kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年03月10日

警官銃撃事件、Continuity IRAが犯行声明。

月曜日夜に発生したクレイガヴォンの警官射殺事件で、Continuity IRA (CIRA) が犯行声明を出したとのことです。CIRAは、いわゆる「IRA」とは別の組織です(分派です)。
The Continuity IRA has claimed responsibility for the murder of PSNI Constable Stephen Carroll.

In a coded message, the dissident republican group said the shooting in Craigavon was carried out by its north Armagh battalion.

It said: 'As long as there is British involvement in Ireland, these attacks will continue.'

【大意】
警官殺害事件を実行したのは自分たちであると、Continuity IRAが主張した。暗号を使用したメッセージにおいて、CIRAは、クレイガヴォンでの銃撃は、CIRAのノース・アーマー大隊が行なった、と述べた。「アイルランドに英国が関与する限り、このような攻撃は続行される」とCIRAは言った。

http://www.rte.ie/news/2009/0310/craigavon.html


CIRAについては私もほとんど何も知りません。知ることのできる情報が非常に限られている(というか、具体的なことはほとんど語られてこなかった)ので。できればあとでまた詳細を書きたいとは思いますが(今回の犯行声明で何らかの報道はあると思われるので)、とりあえずは過去記事で、CIRAとは何か、について(2008年8月5日)と、いろいろな「IRA」〜IRBからReal IRAまでの概略(2006年11月6日)をご参照ください。(これらのエントリと、エントリのリンク先を読まずにご質問いただいても返事はいたしかねます。)あと、当ブログ内を「CIRA」で検索した結果もご参照ください。

各メディア報道。キャプチャ画像内の見出しをクリックすれば記事に飛びます。

RTE(UKのメディアではないのですが、この件ではUKのメディアだと個人的に微妙な感じがするので、コンファームされている話なのかどうかの確認のために参照しました。アイルランド共和国の国営です):


BBC:


【続きを読む】


posted by nofrills at 21:59 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北アイルランド、非主流派による事件を報じる英全国紙

AFP BBに、クレイガヴォンの警官射殺事件についての記事があり、記事の内容自体は古いのだけど(警官が搬送先の病院で亡くなったことが発表される前に書かれている)、その付属写真がアントリムの軍基地襲撃事件を報じる英国の全国紙を並べたものだったのでリンク。写真クレジットがLeon Nealさん。この人の、芸術性の高い報道写真はFlickrでも見られます。(私はときどき見ています。)



上のリンク、ぜひクリックして、大きめの写真で見ていただきたいと思います。(AFP BBのアカウントがあればフルスクリーンでも見られるけれど、そこまでしなくてもいいのかもしれない。)

写真に撮影されている新聞は、ロンドンで入手可能な6紙。

一番右(文字通り)はDaily Hate MailまたはDaily HeilまたはComicで、記事見出しは "Return of the IRA Assassins" (IRAの暗殺者が戻ってきた)……っていうか、Real IRAはIRAではありませんと何度言えば、という。しかも写真はその派手な見出しとはまったく関係のない芸能ネタ(フルスクリーンで見ると誰のネタなのかわかるよ。ほんとにどうでもいい)。もうほんとにclassicなComic, 笑うことしかできません。

【続きを読む】
posted by nofrills at 15:56 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜日の夜の北アイルランドは荒れたらしい。(警官射殺、カーチェイス、爆発物)

月曜日の夜は、北アイルランドのいくつもの地点でいろいろあったそうです。その意味は、と考えると非常に重苦しい気分になるのですが、それを言語化することはしないでおきます。まったく、せっかくAnd So I Watch You From Afarのアルバムが出たばかりだというのに、こんな記事ばかり読んでいては、アルバムを聞き込むこともできやしない(「北アイルランド」を表に出しているバンドだけに、音がこういう出来事と自分の中でがっつり結びついてしまうことがこわい)。

