kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2008年09月01日

虎穴に入らずんば虎児を得ず――プーチン流、「マッチョで自然派の俺様」をアピールする方法

a nice cup of tea"I got my propaganda, I got revisionism. I got my violence in high def ultra-realism. All a part of this great nation. I got my fist, I got my plan, I got survivalism" なんてのをさっき鼻歌で歌ってたんですが、こんな記事を見てお茶ふきました。これなんてpropagandaでrevisionismでhigh def ultra-realism?

ロイター記事、「プーチン首相、トラの襲撃からカメラマン助ける=ロシアメディア」 (via はてブ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000314-reu-int

はてブのスペースにおさまるように100字で要約したもの。
要約: KGB出身のプーチン首相が、研究者らによる野生のトラの監視方法視察で国立公園を訪問、近くにいたカメラマンに向かって走ってきたトラにすばやく麻酔銃を打つ。その後、歯の計測や衛星発信機の装着も手伝った。


んで、BBCのトップページ見てみたら、映像が来てる。
Putin 'shoots' Siberian tiger
http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7591456.stm

ナレーションの内容(だいたい):
プーチン首相がシベリアで絶滅が危惧されているアミールトラの保護活動の視察に訪れた際の出来事です。罠から逃げ出したメスのトラがカメラクルーに向かって走ってきたときに、プーチン首相が麻酔銃を発射し、トラを眠らせました。その瞬間は撮影されてはいませんが、(撮影隊にいた)テレビのディレクターは次のように語っています。

「そのメスのトラに私たちが近づいたとき、突然罠が外れて、トラが私たちに突進してきました。そのとき奇跡が起きて私たちを救ってくれました (a miracle saved us)」

その後撮影されているように、プーチン首相は倒れたトラの身体計測を行ない、(トラの首に)衛星発信機を装着しました。

アミールトラは絶滅寸前まで行きましたが最近は個体数も増えており、プーチン首相はトラの保護回復プログラムについて西側に感謝の言葉を述べています。

プーチン:
「我が国の科学者に協力してくださった同僚のみなさん、アメリカの方々やヨーロッパの方々に感謝したいと思います。この問題に注目する人は誰もおらず、ロシアにとっては難しい時期でした(が、おかげで切り抜けることができました)」

政権批判者らは「個人崇拝」と批判します。しかしロシアの人々にとっては、「トラをおとなしくさせた男 Putin the Tiger-Tamer」の逸話は、やはり、という印象を強めさせるものでしょう。アラン・モーアがお伝えしました。


このネタには英語メディアもわっと飛びついているが、オーストラリアのABCなどは、「自然を愛する男、それがプーチン」といったイメージが流布されていることにも注目している。(昨年の「上半身裸で釣り」の件とか、パイプラインのルート変更とか、冬季五輪が予定されているソチの選手村のプランのやり直し指示とか。)
http://www.abc.net.au/news/stories/2008/09/01/2351315.htm

こおゆうのはタブロイドで見るほうがおもしろいのよね、ってんでデイリー・メイル(と同じメディア・グループのイヴニング・スタンダード):
Macho Putin flexes his muscles and shoots 'runaway' tiger as Brown takes tough stance on Russia
→直訳すると、「マッチョなプーチン、筋肉の隆起を見せつつ、『逃げた』トラを撃つ。一方(英国の)ブラウンはロシアに対し強硬姿勢」という感じ。
http://www.thisislondon.co.uk/news/article-23547829-details/Macho+Putin+flexes+his+muscles+and+shoots+%27runaway%27+tiger+as+Brown+takes+tough+stance+on+Russia/article.do
As Europe's leaders agonise over what to do about Russian aggression in Georgia, Vladimir Putin was busy showing the world that he's not a man to be messed with - not even by a tiger.

