kafranbel-aug2011.jpgシリア緊急募金、およびそのための情報源
UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
WFP (国連・世界食糧計画)
MSF (国境なき医師団)
認定NPO法人 難民支援協会

……ほか、sskjzさん作成の「まとめ」も参照

お読みください:
「なぜ、イスラム教徒は、イスラム過激派のテロを非難しないのか」という問いは、なぜ「差別」なのか。(2014年12月)

「陰謀論」と、「陰謀」について。そして人が死傷させられていることへのシニシズムについて。(2014年11月)

◆知らない人に気軽に話しかけることのできる場で、知らない人から話しかけられたときに応答することをやめました。また、知らない人から話しかけられているかもしれない場所をチェックすることもやめました。あなたの主張は、私を巻き込まずに、あなたがやってください。

【お知らせ】本ブログは、はてなブックマークの「ブ コメ一覧」とやらについては、こういう経緯で非表示にしています。(こういうエントリをアップしてあってもなお「ブ コメ非表示」についてうるさいので、ちょい目立つようにしておきますが、当方のことは「揉め事」に巻き込まないでください。また、言うまでもないことですが、当方がブ コメ一覧を非表示に設定することは、あなたの言論の自由をおかすものではありません。)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


2007年06月23日

【メモ】CIAの秘密文書の件

CIA to reveal decades of misdeeds
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/6229750.stm

CIA reveals decades of plots, kidnaps and wiretaps
http://www.guardian.co.uk/usa/story/0,,2109513,00.html
The records were compiled in 1973 at the behest of the then CIA director, James Schlesinger, and collected in a 693-page dossier known as the "family jewels". Although some of its contents have been leaked, the CIA has refused until now to put the full dossier in the public domain.


現物はPDFで National Security Archiveの下記のページに。(ページ末尾にDocuments 1-4として個別リンクされています。)

The CIA's Family Jewels - Agency Violated Charter for 25 Years, Wiretapped Journalists and Dissidents
http://www.gwu.edu/~nsarchiv/NSAEBB/NSAEBB222/index.htm

今回発掘され公開された資料の中身は、上記ページの最後の方にあるように:
1. Confinement of a Russian defector that "might be regarded as a violation of the kidnapping laws."
2. Wiretapping of two syndicated columnists, Robert Allen and Paul Scott.
3. Physical surveillance of muckraker Jack Anderson and his associates, including current Fox News anchor Brit Hume.
4. Physical surveillance of then Washington Post reporter Michael Getler.
5. Break-in at the home of a former CIA employee.
6. Break-in at the office of a former defector.
7. Warrantless entry into the apartment of a former CIA employee.
8. Mail opening from 1953 to 1973 of letters to and from the Soviet Union.
9. Mail opening from 1969 to 1972 of letters to and from China.
10. Behavior modification experiments on "unwitting" U.S. citizens.
11. Assassination plots against Castro, Lumumba, and Trujillo (on the latter, "no active part" but a "faint connection" to the killers).
12. Surveillance of dissident groups between 1967 and 1971.
13. Surveillance of a particular Latin American female and U.S. citizens in Detroit.
14. Surveillance of a CIA critic and former officer, Victor Marchetti.
15. Amassing of files on 9,900-plus Americans related to the antiwar movement.
16. Polygraph experiments with the San Mateo, California, sheriff.
17. Fake CIA identification documents that might violate state laws.
18. Testing of electronic equipment on US telephone circuits.

まるでYear Zeroですな、はっはっは。

というわけで米国内のものがほとんどで、トルーマン・ドクトリン下での共産圏や中東での活動や、チリのアジェンデ政権@1973年関連をはじめ、国外でのあんなことやこんなことは出ていない(カストロらに対する暗殺計画は出ているけど)。アジェンデのは時期的にも入っているかどうか微妙。

PDFが画面では読みづらいので(タイプライターの打ち出し)、プリントアウトして、これから読みます。

693ページもあるという資料全体は、来週、NSAのサイトにアップされる予定だそうです。眼精疲労との闘いですな。。。


タグ:CIA 米国
posted by nofrills at 17:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴードン・ブラウン次期首相インタビュー@BBC


・・・という具合にAFPさんで報じられているゴードン・ブラウンのインタビュー@6月22日、BBCで見るなら:
Brown interview: key quotes
Last Updated: Friday, 22 June 2007, 16:01 GMT 17:01 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/6230742.stm

といってもこのBBC記事では内政のあれこれ(税制のこと、NHSのこと、LibDemに入閣を要請した件など)が中心になっていて、イラクについては下記のとおり、ほんの少ししか掲載されていない。
Mr Brown said mistakes had been made with pre-war intelligence on Iraq and "by all of us in the reconstruction process" after the fall of Saddam Hussein.

"We have apologised, and I repeat that, for the mistakes that were made in intelligence."

But he stood by the decision to go to war, saying Saddam had broken every international resolution against him for 12 years adding: "That was an unacceptable solution and it had to be dealt with."

He added: "It is a good thing he is out, it is a good thing Iraq is a democracy, it is a good thing people are able to vote."

