kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年12月06日

北アイルランドUUPと英保守党、合併へ一歩前進。

UUP (Ulster Unionist Party) の党大会が開かれている。予定通り、英保守党のデイヴィッド・キャメロン党首がキーノート・スピーカーとして登場し、来年の欧州議会選挙(とUKの下院議員選挙)での選挙協力(両党で同じ候補を擁立する)を前提としてスピーチを行なった。両党は、この夏から「将来的な合併」を視野に話をしてきた。合併は今日明日ということはないが、将来的にはほぼ確実視されている。

'Semi-detached NI role' must end
Page last updated at 12:35 GMT, Saturday, 6 December 2008
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7768650.stm

何がおもしろいって、レトリックがね。

"The semi-detached status of Northern Ireland politics needs to end," the Conservative leader said.


「セミ・デタッチト」ねぇ。

December 6, 2008
Cameron sides with UUP to create 'dynamic' political force
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/politics/article5298357.ece

"Northern Ireland has made great strides forward over the past fifteen years," he told the conference.

"The paramilitary campaigns have ended. New investment has come in. Devolution has been restored. For the first time in over a generation we can all look forward to a shared future underpinned by democracy and the rule of law.

「パラミリタリー・キャンペーンが終わった」ことが事実であるとして(UDAとかUVFは武装解除してないのにね。ユニオニスト側はそこに厳しくなくていいのかという)、それにUUPが果たした役割は10年前のGFA以降は何かあったかというと疑問だし、新規投資や自治議会はUUPってよりDUPが動いたことによって達成されたものだ。で、「30年ぶりに、デモクラシーと法の統治」? じゃあ「紛争」前、そこに「デモクラシーと法の統治」があったのかと。UUPが支配していた時代にそれがあったのかと。

UUPはかつては北アイルランドの支配的な政党だった。アルスター誓約の前から大きな声を有する北アイルランドのユニオニストの政党で、1970年代にポシャるまでの自治政府を独占していたのもUUPだし、インターンメントとかいろいろなことで「ナショナリスト」の弾圧を行なっていたのもUUPだ。そして、1998年のグッドフライデー合意への筋道をつけたのも、最も大きな役割を果たしたのはSDLPであるにせよ、局面の打開はUUPの中でも強硬派だったデイヴィッド・トリンブルがその和平案に賛成し、シン・フェインのジェリー・アダムズと直接会談をしたことによる。

しかし、GFA後の情勢が混沌としていた(IRAの武装解除は進まず、ストーモントの議会もサスペンドになるような)2000年代、ユニオニストの支持はUUPからより過激でより強硬なイアン・ペイズリーのDUPに移り、2005年の英総選挙では、UUPは党首が落選し、6あった議席を1に減らした。NI自治議会では2007年の選挙で9議席減の18議席、結果、DUP, SF, SDLPに次ぐ第4党の座だ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ulster_Unionist_Party
http://en.wikipedia.org/wiki/Northern_Ireland_Assembly_election,_2007

そういうなか、「ユニオン」の維持というイデオロギーで保守党と合併することに無理はないように思われるのだが、笑劇的なのは、UUPの唯一の英国会議員であるLady Sylvia Hermon(先日亡くなったジャック・ハーモンの夫人)が、UUPと保守党の合併に反対しているということだ。

ともあれ、両党の合併について、BBCでは次のように解説している。
BBC Northern Ireland political editor Mark Devenport said an association with the Tories would provide the Ulster Unionists with much-needed finance and know-how.

He said that for the Conservatives, the partnership bolsters their claim to be a party representing all of the UK, not just England.

つまり、UUPにとってはカネとノウハウ、保守党にとっては「保守党はイングランドだけ」という批判をかわすための味方、というメリットがある、というのがMark Devenportの解説。私はこのジャーナリストはかなり好きなのだけど、シニカルで冷徹で、お茶ふいた。

UUPにとってのカネとノウハウというのはまあいいんだけど、保守党(笑)。UUPってさ、英国会には1議席しか持ってないのね。とてもじゃないけど「NIの代弁者」にはならない。そもそも「保守党はイングランドだけ」ってのは、スコットランドの問題だし。スコットランドが切り崩せないから(Labourを見捨てた有権者が投票するのは、保守党じゃなくてSNPだ)だろうけど、理屈付けが弱い。

タイムズには次のようにあって、つまり保守党的には党利党略ではないという説明をしているらしいのだが、将来的にはUUPが看板を下ろすことになるのだからこのくらいはサービスで言っておかないとね。
He echoed the words of Peter Brooke, Northern Ireland Secretary in 1990, who said the then government had "no selfish strategic interest" in the country.


あーでもこのピーター・ブルックの発言は知らないので見ておきたい。課題ということで。

で、キャメロンが用意してきたパンチラインが、BBCででかでかと扱っている "The semi-detached status of Northern Ireland politics needs to end" か……

タイムズから、この発言のコンテクスト:
"Why are there great Ulstermen and women on our television screens, in our boardrooms and in our military but not in our Cabinet? The semi-detached status of Northern Ireland politics needs to end."

"It’s time for Northern Ireland to be brought back into the mainstream of British politics. Northern Ireland needs MPs who have a real prospect of holding office as ministers in a Westminster government."

