとめた記事を17日に一気に出している(多分紙面では見開きの特集)。お題は「宗教」、「経済」、「環境」など政策分野と、コンドリーザ・ライス、カール・ローヴ、ドナルド・ラムズフェルド、デイヴィッド・ペトレアスなどキーパーソンたち。記事執筆者に「おお!」という人もいる。以下、各記事を簡単に。

■市民的自由(グアンタナモ、拷問、通信傍受)
Civil liberties by Suzanne Goldenberg and Ewen MacAskill
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-civil-liberties

The indefinite detentions, and the steady accumulation of evidence of torture and religious and sexual humiliation - authorised in White House and other official memos - turned Guantánamo into a festering sore in America's relations with the Muslim world.

So did revelations that the CIA had secretly kidnapped dozens of people on European soil and flown them to countries such as Egypt, Jordan, Morocco and Uzbekistan for interrogation. So-called ghost detainees were also flown to some of the CIA's own secret prisons, or black sites, in eastern European countries.

...

"[It hasn't] achieved anything in terms of goals," said Vijay Padmanabhan, a former state department legal adviser on Guantánamo and other detainee issues. He said that Condoleezza Rice had been in favour of closing the detention camp since 2005.


グアンタナモはmiserable failureだということを、ブッシュ政権の中の人が認めている、ということで。

なお、オバマ政権の司法長官は、ウォーターボーディングは拷問であると言い切っているので、「共和党内のリベラル」のジョン・マケインもある時期までは大いに発奮していた「water boardingは拷問であるか否か」のディベートはもう終わり。

Attorney General nominee declares waterboarding to be torture
By David Stout
Published: January 15, 2009
http://www.iht.com/articles/2009/01/15/america/15holdercnd.php

■宗教
Religion by Ed Pilkington
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-religion

あんまり興味ないから飛ばします。結局、ブッシュは見かけほど宗教熱心ではなく、宗教ベースのイニシアティヴへの資金的サポートもお粗末だったとかいうことが最後の方に書かれていることだけメモ。

■カール・ローヴ
Karl Rove by Katha Pollitt
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-karl-rove

米国のThe Nationなどに書いている詩人が書いた記事で、さくさく読める文章。これ読むと、カール・ローヴは20年後くらいに映画になっていそうと思います。主演、トム・クルーズ(=ドル箱映画、という意味で)。
Rove's formula for success was simple: fire up rightwing Christians and other social conservatives - aka "the base" - and use up-to-the-minute computerised marketing tools to get every last one of them to the polls. If in the process of feeding red meat to the base you alienated other potential constituencies - pro-choice women, black people, moderates - so what? You only need 50% of the votes, plus one. ...

... When he resigned his job as White House deputy chief of staff and senior adviser a year and half ago, following Democratic victories in both House and Senate, he left behind a whole mess of scandals with his thumbprints all over them, including the outing of CIA agent Valerie Plame, the firing of federal prosecutors who refused to politicise their office, and the indictment and conviction on questionable charges of Don Siegelman, the popular Democratic governor of Alabama.

In retrospect, it's hard to see why Rove was ever considered a brilliant long-range strategist.


In retrospectじゃなくても、ローヴが戦略家として優れているなんて思えませんでしたけど……なぜなら、「アメリカ」が大切にしてきた「価値」、つまり「精神的な自由」を否定していたのだから。でもそういう根源的なところでの「自由」の否定は「米国」的だと私は思っていますが。

■オサマ・ビンラディン
Osama bin Laden by MJ Akbar
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-osama-bin-laden

記事を書いているのはthe Asian Ageの編集長で、Covert誌のエディター。いきなり1918年の話でびっくりするけど、「オサマ・ビンラディン」個人の話だと思うからびっくりするんであって、OBLとアルカイダという存在をここまで大きくした「世界」の話だと思って読めばびっくりはしない。
Arabs created room for an Osama through inertia. America expanded it through war. Bin Laden deliberately provoked conflict by destroying Bush Jr's isolationist complacence with a successful strike that could have been scripted for fantasy-history. Today Bin Laden, and forces sympathetic to him but outside his control, are gaining nationalist space in the region between Egypt and Pakistan. That is, or should be, the most worrisome consequence of Bush's long eight years in office.

