「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年04月05日

「しかし、私は北アイルランドのラーガンに生まれたのだ」――ドラマFive Minutes of Heavenの「UVFのメンバー」の言葉

今日4月5日、BBC 2でドラマ映画、Five Minutes of Heavenが放映される。日本にいる私にはBBCの放送は見られないのだが、サンダンスでも受賞したこの作品を(日本語字幕つきで)見られるよう願っている。

■追記:
ご参考までに、BBC iPlayerのページはこちら:
http://www.bbc.co.uk/iplayer/episode/b00jsz96/Five_Minutes_of_Heaven/
少なくとも、スチール写真1枚が見られます(画像の上に文字が表示されているときは、Windowsの場合、画像を右クリック→「画像だけを表示」で)。3月の軍&警察への攻撃でも17歳とか19歳といった年齢の人たちが逮捕・起訴されていますが(19歳の人の起訴はまだかも)、このスチール写真もその「若さ」が……。
■追記ここまで。

このドラマについては、昨年の6月にBBC NIの記事になっていたのを当ブログでトピックにした。
http://nofrills.seesaa.net/article/100847837.html

「北アイルランドの2大スターの豪華初共演!」のこのドラマは、1975年に実際に起きた殺人事件をベースとしている。

1975年10月、アーマー州ラーガン。「北アイルランド紛争」という社会的状況のなか、17歳のアレスター・リトルは、19歳(あるいは21歳)のジェイムズ・グリフィンを撃ち殺した。リトルはロイヤリスト武装組織UVFのメンバー、グリフィンはカトリックで武装組織には属していなかった。

ジェイムズの弟で11歳だったジョー・グリフィンは、ジェイムズが殺される現場を目撃していた。事件のあと、グリフィンの家庭は崩壊してゆく。

リトルは殺人容疑で逮捕され、裁判で有罪となり、ロングケッシュ(メイズ刑務所)に送られた。判事は年齢的に終身刑にはできない彼に、無期懲役を言い渡し、そして彼は12年をロングケッシュで過ごした。そのときに暴力から非暴力への転回を遂げ、出所後は平和活動家として活動、現在は中東など国際的にその活動を続けている。

ドラマは、犯人のアレスター・リトルと、被害者の弟のジョー・グリフィンが実際に対面したら、という想定でのフィクションだ。両者は制作の過程に深く関わり、BBC NIらしい重厚なドラマ(『眠れる野獣』のような)に仕上がっていることは間違いない。

さて、ドラマ放映を前に、英各メディアにキャストなどのインタビューが出ていた。気付いた記事は、4月3日にまとめてブックマークしてある。記事を読んで、リーアム・ニーソンがますます好きになった。言葉というものについて、ものすごく真面目な人だ。
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/20090403

で、当然のことながら、北アイルランドのベルファスト・テレグラフが最も細かい(<「細かい」というのは視点的な意味で)記事を出していて、実際の事件の当事者であるアリスター・リトルさんの寄稿もある。

【続きを読む】


posted by nofrills at 16:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

ジェリー・アダムズが中東を訪問

シン・フェインのジェリー・アダムズが、2009年4月1日付けで(まぎらわしい日付だ)、「来週、中東を訪問します」というタイトルの記事をブログにアップした。
http://leargas.blogspot.com/2009/04/next-week-i-will-visit-middle-east.html

エントリには2006年9月にアダムズがパレスチナを訪問したときの写真がついている。半袖シャツで双眼鏡を首からさげたアダムズの後方には、コンクリート片の山のようなものと、集合住宅と、そして分離壁があり、分離壁を隔てたところは家屋などはなく、背の低い潅木と砂地になっている。場所が具体的にどこなのかはわからないが、写真キャプションには「2004年の国際司法裁判所の判断に反してイスラエル政府が建設している壁」と明示されている。