また、このインタビューについてのBBCのメインの記事も、イラクについてはわずか1パラグラフしか書いていない。

Brown pledge to cut state control
Last Updated: Friday, 22 June 2007, 16:08 GMT 17:08 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/6229596.stm
He stood by the decision to go to war in Iraq, saying Saddam Hussein had repeatedly ignored international resolutions, but said mistakes had been made with pre-war intelligence on Iraq and "by all of us in the reconstruction process".


インタビューが行なわれたのはNewsnightで、番組のサイトからいろいろ情報が得られる。インタビューそのもののストリーム放送もある。(音が悪いので聞き取りがちょっと難しい。)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/newsnight/default.stm
http://www.bbc.co.uk/blogs/newsnight/2007/06/friday_22_june_2007.html
http://www.bbc.co.uk/blogs/theeditors/2007/06/new_politics.html
【続きを読む】
posted by nofrills at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いおうじま」が「いおうとう」になった件について

硫黄島「いおうじま」から「いおうとう」に 国土地理院
2007年06月18日19時46分
http://www.asahi.com/national/update/0618/TKY200706180294.html
第2次世界大戦の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)の呼称を「いおうじま」から「いおうとう」へ変えると国土地理院が18日、発表した。戦後も帰島かなわぬ旧島民の心情に配慮し、村が変更を要望していた。市販地図や教科書の基になる2万5000分の1地形図の図名が9月から改まる。

この件について、英語での報道(主に米国でのもの)について少し見てみたときのメモは、「はてなダイアリー」のほうに書いてあります。産経新聞での煽り系の超訳についても(産経新聞では、"the name Iwo Jima will be forever engraved in U.S. military history" というのを、「イオウジマの名は米国の軍事史に燦然と輝く」という日本語で紹介している)。
http://d.hatena.ne.jp/nofrills/20070622/p1

こっちに転記するつもりだったんだけど、暑いから(?)やめ。

※コメントとトラバがあっちもこっちもになると管理しきれなくなってしまうため、このページのコメントとトラバはoffにします。はてなダイアリーのほうはどっちもオープン。(あっちではスパム対策のためにコメントははてなのIDがないと投稿できないようにしてあるのですが、何卒ご了承ください。)
posted by nofrills at 13:09 | 雑多に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうやら今回は移籍で確定のようだ。

昨日だったかな、「ティエリ・アンリというひとりのプレイヤーの能力は、アーセナルというチームの能力を完全に超えてしまっているから」というのもどっかでちらっと読んだのだが、昨年の騒動を決着させた「僕のハートはここにある」の涙目ものの宣言のときに更新した契約はあと3年残っているし、「出しませんよ」という発言もあったはずだし、アンリの代理人は移籍の話し合いに関する報道をしたフランスのメディアを訴えるとか言ってるのに、こりゃないよ〜。

http://nofrills.seesaa.net/article/45688528.html?1463633933

どうやら今回は移籍で確定のようだ。: tnfuk [today's news from uk ] via kwout
[コード消去・代替画面挿入/2016年5月]



インディペンデントガーディアンも、テレグラフも報じているし(ここ最近の事実関係は、テレグラフが最もよく整理されている)、べーべーせーまで報じているということはかなり固い話だということだと思う:
Barcelona close in on Henry deal
Last Updated: Friday, 22 June 2007, 17:57 GMT 18:57 UK
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/europe/6231950.stm
Sources close to the Catalan club have told the BBC they expect to make an official announcement about the 29-year-old within the next day or so.


さらにべーべーせー記事から:
This came after he said he was "devastated" when Arsenal vice-chairman David Dein left the club in April because of "irreconcilable differences" with the rest of the board.

やっぱこれなのかー。この件では、監督までもいろいろ大変だそうだし。(ただしガーディアンでは、Wenger will honour the remaining 12 months of his contract but he is likely to feel under strain with the burden that has been placed on his shoulders.

ついでなのでガーディアンから:
Central to the Henry transaction was Darren Dein, the son of Arsenal's departed vice-chairman David Dein and Henry's commercial lawyer, who was best man at the striker's wedding. Henry had repeatedly stated his frustration at the enforced exit of Dein Sr, which has left Wenger without his strongest strategic ally in the boardroom.


【続きを読む】
タグ:Football
posted by nofrills at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | todays news from uk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2003年に翻訳した文章】The Nuclear Love Affair 核との火遊び
2003年8月14日、John Pilger|ジョン・ピルジャー

私が初めて広島を訪れたのは,原爆投下の22年後のことだった。街はすっかり再建され,ガラス張りの建築物や環状道路が作られていたが,爪痕を見つけることは難しくはなかった。爆弾が炸裂した地点から1マイルも離れていない河原では,泥の中に掘っ立て小屋が建てられ,生気のない人の影がごみの山をあさっていた。現在,こんな日本の姿を想像できる人はほとんどいないだろう。

彼らは生き残った人々だった。ほとんどが病気で貧しく職もなく,社会から追放されていた。「原子病」の恐怖はとても大きかったので,人々は名前を変え,多くは住居を変えた。病人たちは混雑した国立病院で治療を受けた。米国人が作って経営する近代的な原爆病院が松の木に囲まれ市街地を見下ろす場所にあったが,そこではわずかな患者を「研究」目的で受け入れるだけだった。

……全文を読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。