kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年09月30日

米下院、金融安定化法案否決の件、記事メモ

BBC Newsはぶち抜きレイアウトです。下記画像内から記事リンクしてますので、適当に見てみてください。



日本語では現時点でAFP BBが詳しい:



日経は、今ある記事はあんまり詳しくない:
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080930AT3K2901M29092008.html

英メディアでは、BBC Newsのほか、タイムズが早くも社説を出している。
http://www.timesonline.co.uk/tol/comment/leading_article/article4849533.ece


タイムズ社説は「魂の叫び」のようだ。
The Republicans who killed the plan yesterday had misread this plan fatally, as simply a lifeboat for fat-cat bankers on Wall Street. In fact, the collapse of the plan threatens all of Main Street, in America and further afield. The repercussions were already beginning to become evident last night as stock markets around the globe plunged. There will have been no clearer signal to Congress of the havoc that it may reap if it does not rescue the Bill in good time.


もう一箇所、タイムズ社説から:
The problem for Washington was that all of this seemed far from the daily lives of American citizens. Congressional leaders came hard up against the "no blank cheque" mentality of ordinary Americans already under pressure from the collapse of the housing market and the down-turn in employment figures. Barney Frank, chairman of the Financial Services Committee, put the situation succinctly: "It is hard to get political credit for something that has not yet happened." This helped Republicans to argue that economic freedom means letting businesses go to the wall, conveniently ignoring the likely consequences. Congressmen of both stripes were also irritated by what they saw as Mr Paulson's excessive demands for authority. Not everyone was attracted to the idea of Mr Paulson as de facto President.

太字にしたところは「皮肉」を感じたところ。

社説ではなく報道では、BBC(一番上の画像から飛んでください)のほか、
FT:
http://www.ft.com/cms/s/0/483ad64a-8e53-11dd-9b46-0000779fd18c.html
FTですから、非常に詳細。欧州についてのことを含む部分をちょっと抜粋。
The scale of the tumult in financial markets was underlined earlier in the day in a series of bank rescues on both sides of the Atlantic. In the US, Wachovia, the country's sixth-largest lender, was rescued by Citigroup in a government-sponsored bail-out that will see the US government take a $12bn stake in the country's largest bank.

In Europe, the German government underwrote a €35bn bail-out of Hypo Real Estate, a mortgage lender and financier to local authorities, while Iceland took control of Glitnir, the country's third-largest bank. In Britain, Bradford & Bingley's £52bn (€65bn) mortgage book was taken into national ownership. The bail-outs followed the €11.2bn rescue of Fortis, the Belgo-Dutch group, by three European governments late on Sunday night. The bail-outs triggered sharp falls in bank shares, including Dexia, Commerzbank, ING and Royal Bank of Scotland.

# 朝のNHKニュースでB&B国有化について触れているが、建物にブループラークがついてる。

ガーディアン:
http://www.guardian.co.uk/business/2008/sep/29/wallstreet.marketturmoil
とても読みやすいです。

同じくガーディアン:
http://www.guardian.co.uk/business/2008/sep/29/bradfordbingley.banking5
ロイズTSBがHBOSを買収する、というプランが危うくなっている、とのこと。
The nationalisation of Bradford & Bingley, the rescue of Dutch-Belgian financial group Fortis and the rescue takeover of US bank Wachovia by Citigroup further hit sentiment in an already nervous market.

Royal Bank of Scotland tumbled by over 20%, while Lloyds TSB lost 15% and HBOS shed 12.5% - putting their merger in doubt.

※この記事は

2008年09月30日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 07:09 | TrackBack(0) | 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