この訪問のとき、アダムズはイスラエル政府(当時は首相はオルメルトの前、シャロンかな)とも会談する意向だったが、イスラエル政府がこれを拒絶した。理由は、「ハマスと話をする奴とは話をしない」である。でもヴィザは出した。当時のエントリを参照。(コメント欄でもアップデートしているのでそれも。)
http://nofrills.seesaa.net/article/23359109.html
※シン・フェインが中東にコミットしている理由については、このエントリ(↑)を参照。

今回も、イスラエル政府はアダムズに会うことを拒否しているという。理由は同じだ。「ハマスと話をする奴とは(以下略」。

まるで「1997年のイアン・ペイズリー」(というか2007年までのイアン・ペイズリー)のようなNever, Never, Never的な態度を示しているイスラエルのリーバーマン(おそろしいことに外務大臣)については、イアン・ペイズリーにネゴシエーターとして期待をかけておくことにしよう。「アナポリス合意なんてものはないんだよ!」と言うリーバーマンは、「グッドフライデー合意は死んだ!」と言っていたペイズリーにそっくりに見える。そしてペイズリーが「和平」の主役となったのは、彼が反対していたGFAに上書きするような形で、彼を交渉の主役として、別の合意(St Andrews Agreement)ができたからだ。

そのことをアダムズは当事者として知っているし、イスラエル政府と直接の接触はなくても、何らかの形で有効な伝え方をするだろう。そのくらいは期待するよ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:51 | TrackBack(0) | i dont think im a pacifist/words at war | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ロンドンの治安の調べ方

拙著をお読みくださった方からの「ロンドンのどこそこ区は治安的に大丈夫ですか」という内容のご質問に関連して。(なお、そのようなご質問をいただいても、第一に「どこどこ区」というだけでは範囲が広すぎて厳密には答えようがありません。第二に、東京にいる私には現在の現場の感覚はないので私には直接のお答えはできかねます。その点はお含みおきください。)

現在は英国外にいる人が、今後ある程度の期間にわたってロンドンに住む予定があって下調べをしたいという場合、最も気になるのが「治安」だと思います。そういうときにネットで何が調べられるかという点について。

ただし「治安」とひとくちに言ってもいろいろな側面があるし(成城学園にお住まいの45歳の方と、下北沢にお住まいの20歳の方とでは「治安が悪い」の指し示すものはたぶんかなり違うと思います)、ロンドンの場合は一区画(通り1本)行くだけで雰囲気ががらっと違うことがあるとかいったことは拙著に書いたとおりで(30〜33ページあたりとか)、実際にその場に自分の身体を置いてみることなく、自分にとって安全と感じられる地域であるかどうかはわかりません。これが大前提です。「治安」のようなことについては、ネットで調べられることには限界があります。

その上で、目安として、警察の統計を活用することをお勧めします。

Metropolitan Police(ロンドン市警:いわゆる「スコットランドヤード」)が、「犯罪マップ」をネットで公開しています。
http://maps.met.police.uk/

アクセスすると、このサイトの目的を説明したオーバーレイ・ウィンドウが表示されますので、Continue to view the crime mapsというボタンをクリックして先に進んでください。

このサイトでは、Met Policeが管轄しているエリア(そのため、Cityについては「データなし」です)について、地域区分の最小単位(sub-ward)ごとに犯罪発生率を色分けして示しています。赤ければ赤いほど犯罪発生率が高い、という意味です。

使われている数値は、Met Policeの「犯罪発生データ」(1ヶ月ごとにまとめている)の最新のものです。

Google mapを利用していますので、実際のご利用に際しては、画面の左側にあるGoogle mapのズーム機能で拡大してご覧ください。6〜7回、「+」ボタンをクリックすると、sub-ward単位で表示されるくらいに拡大されます。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:50 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

英国でのTwitter――ガーディアンの例と首相官邸の例

毎年恒例の「スパゲッティの収穫」で、今年のガーディアンは「本紙はTwitterに移行します!」という記事を出していたが、実際にこの新聞は、冗談記事を出したその日にG20サミットに対する抗議行動をTwitterで中継してウェブ版に掲載するなど、Twitterというものを活用している。(ついでにいえば、冗談記事の次の日はロンドン東部のサミット会場からTwitterだった。)