いやぁ、NIをUKのメインストリーム・ポリティックスに「戻す」のは、かなりの賭けになると思いますけど。DUPの9票で法案が通っちゃったり、ね。その件で「市民的自由の危機であるので、私は(内閣不信任案を提出するのではなく)辞任する」ということで大騒ぎしたのはどの党の議員でしたっけね。

以下、お茶ふきたい方のために。

スピーチ全文:
http://www.uup.org/newsrooms/latest-news/conference/speech-by-david-cameron-mp-leader-of-the-conservative-party.php
First, the Union.
I've never been a little Englander.
I passionately believe in the Union and the future of the whole United Kingdom.
We're better off together - England, Northern Ireland, Wales and Scotland - because we all bring our strengths to the mix.
When I fly into Belfast and see the great cranes of the Harland and Wolff shipyard I'm reminded what an incredible part Northern Ireland played in our past.
When I'm walking through the Glens of Antrim I'm moved by some of the most beautiful countryside in the UK today.
When I visit one of Northern Ireland's thriving social enterprises - now employing over 30,000 workers - I know that the ideas, energy and enthusiasm of these entrepreneurs will help us build a better Britain for the future.
It's a union built around shared belonging, shared past and a shared destiny.
But standing up for the Union isn't just about expressing our important feelings about our shared heritage.
It's also a rational argument based on mutual interest.


The territorial claim in the Irish constitution is gone.
The relationship with the Irish Republic is of the kind one would expect of two neighbours that share a land border.


保守党NI:
http://conservativesni.net/2008/12/06/cameron-in-belfast/

それと、Slugger O'TooleのMick Fealtyが、UUPコンファレンス会場からライヴでテクストったのがSluggerにあります。

その1@Cameron live:
http://sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/cameron-in-belfast-live-blog/



ううむ、「ユニオン」の強調の度合いがすごすぎて、この人が首相になったらGFAもセント・アンドリューズも反故にされるんじゃないかと。(^^;) 保健について熱弁を振るっているのだけど、読者から「それはロンドンの政府じゃなくてストーモントでやる話だから」とツッコミ食らってるし。

その2@UUP live:
http://sluggerotoole.com/index.php/weblog/comments/uup-conference-live/

こちらのブログも生で書いていた:
http://threethousandversts.blogspot.com/2008/12/cameron-speeech-snap-verdict.html
Noteworthy points - Cameron alluded to his relationship with Conservative MPs Gow and Naeve, who were killed by the IRA. He reiterated several times that he will not be neutral on the Union, actually using the 'selfish and strategic' phrase.

何ともいえない。

Airey Neaveが殺されたのは1979年3月30日で、この人を殺した爆弾はロンドンの国会議事堂の駐車場で議員の車に仕掛けられたのだけど、IRAじゃなくてINLAですから。「IRA」っていうのはこのブロガーの思い込みかもしれないけど。
http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/march/30/newsid_2783000/2783877.stm

Ian Gowは1990年7月30日に、車に仕掛けられた爆弾で殺されている。これはIRAの犯行。
http://en.wikipedia.org/wiki/Ian_Gow

で、キャメロンは1966年10月生まれ。最初に保守党に関係したのは1984年 (After finally leaving Eton just before Christmas 1984, Cameron had nine months of a gap year before going up to Oxford. In January he began work as a researcher for Tim Rathbone, Conservative MP for Lewes and his godfather, in his Parliamentary office. He was there only for three months, but used the time to attend debates in the House of Commons.) それから1988年 (Conservative Research Departmentに入った)。議員になったのは2001年(それまでは党の裏方)。
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Cameron

スピーチから:
http://www.uup.org/newsrooms/latest-news/conference/speech-by-david-cameron-mp-leader-of-the-conservative-party.php
The first Member of Parliament who ever represented me was Airey Neave.
One of the first politicians I ever wrote a speech for was Ian Gow.
Both men were great Conservatives - and they were great Unionists.
Both died for their devotion to the Union.

……ニーヴが私の選挙区の議員だった、って、ニーヴが暗殺されたときキャメロンは12歳とか13歳のはずですが。まあいいや。

ちなみに、英国のナショナル・メディアはこの件にあんまり注目してないみたいです。タイミングの問題もあるけど、各メディアのトップページおよびUK国内ニュースのトップページからは記事が見つからなくて、Google Newsで記事探したので。



うは、BBC記事上書きした。党大会が始まる前の記事があったのにその内容が消えてる。別のタブでたまたま開いたままだったのでレスキュー:

http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7768650.stm

Page last updated at 03:25 GMT, Saturday, 6 December 2008
Cameron 'a passionate unionist'

Conservative leader David Cameron is due in Belfast later to address the Ulster Unionists' annual conference.

The two parties have agreed to select joint candidates in next year's European elections and at forthcoming Westminster elections.

Mr Cameron says he is a passionate unionist who wants to help develop a more normal society and real politics in Northern Ireland.

The Tory-Ulster Unionist partnership has been under discussion since July.

The parties said they were not working on a merger but a partnership which would offer a new political opportunity for voters.

Its supporters argue it offers Northern Ireland's voters a say in national and international politics and the chance to elect MPs who could serve in a future government.

Lost dominance

The Ulster Unionists now have only one MP, having lost their old dominant position in Northern Ireland to Peter Robinson's DUP.

BBC Northern Ireland political editor Mark Devenport said an association with the Tories would provide the Ulster Unionists with much-needed finance and know-how.

He said that for the Conservatives, the partnership bolsters their claim to be a party representing all of the UK, not just England.

However, alienating the DUP could prove counter-productive for the Tories if the next election is close enough to produce a hung parliament, our correspondent added.

The first joint candidate will be Ulster Unionist MEP Jim Nicholson, who is already a member of the Conservative group in Europe.

The DUP has criticised the new partnership, arguing that a Tory pledge to contest every seat in the UK threatens to split the unionist vote in constituencies like South Belfast and Fermanagh South Tyrone.

※この記事は

2008年12月06日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