... Bin Laden is no more than an agent provocateur, but his historic importance is as a manifestation of despair. He may arouse toxic alarm in the west, but his more enduring legacy should be as a wake-up call for the Muslim world.


「アラブ民族主義」がOBL流の思想に取って代わられた、ということが書かれているんですが、それはイングランドでいえば「労働者階級のイングランド」という理念が極右の思想(と呼べるものではないが)に取って代わられた(@70年代、80年代)ようなことではないかと。

なお、筆者の結論は、「ムスリム国家が近代化せず、ジェンダーバイアスのような社会悪を打倒しない限り、OBLは現在の混乱の霧をますます深くさせ、混沌の嵐とするような退行を引き起こすだろう」。この結論はその前の部分とあまりきれいにつながってない。第一、「近代化」への反動としてのワハビズムという側面はどう扱うのだろう。

■戦争(複数形)
The wars by Ewen MacAskill
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/iraq-afghanistan-george-bush

書き出しがこれ。
History will vindicate the costly wars embarked on by the Bush administration, US vice-president Dick Cheney claimed last week.


vindicateに私の知らない意味があるのかと思って辞書引いちゃった。
http://dictionary.reference.com/search?q=vindicate

チェイニーは、今月のCBSのインタビューで "I think Iraq is much better off than it was before we went in in 2003 and got rid of Saddam Hussein." とも述べているとのこと。2003年にイラクがひどい状態にあったのは経済制裁のせい、というツッコミはこの記事にはありません。文章量が限られているところでこのテーマだから無理もないけど。

というところで少し思い出してみると、ちょうど「ガザで民間人がたくさん死んでいるのはハマスのせいだ」という(非)論理と同じように、「サダム・フセインがいるから、イラクは、例えば病院には薬も設備もなく子供が死んでいるのだ」と言っていた人が2002年とかにいたかどうか……よく思い出せません。orz

でもチェイニーのこの言い方では、「サダムがいるから(イラクは制裁を受けて)子供が死んでいたのだ」ということなのかな。ていうかそういう読みもできてしまう。ちなみに対イラク経済制裁はトニー・ブレア政権(特にロビン・クック外相)、ビル・クリントン政権が共同で推進したもので、ブッシュ政権の責任は比較的軽め。

■環境
The environment by Suzanne Goldenberg
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/environment-george-bush

"Highlights of Accomplishments and Results"(ブッシュ政権の功績集)というブックレットに、"Throughout his administration, President Bush made protecting the environment for future generations a top priority" と書かれている、というのがこの記事の書き出しで、お茶ふき。何という修正主義。「ブッシュが地球環境は悪化していないと主張し、京都議定書に署名拒否したなんてことはなかったんだよ」ってこと?

今はこれだけでいいや、っていう感じです。疲れるから。

■世界
The world by Julian Borger
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-kyoto-guantanamo-bay

未読。トピックはたぶん「一国主義」だと思いますが、内容を予想しただけでうんざりしたので、とりあえず未読。

■経済
The economy by Andrew Clark
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-economy

未読。

■《インターバル》ブッシュのインタビューについて
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-jacob-weisberg
In an attempt to shape his legacy - in other words, to make the case that he wasn't such a bad president after all - Bush puts forward a series of tortured propositions. He blames the invasion of Iraq on "flawed intelligence", while maintaining that it was somehow the right choice anyhow. He attributes the global financial crisis to "decisions that were made on Wall Street ... over a decade or so, before I arrived", casting himself first in the role of saviour. In areas where he accomplished nothing, such as immigration, pensions, and tax simplification, Bush lauds himself for opening the door to future reform.

Manichean, self-pitying, and as logically and verbally convoluted as ever, Bush continues to take full credit for anything that went well during his tenure, while absolving himself of blame for all that went wrong. ...