報道でのTwitterの利用というと、例えば昨年のインドのムンバイでの武装グループの襲撃事件のときに、現場にいた人たちのTwitterでの発言を「現場の声」的に報じた例があるが、結果から見れば、「断片的な情報がたくさん集まっても全体像は見えない」という感じだったようだ。

一方で、今回のG20などでのガーディアンのTwitter利用は、複数の記者を現場に送ってそれぞれの記者のTweetをそのまま「放送」するという形で、エイプリル・フールの記事にあったようなふざけた調子ではなく、「記者のメモ」が並んでいる、という感じになっている。こういうのをリアルタイムで読んでいると「スポーツの実況」のような感じがしてきてとても居心地が悪く感じられるのだが、後からログとしてまとめて読むとまた違う。

当初は例によってお祭りっぽくしていた抗議行動だったが――人が集まって音楽をかけたり太鼓を叩いたりして自分たちの存在を示すというもので、太鼓パレードの様子などは、背広姿のシティのビジネスマンも「やかましいのは困るけど」と言いつつ、リラックスして眺めていた(ガーディアンとロイターの映像や、Londonistなども参照)――、それが徐々に緊張したものになっていく様子が、「個人の目」から描写されている。記者がインタビュー取材した人のコメントもTwitterに流されているので、現場がどういうものだったのかはある程度は立体的につかめ、新聞記事では感じることのできない「時間の流れ」が非常に力強い。

というわけで、ガーディアンの「エイプリル・フールのジョーク」は、4分の1くらいは現実に即したものだったからこそ面白かったのだが、最近、英国メディアでは「バブル」と言いたくなるほどにTwitterが話題になっている。本当に、「わしゃネットやらんもんで知らんのだわ」というおっちゃんでも、Twitterという単語くらいは知っているのではないかという気がするほどに話題になっている。3月末には、「ある大学がTwitter学位」みたいなことが(ややセンセーショナルに)話題になったばかりだ(バーミンガム・シティ大学の社会メディアのMA過程では、Twitter, Facebook, Beboなどを使うことを教える、という記事。それで学費£4,400だって。1年の過程)。(なお、Beboというのはアイルランド島とブリテン島で若い世代がよく使っているSNSで、芸能人とかテレビドラマとかいった話題で3行以内の投稿できゃあきゃあやっている感じ。ただ、北アイルランドではまた違ったものになってることがクローズアップされるんだけど、それは別のお話。)

……とかいうことだけを書いておくのも「最近の若い者は」みたいで落ち着かないので、もうひとつ具体例。

英国では、首相官邸がTwitterの利用にとても積極的だ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G20, あとで記事を読むためのメモ。

BBC:



本題とは関係ないけど、スライドショーがここで止まってキャプチャされると、caption competitonやりたくなるなあ。真ん中の宴会部長みたいな表情の人がいなければ違って見えたに違いないけど、どうも気が散る。

ガーディアン:


……やっぱり、宴会部長が局地的に空気を作りすぎているのだと思う。しかもロシアとアメリカの間なんて特等席で、何なのこの人(もちろんベルルスコーニですが)。前列3人(特にブラウン)と空気違いすぎ。ちなみに後列左の若い人はタイの首相で、「キラーズの新作いいよね、あとさあ、オエイシスやメタリカも見事復活したし、それにガンズまで」という趣味の方だそうです。(カギカッコ内は超訳してます。)

【続きを読む】
posted by nofrills at 20:33 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

And So I Watch You From Afar出演のBBC Radioの番組

asiwyfa-150.jpg3月26日のBBC Foyle(北アイルランドの北の方の地域放送。デリーとか)のラジオの番組、Electric Mainlineに、And So I Watch You From Afarが出ていたという告知が!

