kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月29日

今回の爆発物の特異性について、爆発物専門家のコメント

※以下、29日にseesaaが落ちていたときに、はてなダイアリーに書いたものの転記@30日夜。(本来はこっち(seesaa)で書きたかったものを一時的にはてダにメモっておいたもの。)なお、転記時に追記、文章整理などをおこなった箇所もある。
※このブログでのこの記事の「投稿時間」は、ほんとは30日午後9時ごろ(RSSフィードはそのタイミングで飛んでいます)。閲覧性を考慮し、「投稿時間」を29日夜とした。


Gas canister bomb 'an amateur job'
James Sturcke
Friday June 29, 2007
http://www.guardian.co.uk/terrorism/story/0,,2114970,00.html

その筋の専門家が、今回のロンドンの自動車爆弾に積まれていた爆発物について説明している。これを読む限り、どうやら肥料爆弾ではなかったということで確定でOKのようだ。となると、ガーディアン記事の見出しのとおり「アマチュアの仕事」なのかもしれない。肥料爆弾は、材料はわりと簡単に手に入っても、作るのは大変で、さらに安定性に欠けるから扱いが難しい、というのはIRA関連の小説とかで描かれたりしている。(例えばIRAの分派について「肥料爆弾125キロ」(2006年4月)というニュースもあるが、そういう爆発物を扱っている彼らは「アマチュア」ではなく「プロ」であるという位置づけが可能。)

記事に出てくる専門家は、Sidney Alfordさん。この人はAlford Technologiesという爆発物の会社の創業者で、今回発見されたようなガスボンベ(ガス・シリンダー)は、経験を積んだテロリストならば、派手な炎の迫力ある映像を撮影させたい場合でもなければ使わない、と述べている。一方で、プロパンガスは入手しやすくすぐに使えて、強力な爆発物を入手できない人なら検討するかもしれない。「爆弾を作ろうという場合に入手できる爆発物の量があまりなければ、付加的に、プロパンガスのボンベを入手するのは簡単だ。テレビ映りのよい派手な炎が上がる。今回の事件は、本物には手が出せない熱心なアマチュアのやったものだろう。彼らには自分たちがやっていることの限界がわかっていない」

【続きを読む】


posted by nofrills at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドンのど真ん中で自動車爆弾

※以下、29日にseesaaが落ちていたときに、はてなダイアリーに書いたものの転記@30日夜。(本来はこっち(seesaa)で書きたかったものを一時的にはてダにメモっておいたもの。)なお、転記時に追記、文章整理などをおこなった箇所もある。
※このブログでのこの記事の「投稿時間」は、ほんとは30日午後9時ごろ(RSSフィードはそのタイミングで飛んでいます)。閲覧性を考慮し、「投稿時間」を29日夜とした。


ロンドンのど真ん中、The Haymarketに自動車爆弾(爆発物を積載した自動車)、処理班が出動してcontrolled explosion・・・という、IRAが暴れてた90年ごろを思い出させる文言がニュースにあふれている。

Car bomb found in central London
Last Updated: Friday, 29 June 2007, 11:13 GMT 12:13 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/6252276.stm

Terror threat returns to capital
Press Association
Friday June 29, 2007 9:53 AM
http://www.guardian.co.uk/uklatest/story/0,,-6745436,00.html

爆弾が見つかったのは深夜2時ごろで、場所はTiger Tigerというクラブのそば(午前3時まで営業している)。下記ページに地図があるが、ピカディリー・サーカス駅のすぐ南側、トロカデロの向かいだ。
http://www.tigertiger-london.co.uk/findus/

ピカディリー・サーカスの駅は一時的に閉鎖されていたようだが現在(転記時注:29日午後、日本時間)は開いている。ただしThe Haymarket(<わかりづらいけれど通りの名称)はもちろん、周辺の道路は封鎖。バスは迂回しており、封鎖地域の外側は大渋滞。(うーむ、個人的に、馴染み深い状況だ。今は91年ですか、92年ですか、って感じ。)

【続きを読む】
posted by nofrills at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ブレア最後の日・ブラウン最初の日」の笑止千万 according to Boris Johnson(付:汚職疑惑)

ブラウン内閣の顔ぶれを見て、まあ実際、留任したのはたった1人(デズ・ブラウン国防相)なのだが、専門家ではなく野次馬に過ぎない私でも知ってる名前ばっかり(全部ではないがほとんど、という意味で)、つまり、ブレア政権ですでにそれなりにニュースに名前が出てきていた人ばっかりであるという事実に、「ゴードンは首相になってすぐのダウニング・ストリートでの演説でnewとかchangeとか言っていたのになぁ、これはnewなのかなぁ」という気分なのであるが、んなことより、おそらく先週にブレアがcash for honourで3度目の事情聴取を警察から受けていた、というのがね、まったく、最後の最後までトニー・ブレアとその側近は、って感じ。ほんとに「政府への信頼を構築する」(<ゴードン・ブラウンのNo 10でのスピーチより)って方向でまともに(労働党の自画自賛の情報操作なしで)やってくのは大変だろう。あるいは前がひどすぎたからちょっとマジメにやれば、ってことなのかな(皮肉)。

Blair questioned again over cash for honours
James Sturcke and David Hencke
Thursday June 28, 2007
http://politics.guardian.co.uk/tonyblair/story/0,,2113932,00.html
As recently as Monday the former prime minister's official spokesman, Tom Kelly, insisted that Mr Blair had not been questioned again. When Mr Blair was previously interviewed - the first time a serving prime minister had been part of a police investigation - Mr Kelly was deliberately kept out of the loop until after the event.

...

Asked about why Number 10 had kept secret that Mr Blair had been questioned for a third time, Downing Street's new press spokesman said: "I am not the spokesman for the previous prime minister, and I have no comment to make."

Mr Blair's own spokesman, Matthew Doyle, declined to comment.

【続きを読む】
posted by nofrills at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。