「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年02月27日

65daysofstaticがフェス出演をキャンセルした理由

4月にライヴアルバム&DVDの発売を控えているシェフィールドのバンド、65daysofstaticが、20日付で、ヘッドライナーとして出演を予定していたバーロウ・イン・ファーネス(イングランド北西部の海沿いの町)での「ファンデルワールス・フェスティバル II」(VAN DER WAALS II) への出演中止の告知文を、バンドのサイトとバンドのMySpaceのブログにアップした。

フェスは2月28日に行なわれるもので、直前になって出演キャンセルという事態になったことについて、バンドは何度か「お詫び」の言葉を書きながら、次のように説明している。(以下、MySpaceに投稿されたものを定本とする。)

出演を取りやめたのは、このフェスティバルが最近になって、世界第三位の兵器製造会社、BAEシステムズの後援を受けることにしたためです。出演を決定した時にはこの話はありませんでしたし、フェスのプロモーターは、残念ながら、この期に及んで状況を変えることはできないとのことです。BAEシステムズは兵器の会社です。人を殺すためのものを製造しています。こちらとしては、そのような会社との関係を持つことはできません。
http://www.baesystems.com/ProductsServices/index.html


……何と言うか、その、えっと、あのBAEシステムズが、音楽フェスのスポンサー? (@_@)

当該のフェスのサイト(といってもMySpaceだけど)にある2008年の写真を見る限り、商業的なフェスではなく、限りなく「手作り」感のあふれる、いわば学園祭のような印象を受けるイベントだ。絵画と音楽のコラボレーションという主旨であるらしく、美術大学の学園祭のような雰囲気。

そんなところにBAEシステムズが、ということにくらくらせざるをえない。BAEシステムズがスポンサーとして文化活動にカネを出している例は、戦史的な意味合いの大きな資料保存か何かの分野では聞いたことがあるが、このような音楽フェスで、しかも単に傾向として、タイムズやテレグラフを読んでそうな人たちというよりは、明確に「反戦」な立場の人たち――arms trade fairに反対、というような人たち――の間でより多く聞かれていそうなタイプの音楽で、というのは、「衝撃的」というだけでは言葉が足らない。

出演キャンセルの告知文で、バンドは続けて、次のように書いている。
【続きを読む】
posted by nofrills at 07:00 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む