今ならまだ放送後1週間経過するまでに数時間あるので聞けると思って聞いてみたら(下記の画像内のListen Nowをクリック)……ええと、ThursdayじゃなくてTuesdayって言ってるよ……orz どういうことよというか、こういうことねというか。orz



Listen Nowにポインタ合わせると、リンク先のURLにThuってあるでしょ。でも中身はTue。たぶんすごい初歩的なミスで、そして私は聞けないのかと。orz

でも、この機会に番組サイトを見てみたら、ほぼ1年前(2008年4月3日)のセッション&インタビューがありました。

【続きを読む】
posted by nofrills at 20:00 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月1日、新作リリース! 矢継ぎ早っっ! しかもすごいメンツだっっっ……て?

さて、今年も無事に過ぎ去ったスパゲッティ収穫の最盛期ですが、この地球という星に生まれたボクたちには時差というものがあって、←この記事で言及した「サーシャ・バロン・コーエンがBonoとChris Martinというスターを迎えて、映画宣伝用のチャリティ・シングル!」の件、なんかjay-zも絡んでて、Timberlandプロデュースで、あのアーティストの新作らしいんですよね……どうやら。

とにかくすごいメンツです。詳しくはこちらで! といっても、期間限定な気もするので……。

※以下、盛大にネタバレ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 08:00 | TrackBack(0) | -15BA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Last.fmでログインに問題があるという方、有料登録しようかどうか迷っている方、ご参考までに。

freelast.png←画像クリックでLast.fm内のBring back the free last.fmグループに飛びます。議論の共通語は英語です。なお、当ブログ関連記事はタグ「last.fm」で一覧できます。

Last.fmでログインがおかしくなっているという方がおられるようなので、ちょっと見てみました。といってもウェブだけで。専用クライアントはアンインストールしてしまったので確認できません。

英語版が最もトラブルが少ないだろうから、英語版でやりました。日本語版で何か問題が生じている方は、まず、英語版に切り替えてください。(確実に英語版にするには次のURLでアクセスを。)
http://www.last.fm/?setlang=en

画面右隅の "Log in" をクリックすると、ログイン画面になります。ここで、ユーザーネームとパスワードを入れる欄の下に表示されている「サインアップ」の誘導の文面が、以前と変更になっていますね。さすがにこれはすぐに対応したみたいです。

【現在のログイン画面】


Sign up for FREEという前提でみれば、最後の1行は誇大広告のきらいが。「(UK/UD/DEを除外した上での)Radio機能の有料化」以前から、無料で登録したときに使えるpersonalised radioは、有料で登録して使えるそれらほどpersonalisedできなかったので。

【30日までのログイン画面】※日本の日付では31日かも。私が最後にログインしたときはこうだった。


シンプルです。このシンプルさを保てなくなったというのが Last.fm is dead! ということで。

閑話休題。今試してみたところ、ウェブでのログインは普通にできました。ただ、この数日にわたって断続的に不安定だった可能性はあるので(過去において、何か大きな変更があると2日か3日間は不安定になっていたので)、何かトラブルがあった方は、現在ログイン状態ならログアウトして、ブラウザのキャッシュとCookieを削除してやり直してみたら、うまくいくかもしれません。

【続きを読む】
タグ:last.fm 音楽
posted by nofrills at 02:30 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

「スイスでは今年もスパゲッティの収穫の最盛期を迎えています」

以下、見つけたものをメモ。昨年のはこちら

「おもしろそうだけど、英語の記事はなぁ……」という方は、「英語目」を養成してください!


■ガーディアン:
Twitter switch for Guardian, after 188 years of ink
Newspaper to be available only on messaging service
Experts say any story can be told in 140 characters

http://www.guardian.co.uk/media/2009/apr/01/guardian-twitter-media-technology

ここでお茶ふいた(文字を背景色と同じにしておきます):
At a time of unprecedented challenge for all print media, many publications have rushed to embrace social networking technologies. Most now offer Twitter feeds of major breaking news headlines, while the Daily Mail recently pioneered an iPhone application providing users with a one-click facility for reporting suspicious behaviour by migrants or gays. ...

