kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月24日

移籍理由@ガナ公式―― I will always have Arsenal in my bloodと言い残しTH14は去る

http://nofrills.seesaa.net/article/45775236.html?1463634171

移籍理由@ガナ公式 via kwout
[コード消去・代替画面挿入/2016年5月]



BBC:
Arsenal announce Henry departure
Last Updated: Saturday, 23 June 2007, 09:41 GMT 10:41 UK
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/europe/6231950.stm

以下、ティエリ・アンリのアーセナル退団インタビューをアーセナル公式から抄訳します。とりあえず自分の気持ちを整理するために個人的にはこういう作業が一番いいのでやってみました。もっとほんとにファンの人がやった日本語化の文書があるので、ほんとはそれを読んでいただきたい。(←Arsenal Eat Worldさんで日本語化文書がアップされているのを追記のうえ、この部分を編集)

アンリは今回、アーセナルを退団することでイングランド・プレミアからもいなくなるわけですが、このインタビューでは、イングランドの「チームをサポートする」という「文化」について「フランスとはまるで違うので衝撃を受けた」というようなことも語っています。(映画『ひかりのまち』でしたっけ、息子がクリスタル・パレスのサポで、お父さんが「どーせならもーちょっと強いところをサポすりゃいいのに」と言って、息子がむっとする場面がありましたね。)

Henry - It was the most difficult decision of my life
http://www.arsenal.com/article.asp?thisNav=News&article=473557...
※あんまり逐語訳ではないです。

インタビュアー:
アーセナルから移籍する理由について、サポーターに説明をお願いします。

ティエリ・アンリ:
これまでにも言ってきたことですけど、デイン副会長が辞任する前は、副会長の辞任の理由は何であれ、僕は監督のところに行って「チームを離れたくない」と言ったんです。移籍するんじゃないかという噂がいろいろあって、だから監督に、自分には移籍の意思はないとはっきり伝えておいた。でもデイン副会長が辞任してしまい、チームも監督も不安定になって。監督もこのクラブに対する気持ちが萎えていて。監督は、契約が残っているから完了するとは言っていたけれど、でも次の(07/08)シーズンの最後まで監督がいるのかいないのか、どうにもはっきりしない状況で。残ってくれるとは思うけど、自分としてはそれははっきりと、監督は残るということでないと、ということで。僕ももう30です。監督が不安定で、副会長は辞めてしまうし、そんなこんなで僕自身も不安定になって。それからですね、移籍を考えるようになったのは。

今日こうやってエミレーツ・スタジアムに来てこの話をするのはつらいことで、でもファンのみなさんに、ここで、理由を説明したいと思った。僕は、クラブがこの先どういう方向に行くかをはっきり知っておきたかったし、大丈夫だと安心もしたかった。でもそうはならず、だから僕は自分で移籍という道を選んだんです。


【続きを読む】


タグ:Football
posted by nofrills at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。