kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年12月09日

「アイルランドの豚肉」の件。北アイルランドの安全確認が出るまで「英国産」も気になる?→大丈夫なようです

※10日、コメント欄でアップデートしていますが、北アイルランドで同じ飼料を与えられていた豚は大丈夫なようです。

また、アイルランドでは豚だけでなく牛からもダイオキシンが検出されているとのことですが、アイルランド共和国政府は健康被害を及ぼすレベルではないと述べています (the Irish government says the levels do not pose a public health concern)。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7772885.stm

牛の件、日本語の記事@AFP BB:


以下、投稿時のまま。


こんな記事が出ていたんですが:

汚染豚肉、日本にも輸出 アイルランド産
2008.12.9 08:46
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/081209/erp0812090846000-n1.htm
 アイルランド産の豚肉から……ダイオキシン関連物質が検出された問題で、欧州連合(EU)欧州委員会は8日、EU域内の12カ国と日本を含む域外9カ国に豚肉や関連製品が輸出されていたと発表した。EUは関係国に注意を呼びかけ、アイルランド政府は豚肉の輸出を全面的に停止した。
 ……ダイオキシンに汚染された飼料を今年9月以降、使っていたとみられるアイルランドの10カ所の養豚場の豚肉から、基準の100倍の有害物質が検出された。


この件で今、UKはpork scareの嵐で、スーパーの棚が空っぽになっているようです(アイルランド産の豚肉を使った製品が棚から撤去されているので)。(なんかいろいろ「またか」な感じですけど……BSEとかfoot and mouthとか。ていうか「BSEの教訓」ってどこにあるんだろう。)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7772418.stm

問題は、飼料を作っていた工場で、認可を受けていない油が使われていたことではないかとの話。別の記事にはvery low riskということで専門家が説明しているくだりがあったと思います。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7772425.stm
A contaminated pig meat scare which prompted the recall of Irish pork products is being blamed on unlicensed oil used at an animal feed factory.

The type of oil used in a burner to recycle food products into animal feed was "inappropriate", said a senior Irish Agriculture Department inspector.


で、8日のガーディアン、BBCなどには、「北アイルランドでも9軒の養豚場で、問題の飼料が使われていた」という記事が出たのですが:
http://www.guardian.co.uk/uk/2008/dec/08/pork-ireland-carcinogenic-feed-news
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7770097.stm

上記BBC記事@月曜日付けでは、「北アイルランドでは問題の飼料で汚染された豚はいないとFSAは判断している」とあります。

しかしながら、いずれにせよ、アイルランド共和国 (RoI) および北アイルランド (NI) 産の表示のある豚肉は、廃棄もしくは回収という指示が出されているとのこと。NI産の豚肉については、安全が確認されるまでは販売しないようにということ。また、NIの加工工場でRoI産の豚肉を仕入れているところが11件あるとのこと。

これらが日本に輸入されることがあるとして、その場合は「英国産」になるはずなので(いやよねぇ、もう、「英国」ってやつは。アイルランドはアイルランドでまとめちゃえばいいのに<今はその話ではない)、ひょっとしたら英国政府から何か発表があるかもしれません。

いずれにせよ、食品輸入関係の方は、「アイルランド 豚肉」のほかに「英国(イギリス) 豚肉」のキーワードもちょっと気にしておくといいのかもしれないです。(気にした結果何もなくっても、それに超したことはないと思います。)

この件、記事を見ているとすっごくかわいい顔の豚さんの写真があったりして悲しくなるし、UKはもとより、RoIもあんだけBSEで苦しんだのにと思うと腹立たしいし(汚染されていた飼料を食べた豚たちは、ただそのためだけに殺されて焼却されることになる。何という無益な殺生)、この辺で。



追記(はてブでの他のユーザーさんの投稿を拝借しました):
RTE(アイルランド共和国国営報道)
http://www.rte.ie/news/2008/1208/pork.html
養豚産業で大規模なレイオフが行なわれる件(クリスマス直前にこれは、RoIの経済に大打撃)、ダイオキシン混入の原因と思われる「不適格な油」の件、RoI国内外の影響について、一覧できる記事。

http://www.breakingnews.ie/ireland/mhidsnojojgb/
問題の工場は、廃棄されるパンを家畜用飼料に加工していた工場で、問題の油は機械に使われたものであり飼料に直接混入はしていない、と。いずれにせよ、全EU規模でアイルランド産豚肉を販売禁止にする可能性もまだある。

※この記事は

2008年12月09日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 11:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UPDATE:
北アイルランドの豚肉製品は大丈夫なようです。BBCでFSAの断言が出ています。

No pigs in Northern Ireland were fed contaminated feed, says the FSA.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/7774406.stm

前の記事では、believeが入っていました(「9割がた、影響はない」な感じ)。下記のように。
the UK Food Standards Agency said it believed no pigs in Northern Ireland had consumed the tainted feed.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7772425.stm

ただし、アイルランドでは豚だけではなく牛にも汚染飼料被害が拡大している(ヒトに健康被害を与えるものではないが)との報道です。

Dioxins found in Irish cattle
Page last updated at 18:30 GMT, Tuesday, 9 December 2008
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7772885.stm

[quote]
Almost 50 cattle herds across Ireland have been fed contaminated feed which has sparked a scare over pork products.

Three cattle herds in the Republic have tested positive for dioxins, but the Irish government says the levels do not pose a public health concern.

Nine of the herds are in Northern Ireland, and the Food Standards Agency said the farms were under restriction, so none of animals would be processed.
[/quote]
Posted by nofrills at 2008年12月10日 13:34
UPDATE:
「アイルランド産豚肉、安全性に問題なし」で確定情報が出ました。

All-clear for Irish pork to go back on shelves
Friday 12 December 2008
http://www.guardian.co.uk/uk/2008/dec/12/ireland-fsa-pork-contamination-dioxin

英FSAの朝令暮改っぷりをまとめた記述(かなりすごい):
Over the weekend, the FSA followed advice from the authorities in Dublin that all Irish pork slaughtered after September should be recalled and destroyed. On Monday, that was reversed. On Wednesday evening, the advice changed again with another call for all Irish pork to be recalled, on orders from the European commission.

Yesterday, the agency said once more that shops, manufacturers and caterers that could trace products directly back to a farm unaffected by contaminated feed could continue selling them.
Posted by nofrills at 2008年12月12日 17:18

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