■人物編:コンドリーザ・ライス
Condoleezza Rice by Michelle Goldberg
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-condoleezza-rice

あらゆる意味で「歩く百科事典」的で、「有能な補佐役」が、上がグダグダだった場合にどうなるか、という方向でのまとめ。

The faults of many of Bush's accomplices ... lay in the rigidity of their world views, which were cultishly impermeable to contradictory evidence. Rice's fatal flaw is almost the opposite - she seems to have few core political beliefs at all, save her libertarian faith in personal striving.

...

Her eight years in the administration - four as national security adviser, four as secretary of state - are a record of devastating lack of leadership and initiative. Before September 11, she was unresponsive to counterterrorism tsar Richard Clark's urgent warnings about al-Qaida, and downgraded his position. Casting off her realism, she joined Bush in his reckless rush into Iraq. ... As secretary of state, she pushed Bush's ad hoc agenda of democracy promotion by pressing for the Palestinian elections that brought Hamas to power. Then, seemingly unprepared for the result, she showed the shallowness of America's commitment to democratic legitimacy by arranging the political boycott of the new government. She deserves no small slice of blame for the current carnage in Gaza.


■人物編:コリン・パウエル
Colin Powell by Douglas Hurd
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-colin-powell

書いてるのがダグラス・ハード(サッチャー政権からメイジャー政権の外相)。それだけでこの記事は必読、という気になりつつ、パウエル自体が過去の人だからまだ読んでません。

■人物編:アラン・グリーンスパン
Alan Greenspan by Robert Reich
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-alan-greenspan

グリーンスパンは「ブッシュ」ってより「レーガン」だし、ていうか「クリントン」……ということはとりあえず忘れて読み始めれば、ふむふむ、と言ってるうちにおしまい。ライティングが明解なのですぐに読めます。「グローバライゼーションとアメリカ」についてちょっとだけインプットしておかないと(=何も答えられないとまずい)、という人にいいヒントになるかも。

■人物編:デイヴィッド・ペトレアス大将
General David Petraeus by Colonel Tim Collins
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-david-petraeus-iraq

「ペトレアス」なのか「ペトレウス」なのか「ペトラウス」なのか、発音のカタカナ表記が難しい(どれでもあるように聞こえる。無理もないのだけれど、英語では)米中央軍司令官は、局面が変わったら「かつては敵と見なした集団」と共同で何かをしていこうという動きの中心的人物。それはいいんだけどちょっと手放しで誉めすぎじゃないのか、というこの記事を書いているのは、英軍人として非常に評価の高かったRIRのティム・コリンズ大佐(既に退役していますが)。

あまりに美点ばかりが並べられた文章ですが、ティム・コリンズ大佐が2003年にイラクで米軍にどういう思いをさせられたかを大佐の回顧録や過去にメディアにでた記事でちょっと読んで知ってるので(大佐が英軍を去ることになった原因も米軍。米兵がその場しのぎのでっちあげをしたことが原因)、こうなってる理由もわかるような気はするけれども、英軍という目線ではこうなのかもしれない。

■人物編:ドナルド・ラムズフェルド
Donald Rumsfeld by Michael Tomasky
http://www.guardian.co.uk/world/2009/jan/17/george-bush-donald-rumsfeld

これはしのごの言わずに読むべき。「911はインサイドジョブ」説の筋にもウケるかもしれない「あの日あの時、ラム爺の空白の30分」に始まり、おそらく傲慢さに起因するであろう国防長官時代の数々の愚策、国際法の軽視・無視、アブグレイブ、そして結論は:
He destroyed just about everything he touched. And unlike, say, Alberto Gonzales, whose crimes affected "only" the constitution, Rummy's errors put actual blood on his actual hands. Worse than Cheney? A tall order to be sure. But he comes awfully close.




このほかの記事は下記でどうぞ:
http://www.guardian.co.uk/world/series/the-bush-years
タグ:米国

※この記事は

2009年01月21日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 14:00 | TrackBack(0) | 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