まず、警官射殺についてのベルテレの記事にあってこれはいいと思ったので(こんな単純なことも自分では思いつかなくなっている……orz)、一帯の地図をGoogle mapから。地名などはこれを参照しながらどうぞ。


View Larger Map

警官が射殺されたクレイガヴォン (Craigavon) は、Lough Neagh(湖)の南側(下)、「M1」とある道路のもう少し南です。

その少し東に、ラーガン (Lurgan) という町があります。ここでもちょっとあったそうです。Slugger O'Tooleの記事のコメント欄(ちょっとこの重苦しさは読むのがつらい)で、「ラーガナイト」さん(ラーガン住民という意味)が非常に生々しい投稿をしているので、それもご参照ください。

というかこのSlugger O'Tooleの記事によると、初期報道では月曜の夜に警官が殺されたのはラーガンだという話だったようです。実際にはそのすぐ西のクレイガヴォンだったのですが、同時多発的にいろいろ起きていたらしく。

また、スラオさんによると、Lough Neaghの西方のクックスタウン (Cookstown) でも警官との対峙があったようです。

なお、土曜日に軍基地が襲われたのは、Lough Neaghのすぐ東北にあるアントリム (Antrim) です。

こんな具合の月曜日の夜の概況をまとめているのがガーディアン記事 (by Henry McDonald and Owen Bowcott):Ulster violence escalates as policeman is shot dead
http://www.guardian.co.uk/uk/2009/mar/10/police-officer-killed-northern-ireland

【続きを読む】
posted by nofrills at 15:38 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英軍基地襲撃事件、ベルファスト・テレグラフの記事一覧。

ベルファスト・テレグラフが、7日夜のアントリムの英軍基地襲撃事件についての記事の一覧をまとめているので、kwoutでキャプチャして貼り付けておきます。キャプチャしたのは10日午前(日本時間)で、警官射殺事件の第一報が出たあとです。



この事件についての記事は、9日のエントリに書いた通り、基本的にははてなブックマークの8日&9日分にクリップしてあります。(
9日のエントリはクリップした記事からさらにクリップしたもの)。
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/20090308
http://b.hatena.ne.jp/nofrills/20090309
posted by nofrills at 10:59 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北アイルランド、今度は警官射殺。(英メディア第一報直後の記事のリンク集)

率直に言って、この連続はないわ〜。土曜日夜の英軍基地襲撃(英兵2人死亡、2人負傷、民間人2人負傷)に続き、月曜日の夜遅く、今度は警官が射殺された。土曜日はアントリム、月曜日はクレイガヴォン。いずれもLough Neagh(湖)周辺、アントリムは湖の東北、クレイガヴォンは南で州としてはアーマーだ。

現時点(日本時間で10日の午前10時ごろ)ではまだ「第一報」プラスアルファの段階で、情報は錯綜している(タイムズの記事に錯綜具合が明らか)。ていうか、いくつか記事を見たけれど、月曜日の何時の出来事なのかを書いた記事がない。Sluggerは月曜日の午後10:42で第一報を出している(これは、日本時間では火曜日の朝8時前か)。

犯行声明は出ていないが、北アイルランドの政党・政治家の非難声明は出ている。声明が確認できたのは、ファーストミニスターのPeter Robinson(DUP所属)のほか、SDLPのDolores KellyとSinn FeinのAlex Maskey(以上2名はpolicing boardメンバー)、DUPのDavid SimpsonとAlianceのDavid Fordと……って私がいちいち見るより、Slugger O'Tooleを見たほうが早いということが、今スラオさんをロードしてわかった。

以下はとりあえず、各メディアの記事。Kwoutを使うので、画像内の見出しをクリックすれば記事が読めます。最新情報のアップデートが早く欲しい人は、Slugger O'Tooleへ。

【続きを読む】
posted by nofrills at 10:41 | TrackBack(0) | todays news from uk/northern ireland | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む