A unique collaboration between The Guardian and Twitter will also see the launch of Gutter, an experimental service designed to filter noteworthy liberal opinion from the cacophony of Twitter updates. Gutter members will be able to use the service to comment on liberal blogs around the web via a new tool, specially developed with the blogging platform WordPress, entitled GutterPress.


ちなみに、ガーディアンはほんとにTwitterでレポートしています。(うは、ロンドンがすごい荒れてる……)

■BBC:
昨年はテリー・ジョーンズ、今年はスティーヴン・フライ!(OMG, このTシャツ@1:34)

http://www.youtube.com/watch?v=xVAEalO6u7s


書き足しています。更新終了です。

【続きを読む】
posted by nofrills at 09:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語耳、英語脳、英語口、英語舌、英語喉――そして時代は「英語目」。

英文を読んでいたら、red herringという表現にまた出くわした。苦心惨憺して読んだ英文で、自分が本気にしていたものがred herringだとわかったときの落胆は、余人にはわかるまい。このred herringというフレーズの語源はリンク先(英辞郎)にも出ているが、昔(いにしえ)の習慣が、人間の行動として現存するしないにかかわらず、慣用句として今も残っている例だ。人間の文化の奥深さを思い知らされる。

ちなみに、herringは「ニシン」のことで、「ヘリンボーン herring bone」という織物もあるくらいに欧米では身近な魚だ。ところで日本においては、「ニシン」は春告魚とも呼ばれるらしい。一方で「春告魚」は地域によってメバルだったりヤマメだったりもして、自然豊かなこの日本の多様性を尊びたい。

さて、近年、英語学習について、次々と新しい発見がなされている。いわく、人間の身体器官を鍛えることによって、英語力が劇的に向上するのだ、という。「だからそれは『英語』じゃなくって『米語』ですってば!」といちいち言いたくなるという、歪んだ形の英語コンプレックス
(もしくは俗に「英国脳」)の持ち主であるどこかのだれかにとっては、まさに朗報といえよう。

どういったものが発見されているか。例えば英語耳。それから、英語脳英語口英語舌、また英語喉

「習うより慣れろ」――五感を駆使しまくったこれらの鍛錬の方法は、古来自然を愛し四季を愛してきた日本人には最適と言わざるを得ないと筆者は考える。なぜなら、これらの新たなメソッドについては書籍出版も立て続けで、そのあまりの盛んさゆえに、紙として消費される樹木の量や輸送トラックによる排出ガスなどの量が、地球温暖化の観点から問題視されるほどだという専門家の指摘もあるほどだ。

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)
松澤 喜好

単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 理論編+実践編Lv.1 海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点―新TOEICテスト対応 単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 実践編Lv.2 英単語・熟語ダイアローグ1800―対話文で覚える TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】

by G-Tools


英語脳 ネイティブ脳になる奇跡の音読レッスン 初級編英語脳 ネイティブ脳になる奇跡の音読レッスン 初級編
市橋 敬三

英語脳 ネイティブ脳になる奇跡の音読レッスン 中級編 英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈1〉 英語口 英文法ができると英会話ができる 初級編〈2〉 英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編1 英語口 英文法ができると英会話ができる 中級編2

by G-Tools


英語喉 50のメソッド(CD付)英語喉 50のメソッド(CD付)
上川 一秋/ジーナ・ジョージ

英語は三拍子だ―ネイティブのリズム・イントネーションを身につける スピーキング徹底練習 英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた! (CD book) 教育再生の迷走 新TOEICテスト スーパー英単語―5人のエキスパートが選んだ3000語 大人の英語発音講座 (生活人新書)

by G-Tools



【続きを読む】
posted by nofrills at 07:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む