「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2009年02月23日

ホーム・オフィスからの(めでたくない)お知らせ

ホーム・オフィスからのお知らせがめでたいはずがないのでタイトルはトートロジーになりかけているんですが、ともあれ。

さっきHMGOV(英国政府)のTwitterで何か来たんです。
http://twitter.com/HMGOV/status/1237126118
#Border&Immigration: Migrant workers face tougher test to work in the United Kingdom


これのリンク先が下記。(太字は私による。)
Migrant workers face tougher test to work in the United Kingdom
22 February 2009
http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/sitecontent/newsarticles/migrantworkerstoughertest

要点は:
Jacqui Smith announced three significant changes to support British workers and to be more selective about the migrants coming to the United Kingdom from outside the EEA. From 1 April the Government will:

* strengthen the resident labour market test for tier 2 skilled jobs so that employers must advertise jobs to resident workers through JobCentre Plus before they can bring in a worker from outside Europe;

* use each shortage occupation list to trigger skills reviews that focus on up-skilling resident workers for these occupations, which will make the United Kingdom less dependent on migration for the future; and

* tighten new criteria against which highly skilled migrants seeking entry to the United Kingdom are judged, by raising the qualifications and salary required for tier 1 of the PBS to a Master's degree and a minimum salary of £20,000.

PBS = points-based system


【続きを読む】


posted by nofrills at 00:18 | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む