いやぁ、期待通りです。「欧州首脳が、グルジアにおけるロシアの侵略をどう扱うべきかで頭を悩ませているなか、プーチンは世界に対し、俺にかまうと大変なことになるぜ、そうさ、それがトラであってもな、ということを見せ付けるのに忙しい」。

ゴードン・ブラウンが鼻息荒くして「ロシアを放置しておくと大変なことになる」と言っているその横で、シベリアで野生動物保護活動、ついでに麻酔銃でトラを眠らせてテレビクルーを救い、研究者に協力、という、常人には考え付くことすらできないようなパフォーマンスを!という線で、ぐいぐい書いているデイリー・メイル。そして「しかし撮影クルーがわずか15フィート先にいたというのになぜかその瞬間の映像がない」とか、「ヘリで到着し、車で移動して最後は徒歩で現場に向かったプーチン。そして何ともタイミングよく、彼がそこに来たときにトラが罠から逃れたという」とか、要するに「やらせ stunt」だ、ということを、「マッチョなプーチン with でかいネコ (a big cat)」の写真を織り交ぜながら書いている。

いやあ、英国はここで持ち出してくるべきはゴードン・ブラウンじゃないっしょ。絶対勝てない。デイヴィッド・ミリバンドなんて瞬殺される(知能の点でも腕力の点でも)。うん、あの男を呼び戻すしかない……ジョン・プレスコットだ!
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Prescott

あー、でも英語で会話しないとこの人のスゴさはわからないか。

笑う大英帝国―文化としてのユーモア (岩波新書)それにしても、有名大学の出身でもなんでもなく、正真正銘の労働者階級に属するこの副首相のことをどう説明すればいいのだろうか。私の愛読書のひとつに、『そりゃないだろ、ジョン・プレスコットと学ぶブチ壊し英語』という小さな本がある。その冒頭に、二〇〇二年十二月三十日に彼の口からほとばしり出た英語が引用されている。

  Some you it succeed, some you don't.

というのが、それ。日本で大学入試の英作文にこんな英語を書いたら、必ず落ちる。……その彼独特の英語による珍言、奇言、暴言を拾いあつめたのが、この『そりゃないだろ』という本であって……

――富山太佳夫、『笑う大英帝国』、2006年、岩波書店、p. 55

この本のpp. 56-57あたりに説明されているように、この人の「英語」はあまりにスゴいので、そのまま議事録に記録できず、公式の議事録(ハンサード)が最初っから「改竄された発言の記録」になっている。ははは。Wikiquoteにもいくつか掲載されている。ガーディアンは2003年にthe grammatically challenged deputy prime ministerの迷言集の記事を出している。(でも私は富山先生の「愛読書」を探し当てることができない!)私のような受験英語頭では、何を言っているのかさっぱりわからないのだが。(でも日本の政治家の発言でこういう感じのってよくあるかもしれない。「消費者がやかましい」とか。)

このスゴい英語と一緒に、正確な左ジャブもどうぞ。
http://uk.youtube.com/watch?v=4yG8buxb0lg



……ところで、何の話だっけ?いや、真面目にわかんなくなった。



AFPの記事:




一方北アイルランドのベルファストでは「逃げたライオン」が出没、プーチンはいないが、たぶん同じくらいの腕前のスナイパーがいっぱいいるぞ!と思ったら、「ライオン」ではなく「犬」だったことが判明というよくわからんニュース。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/7591210.stm


※この記事は

2008年09月01日

にアップロードしました。
1年も経ったころには、書いた本人の記憶から消えているかもしれません。


posted by nofrills at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偶然拝見しましたが、大変参考になったと言うか、今度仕事で引用させてください。(まるで自分で調べたかのように)。thank you!
Posted by siorin3962 at 2008年09月02日 16:37
>siorin3962さん
え? このエントリをですか? お仕事ならロシア語が読めるロシア情勢に詳しいの方のお書きになったものを参照なさったほうがいいですよ。デイリー・メイルもロシア語報道はろくに見てないと想定しておくのが上策です。あと、ソースが英文のものについてはそれぞれリンクしてある原文を必ずご参照ください。
Posted by nofrills at 2008年09月02日 18:45

この記事へのトラックバック





【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
▼当ブログで参照・言及するなどした書籍・映画などから▼















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。