kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年12月27日

ハロルド・ピンター死後の記事など。

West End pays tribute to Pinter
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/7800829.stm

ロンドンのウエストエンドで10月からハロルド・ピンターの戯曲、No Man's Landが上演されていて、キャストのサー・マイケル・ガンボンが、生前にピンターから「葬式で読み上げてほしい」と言われていたこの戯曲の一節を読み上げたときの音声と映像がエンベッドされています。キャストはマイケル・ガンボンのほか、デイヴィッド・ブラッドレー、デイヴィッド・ウォリアムズ(……Little Britainの彼ですが)、ニック・ダニング。

それと、10月に行なわれたピンターの最後のインタビューがガーディアンに。(記事見出しがデイリー・メイルみたいですけど。)既に体力が弱っていて、ピンターは回顧的なムードだったそうです。

Playwright Harold Pinter's last interview reveals his childhood love of cricket and why it is better than sex
Andy Bull
guardian.co.uk, Saturday 27 December 2008 00.05 GMT
http://www.guardian.co.uk/culture/2008/dec/26/harold-pinter-final-interview

内容は、ひたすら「私とクリケット」。第二次大戦中に過ごしたハックニーの学校での思い出話、疎開先のリーズで名プレイヤーと会ったこと、学校を出るとクリケットはやらなくなってしまっていたが、60歳で息子が学校でクリケットをやっているのを見てまた始めたこと、など。
"Drama happens in big cricket matches. But also in small cricket matches," he said. "When we play, my club, each thing that happens is dramatic: the gasps that follow a miss at slip, the anger of an lbw decision that is turned down. It is the same thing wherever you play, really."


それから、via Sluggerでテレグラフのブログ:
Harold Pinter - and George Orwell; two of a kind
Posted By: Dominic Cavendish at Dec 26, 2008 at 14:05:10
http://blogs.telegraph.co.uk/dominccavendish/blog/2008/12/26/harold_pinter__and_george_orwell_two_of_a_kind

これを書いたドミニク・キャヴェンディッシュは、学生の時にピンターの戯曲で役を演じたことがあり、ピンターの作品がかなり好きだったようだけど、ピンターと実際に会うことはかなわなかった、とのこと。(というのはピンターはやたらとインタビュー取材に応じる人ではなく、インタビューに応じるときは何を訴えるためにどのメディアでということで選んでいて、つまりテレグラフはあらかじめ分が悪い。)

キャヴェンディッシュのこのブログは、他のメディアでのピンターのインタビューががっつりまとめられています(文中でリンクされています)。たとえば(※引用文中のリンク先はmp3です):
Now does not feel like the right time to dredge up his most contentious comments. And if there's any recording of Pinter in conversation I'd most like to draw people's attention to it's a recent platform discussion in September at the British Library hosted by the actor and director Harry Burton; civilised, wide-ranging and good-humoured, it reminds us that Pinter was not nearly - or at least not always, as the Daily Mail so unkindly portrays him today, 'a world-class curmudgeon'.

※デイリー・メイル、さすがの口の悪さ。

そして、彼が学生時代にやった戯曲、圧制や拷問などを扱ったOne for the Road(邦題は確か『景気付けに一杯』)が発表されたのが1984年だったとのことで、ジョージ・オーウェル。

How does one find exceptional words of tribute for a playwright who was so widely lauded for such considerable lengths of his career? On reflection, I can think of no higher parting shot of praise for Pinter than to say that he was Orwell's true successor. Both writers mounted a fastidious defence of language against the forces of institutional corruption and abuse. ...


で、このブログのコメント欄は、現時点で6件しかコメントがついていないのですが、どいつもこいつも典型的な、というより戯画的な「テレグラフ読者」なので、コメント欄は無視で。(左派系のところでフレデリック・フォーサイスという名前を出すだけで何か汚いものを扱うような反応が出たりするのと同じ状況になってます。よくもまあここまで口汚く罵れるものだと感心します。でもピンターのノーベル賞受賞のときよりはまだましかも。)

そして、メインディッシュ……同じくvia Sluggerで、2007年のチャーリー・ローズのインタビュー。

55分くらいのロング・インタビュー(過去のものも混ぜながら)ですが、ものすごく聞き応えがあります。ローズが「アメリカ」を代弁する立場をとって切り込んでいき、ピンターが応戦する、という感じ。ピンターは、声は衰えていますが、「言葉」の力強さがハンパじゃありません。

http://video.google.com/videoplay?docid=-3150302824340759417&hl=en

※この記事は

2008年12月27日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